クレジットカード現金化で、返済の管理を簡単にしよう

クレジットカード現金化は、キャッシング枠を使い切った人が仕方なく手を出すようなイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、クレジットカード現金化は返済の管理に便利だからと、積極的に利用する場合もあります。それはどういった場合でしょうか?

・返済を一元化しよう

クレジットカードのキャッシングを利用した場合、毎月その返済をしなくてはいけません。それが一カ所であればいいのですが、複数から借り入れていてそれぞれ返済金額や引き落とし日などが異なる場合は、思わず忘れてしまい焦ることもあるでしょう。できればひとまとめにしたいけれど、そこまでキャッシング枠に余裕がないのでできないため、黙って返済を続けていることもあるでしょう。
そんな時に便利なのが、クレジットカード現金化による管理です。その方法もシンプルなので、煩わしい返済に悩みたくない人は積極的に利用しましょう。通常、キャッシング枠よりもショッピング枠の方が大きいため、なるべく大きい利用限度額のクレジットカードを選べば大丈夫でしょう。
やり方としては、まずすべてのキャッシング残高を計算します。この時、利息についても正確に計算できるように気を付けて、不明な場合は電話などで確認しましょう。その後、全額を返済できるだけのショッピング枠があるクレジットカードを選び、そのクレジットカードを返済に必要な分だけ現金化します。そして、そのお金でキャッシング残高を返済しましょう。
そうすると、後の返済は現金化したクレジットカードだけとなるので返済の管理が簡単になります。毎月何カ所にも返済するよりも、一社に対して返済するほうが簡単でしょう。また、毎月の返済金額も1カ所だけなので、返済金額も減らすことができるので生活も楽になるでしょう。さらに、ショッピングのリボルビング払いにした場合、多くはキャッシングのリボルビング払いよりも利率が低いことが多いため、利息についても節約できるようになります。

・個人情報は大丈夫?

クレジットカード現金化業者を利用する場合、個人情報の管理などを心配する人も多いのですが、実際には業者が確認するのは本人のカードかどうか、ということくらいであり、細かい個人情報については特に管理していません。そのため、クレジットカードの個人情報を管理しているのはあくまでもクレジットカード会社となります。そのため、クレジットカード現金化業者を個人情報管理に対する不安から敬遠せず、返済を簡単に管理できるように積極的に利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。