資金調達を多様化させるために、クレジットカードを活用!

会社などを経営していると、事業資金調達というのは常に気を配らなければいけないポイントとなります。基本的に運転資金は事業の売り上げから出るべきではありますが、売掛金などで一時的に不足する可能性もあり、何らかの形で資金調達をする必要が生じることも考えられます。

資金調達方法は1つではない

実際に資金調達をするとき、その方法が例えばローン会社一択であれば、そのローン会社から貸付を渋られた場合や、ローン会社が近くから撤退した場合などはどうにもならなくなってしまいます。そうならないように、資金調達の方法は多様化しておくべきです。
それでは多様化するための方法ですが、例えば銀行から融資を受けるといった方法や、カードローン、キャッシングなどが思い浮かぶでしょう。しかし、銀行の融資には非常に時間がかかり、しかも事業計画書などが必要となるため、必要になった時はすぐに融資をしてくれるというわけではありません。カードローンやキャッシングの場合も、銀行融資ほどではありませんが審査が必要で、しかも法人として申し込むのであれば個人での申し込みよりも審査には時間がかかります。そのため、即座に用意するというのは難しいでしょう。
しかし、法人用クレジットカードのショッピング用であれば、審査も簡単ですぐに発行されます。これは裏技のようなものですが、クレジットカードがあればショッピング枠を現金化することで資金調達が可能となるので、多様化も簡単にできます。

クレジットカード現金化のメリットは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化して資金調達を多様化することには、いくつかの利点もあります。その一つには金利の安さがあります。クレジットカード現金化は、換金効率が90%以上という業者も多いため、例えば93%であれば実質の金利は7%くらいでしょう。これは一括で返済できる場合となりますが、通常のキャッシングと比較してもかなり安いため、金利に無駄なお金を払わなくてもよくなります。
また、法人名義のクレジットカードで利用できるのですが、現金化の際はいったん商品を購入したことにする場合が多いので、現金化した分も経費として計上できるのです。
何より、クレジットカード現金化というのは融資ではありません。そのため、返済が滞ったりしなければ、信用情報に記載されることもないので、他の方法で資金調達を多様化しようと思った場合も、その審査について不利となることはありません。
事業主が資金調達の方法を多様化しようと考えた場合は、その1つとしてクレジットカード現金化も考慮しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。