クレジットカードを現金化することによるリスクとは一体なに?

クレジットカードを現金化するということは、クレジットカードのキャッシングではなく、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するということです。当然ながら、クレジットカードの正しい使い方ではないので、様々なリスクもあります。

・現金化は違法?

まず、多くの人が気にする違法性についてですが、クレジットカードの現金化というのは違法ではないといわれています。ただし完全な違法ではないという判断なので、いわゆるグレーゾーンとなっています。また、クレジットカードの利用規約には、換金目的での利用を禁止することが明言されていることもあり、クレジットカードの現金化をしていることがクレジットカード会社に知られた場合は利用停止、もしくはカード契約の解除などの処分がされる可能性というリスクもあります。
クレジットカードの現金化をする場合、商品を購入して売却する、という手法が一般的です。しかし商品によっては換金率が低いため、例えば現金化を目的とした商品を10万円分購入しても5万円にしかならない場合がある、というリスクも生じます。これではもったいないので、なるべくなら換金率が高い商品を選びたいでしょう。
一般的に現金化を目的として購入されることが多い商品としては、新幹線チケット、ゲーム機、ブランドバッグ、貴金属などがあります。このうち新幹線チケットは換金率がおよそ90%と高いものの、よく現金化を目的として買われているためクレジットカード会社でもチェックされやすい商品であり、発覚しやすいというリスクがあります。
しかしそれ以外の換金率は一般的にゲーム機で70%前後、ブランドバックや貴金属は60%前後といわれているので、あまり効率的とは言えません。そのため、最近ではAmazonなどのギフトカードがよく使われていますが、こちらは現金化するのに時間がかかることがある、というリスクが存在しています。

・リスクを少なくして現金化したい

なるべく現金化するためのリスクを減らしたい場合は、クレジットカード現金化業者を利用したほうがいいでしょう。ただし、中には悪質な業者もいるため、どの業者を利用するかはよく考える必要があります。
現金化するためのリスクが少ない業者を選ぶためには、サイトの口コミをチェックしてみましょう。ただしグレーゾーンということもあって口コミが少ない場合もあるので、その場合はランキングを付けているサイトをチェックして、なるべく上位の業者を選ぶといいでしょう。
なるべくリスクを少なくして、クレジットカードを現金化しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。