クレジットカードの現金化には換金率の相場がある

24時間利用できるクレジットカードの現金化。
でも、業者もたくさんあって、換金率もそれぞれバラバラです。
少しでもお得に、と考えると、一番換金率が高い業者に申し込むのがいいように感じますよね。
でも、ちょっと待って下さい。
換金率には相場があり、相場よりも高すぎる換金率を打ち出している業者は逆に注意が必要なんです。
ここでは、クレジットカードの換金率の相場について調べてみました。

・換金率の相場

この場合の換金率とは、実際にクレジットカードで支払った金額のうち、手に入る現金の割合を示します。
この換金率は、利用する金額によって変化します。
大まかな相場は、次のようになっています。
1~10万円→75%~78%
10~20万円→78%~80%
20~50万円→80%~87%
50~100万円→87%~90%
50~100万円→90%~92%
プランやキャンペーンなどによって換金率は変化しますが、この換金率をひとつの目安にしてみて下さい。
また、この換金率の中に、手数料などを含んでいる業者と、含んでいない業者があります。手数料などが換金率に含まれない場合は、実際に現金化される金額が低くなってしまいまので、注意して下さい。
また、クレジットカードの現金化には、クレジットカードで買い物をしてその商品を業者に買い取ってもらう方式と、クレジットカードで買い物をした商品にキャッシュバックがついているという方式の2つがあります。
どちらの方式にするかでも、換金率が変わり、また、入金されるタイミングも変わってくるので、利用する前に確認しましょう。

・換金率で業者を見分ける!

換金率の相場を知ることには、二つの意味があります。
ひとつは、お得に利用できること。
もうひとつは、優良業者と悪徳業者を見分ける基準になることです。
利用金額に関わらず、一定の高い換金率を提示している業者は疑ったほうがいいと思います。
利用金額が10万円で90%の換金率で取引をしていたら、利益がほとんど発生しませんよね。
ボランティアでクレジットカードの現金化をしている業者がいるわけはありません。
異様に高い換金率を提示する業者には何かがある、と思って間違いはありません。
利用する業者を選ぶときには、換金率の相場の範囲内かどうか、も確認してみましょう。

このように、換金率の相場を知っておくことで、お得に利用でき、また、悪徳業者への対策にもなります。
クレジットカードの現金化を考えるならば、換金率の相場を意識して、賢く利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。