資金調達方法として、キャッシングと現金化を比較するとどちらがいい?

資金調達の方法としてはいくつかありますが、急に資金が必要となった場合に即日で資金調達をしたいのであれば、キャッシングかクレジットカード現金化が思い浮かぶでしょう。しかし、この2つであればどちらがいいのでしょうか?キャッシングと現金化を、即日の資金調達方法として比較してみましょう。

キャッシングと現金化、どちらがいい?

まず、審査を受けることを考えると、キャッシングは審査が厳しいといえます。特に返済能力に疑問がある主婦や学生、無職の方などは審査に通らないでしょう。しかし、クレジットカードはキャッシング枠を付けなければ審査はほぼ素通りとなります。そのクレジットカードを利用した現金化は、身分証さえあれば誰でも利用できるため、審査そのものがありません。
金利などのコストで考えた場合、キャッシングは金利がおよそ年利で18%となります。そのためキャッシングで10万円の資金調達をした場合、1年で返済すると11万8千円をしはらうこととなります。それに対してクレジットカード現金化の場合、まず換金率があるので返済する額面よりも手元に来る金額が10%前後少なくなります。そのうえで支払いをリボルビング払いにすると、金利はおよそ15%となるので、同じく10万円を現金化して1年で支払った場合、最初に1万円が換金手数料として取られ、さらに15%の金利を支払うため、合計で12万5千円を支払うこととなります。資金調達として比較した場合、コスト面ではキャッシングの方が有利です。
それでは時間を比較した場合はどうでしょうか?キャッシングの場合、申込には審査などがあるので、およそ1時間はかかってしまいます。しかしクレジットカード現金化は審査がほとんどないので、最短で30分ほどで完了します。時間的に資金調達を比較した場合、クレジットカード現金化の方が有利でしょう。ただし、業者によってかかる時間が大きく異なるということには注意してください。

信用情報は重要

信用情報に関して考えた場合、キャッシングの場合は信用情報にその契約内容やキャッシングの額が記録されます。そうなると、他の資金調達をする場合には不利となることもあります。クレジットカード現金化の場合、あくまでショッピングとして扱われるため信用情報にも記載されません。そのため、クレジットカード現金化だけを利用した場合、信用情報では借入金なしとして扱われます。
このように、資金調達方法としてキャッシングと現金化を比較すると、それぞれに特徴があります。自分が資金調達において重視する点をよく考えて、両者を比較しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。