換金するクレカを選ぶときは、ポイントにも注目しよう

いざというときに頼りになるクレジットカード現金化ですが、換金するとしても複数のクレカを持っているのが今は当たり前です。
その中でどのクレカを利用するか選ぶときには、そのカードのポイントにも注目しましょう。
なぜ、換金するクレカを選ぶときにはポイントに注目するべきなのでしょうか?

換金の際は、クレカによってポイントが付与される

クレジットカード現金化というのは、換金するクレカのショッピング枠を利用して現金を手にすることができる方法です。
その際、クレジットカード会社には買い物をしたものとして扱われるため、ポイントやマイルなどのサービスがあるクレカの場合は、通常の買い物と同様にポイントが付与されることになります。
通常、クレカのポイントは100円から300円ごとに1ポイントが付与されることとなるのですが、キャンペーンなどによってはその数倍のポイントが付与されることとなるでしょう。
このポイントは、換金するクレカの会社によって異なりますが、買い物に利用することができる場合が多いため、実質的に現金と同じように扱うことができます。
つまり、換金する際の還元率を高くできるのとおなじことになります。
そう思うと、ポイントを無視するというのは非常にもったいないことだと思いませんか?

換金するのにおすすめのクレカは?

それでは、実際に換金する場合におすすめとなるクレカはどのようなものでしょうか?
まず、楽天市場が発行する楽天カードであれば、使用した金額が税抜100円につき1歩イント付与されます。
キャンペーンも豊富で、あらかじめ申し込んでおけば様々な条件に応じてポイントが付与される場合もあります。
楽天のポイントは楽天市場で使えるのはもちろんですが、それ以外にも加盟テインなどで支払いに利用することもできます。
Tポイントが付くTカードも、換金するクレカにはお勧めです。
Tカードは、200円につき1ポイントが付与されるのですがTポイントの使い道は幅広く、ツタヤだけではなくコンビニやガソリンスタンド、銀行などとも提携しています。
それ以外にも、JALやANAなどのクレジットカードはマイルが貯まるので、旅行によく行く人にとってはうれしいおまけとなるでしょう。
換金する時に、クレカをよく選ばなければこういったポイントを無駄にしてしまうこともあるので、よく考えて選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化をするときには、換金するクレカをよく選ぶことで付与されるポイントの分得をすることができます。
ポイントは、使い道が限定されるものの現金と同じように使えるため、実質的に換金率を上げることにもつながります。
換金の際は、自分にとって使い道の多いポイントが付くクレカを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。