クレジットカード現金化の換金で得するポイントサービス

クレジットカード現金化を利用する場合、どうしても換金率は100%となることはありません。
しかし、換金率のギャップを埋めることができて得する方法として、ポイントサービスがあります。
クレジットカードにある、様々なポイントサービスについて考えてみましょう。

なぜ、換金の際はポイントで得するのか

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする方法です。
この時、クレジットカード会社にはその金額の買い物をしたとして情報が登録されます。
そうなると、ポイントサービスがある会社では通常の買い物と同じように、利用金額に応じてポイントが付与されることになります。
このポイントサービスはクレジットカードによって異なり、100円ごとに1ポイント付与される場合もあれば、200円ごとに1ポイント付与される場合もあります。
また、中には通常のポイントとは違った形で付与されるものもあるので、換金で得するカードを選びたい場合は自分の持っているカードの中から最適なものを選ぶようにしましょう。

どんなカードが換金で得するのか?

それでは具体的に、どのカードが換金すると得するのかを紹介していきます。
通常、ポイントというのは1ポイントが1円相当であり、100円から300円の利用ごとに1ポイント付与されます。
場合によってはポイントが割り増しとなることもありますが、基本的には最大1%と思っておいたほうがいいでしょう。
また、そのポイントがどこで利用できるかという問題もあります。
ポイントは現金ではないので、使い道は限られています。
そのため、よく買い物をする場所で使えるポイントのほうが無駄にならないでしょう。
実際に換金で得するポイントサービスとしては、まず楽天カードのポイントがあります。
楽天カードのポイントは100円につき1ポイント付与され、楽天市場の買い物以外にも加盟店などで利用することができます。
また、Tポイントが付与されるクレジットカードの場合、一部の店舗を除いて200円で1ポイントが付与されるのですが、そのポイントはツタヤだけでなくファミリーマートなどでも使えるので、ポイントの利用がしやすいカードといえます。
少し変わっているのが、JALやANAなどのマイルカードです。
マイルカードは200円ごとに1マイルが貯まるのですが、商品券などに交換する場合は1マイルが1.5円相当になります。
また、飛行機に乗る際にマイルで支払うと、その区間によっては最大で1マイルあたり2円を超えることもあります。
使い方によって大きく価値が変わるポイントサービスです。
他にも、換金するクレジットカードによって様々なポイントサービスがあるので、自分が得するようなポイントサービスのカードを選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の際は、どうしても換金率が100%にはならないので、その分ポイントサービスで得するようなカードを選んだほうがいいでしょう。
ポイントサービスは各社異なっていて、中には使い方によって価値が変わるようなポイントサービスもあるため、自分が使いやすいポイントサービスを提供しているクレジットカード会社を選んで換金して、得する方法を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。