クレジットカード現金化に使えないカードはどんなものがある?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して現金化するため、ショッピング枠さえ使えればどんなカードでも使えると思っているかもしれません。しかし、実は現金化に使えないクレジットカードもあるのです。それではどういったカードが現金化に使えないのでしょうか?

現金化できないカードとは?

クレジットカードには決済業者がいて、その業者にはいくつかの種類があることはご存知だと思います。例えばVISAやJCB、マスターカードなどが有名ですよね。買い物で支払いにクレジットカードを出して、使えないといわれることがあるのですが、それを決めるのが加盟店かどうかです。例えばVISA加盟店ではVISAのクレジットカードが使えますし、JCBに加盟していればJCBのカードが使えます。多くの店は複数のクレジットカード会社の加盟店となっているので、大手のクレジットカード会社であれば使えないことはそれほどないでしょう。
それではカード現金化に使えないカードというのはどういうことかといえば、実はクレジットカード現金化業者が対応していないクレジットカードのこととなります。そのため、何のクレジットカードが現金化に使えないのかというのは業者によって異なります。
クレジットカードによる決済を行う場合、直接クレジットカード会社に加盟している場合と、加盟している決済代行会社と契約しているかのどちらかとなるのですが、クレジットカード現金化業者はまず直接加盟していることはなく、ほとんどが決済代行会社と契約しています。そのため、実際にクレジットカードの現金化に使えないカードかどうかは、決済代行会社によって決まるのです。

クレジットカード会社によって使えるかどうかが分かる

傾向としては、VISAやマスターカードのクレジットカードが使えないということはまずありません。しかしJCBやアメックスのクレジットカードは決済の手数料が高くなるので、現金化に使えない業者が増えてきます。
また、クレジットカードを発行している会社によっても使えないことがあります。例えば銀行が発行元となっているカードや、JCBが直接発行しているクレジットカードなどはその内容についてもチェックされることが多く、不審な買い物をしている場合には詳しく調べられることがあります。そのため、業者によってはトラブルを避けるため、現金化には使えないことがあります。アメックスなどはさらに厳しく、調査名目で利用停止にされることも多いのです。
クレジットカード現金化に使えないカードは業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。