【クレジット現金化】避けるべき資金調達のタイミング

クレジットカード現金化は即日で資金調達ができるのが魅力のサービスですが、利用するタイミングを間違えてはいけません。
資金調達のタイミングを工夫し、ある程度自分でリスクを減らすことが大事なのです。
クレジットカード現金化で資金調達すべきではないタイミングを解説します。

避けるべき資金調達のタイミング①残りのショッピング利用枠が少ない

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠を使って資金調達をします。
ただ例えショッピング利用枠の上限が100万円のクレジットカードでも、通常のショッピングで利用していれば当然残りのショッピング利用は少なくなります。
場合によっては数万円、数千円しか資金調達できない場合もあるので、なるべくショッピング利用枠が多く残っているタイミングで資金調達をしましょう。
クレジットカード現金化のためにショッピング利用枠が大きいクレジットカードを発行したという方は、なおさらそのメリットを活かさなくてはいけません。

避けるべき資金調達のタイミング②クレジットカードを発行したばかり

クレジットカードを普段利用しない方が、クレジットカード現金化のためだけにクレジットカードを発行するという場合もあります。
その場合も、資金調達のタイミングには注意しましょう。
クレジットカードが発行できたとしても、手元に届いてすぐ現金化を利用するのはなるべく避けるべきです。
普段クレジットカードを利用しない方がいきなり高価な買い物をしてしまうと、クレジットカード会社にすぐ目を付けられてしまいます。
すぐにクレジットカードが利用停止になってしまうと、現金化は1回しか使えないサービスとなってしまい、非常に効率が悪いです。
クレジットカード現金化は短い期間で複数回利用すべきではありませんが、いざという時に使えるように、クレジットカードは利用できる状態にしておかなくてはいけません。

避けるべき資金調達のタイミング③返済する資金がない

初めてクレジットカード現金化を利用する方にありがちなのが、返済に充てる資金がないにも関わらず、クレジットカード現金化を利用するというケースです。
これはクレジットカード現金化を“融資”と勘違いしている方がしてしまいがちなミスですね。
クレジットカード現金化で資金調達をした後は、利用した分をすぐに返済しなくてはいけません。
資金調達までの期間が短いだけでなく、返済までの期間も短いのです。
“すぐに資金を調達したい!”と考える方の中には、返済資金のことを考えていない方が非常に多いです。
いくら急に資金が必要になっても、返済資金がないタイミングで利用してしまっては、所詮その場しのぎの方法に過ぎません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。