【クレジットカード】審査が緩いカードを比較する手法

クレジットカード現金化は、クレジットカードさえあればほとんどの方が利用できるサービスです。
ただまずはクレジットカードの審査に通過して、クレジットカードを発行しなくてはいけません。
今回は審査が緩いクレジットカードを比較する手法と、おすすめのクレジットカードを紹介します。

【クレジットカード】審査が緩いカードを比較する手法とは?

審査が緩いクレジットカードを比較する手法として、カードの“審査基準”を確認することが挙げられます。
クレジットカードには、カードによって“年収○○万円以上”、“勤続年数○年以上”といった審査の基準が設けられています。
この審査基準が少ないクレジットカード(○歳以上の方等)は、審査がとても緩いカードである可能性が高いです。
逆に前述の年収や勤続年数が記載されていたり、“パートやアルバイトは不可”と記載されていたりするクレジットカードは、審査が厳しいケースが多いです。
審査が緩いクレジットカードの比較手法を分かっていただいたところで、次は審査が緩く発行しやすいと評判のカードを紹介します。

【クレジットカード】審査が緩いおすすめのカード①楽天カード

 

楽天カードは年会費無料で、主婦や学生でも簡単に発行できるクレジットカードとして有名です。
楽天カードを発行できるのは、満18歳以上(高校生不可)の方です。
18歳以上であれば主婦、アルバイト、パート、大学生でもOKです。
審査完了までのスピードも早く、すぐにカードが手元に届くところも魅力です。
楽天ポイントはいつでも4倍貯まるので、クレジットカード現金化で大量のポイントをゲットして、違う商品との交換もしやすいです。
海外旅行傷害保険など、年会費無料とは思えない付帯サービスもあります。

【クレジットカード】審査が緩いおすすめのカード②セディナカード Jiyu!da!

 

セディナカード Jiyu!da!は、名前の通りとても自由な使い方ができるクレジットカードです。
利用額の支払い方法や支払う金額を設定できるので、自分に合った使い方ができます。
余裕がないときは月に支払う金額を少なめに設定し、多く支払えそうな月は金額を多めにすることが可能です。
セディナカード Jiyu!da!は、高校生を除く18歳以上の方で、電話連絡が可能な方であれば申し込みができます。
これ以外に特に審査基準はありません。
またセディナカードJiyu!da!は、セブンイレブンやイオン、ダイエーでのポイント還元率が1.5%と非常に高いです。
そして年会費無料のクレジットカードにも関わらず、国内旅行傷害保険が付帯しています。
これだけ自由度が高く審査が緩いにも関わらず、その他のサービスが充実しているクレジットカードはなかなかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。