クレジットカード現金化を簡単に行うためには?

クレジットカードにはキャッシング機能がありますが、なんらかの理由でキャッシングが利用できない時や、キャッシング枠がないクレジットカードを持っている場合もあるでしょう。
そんな時に便利なのがクレジットカード現金化ですが、簡単に利用するにはどうしたらいいのでしょうか・

クレジットカード現金化は簡単?

クレジットカード現金化というのは、簡単にできる者なのでしょうか?
通常、キャッシングを利用する場合はATMなどでお金を引き出すのと同様にできます。
しかし、クレジットカード現金化を行う場合は、まずクレジットカードで商品を買い、その商品を買い取ってもらえるお店に行き、商品を売るという手順が必要となります。
しかも、お店によって買取額が異なる商品もあるので、場合によってはより高く売るためにいくつものお店を回ることになるでしょう。
これでは簡単にできるとは言い難いのですが、そのクレジットカード現金化を簡単に行う方法があります。
それは、クレジットカード現金化業者を利用することです。

クレジットカード現金化業者は簡単?

クレジットカード現金化業者を利用した場合、簡単に現金化ができるのでしょうか?
クレジットカード現金化業者が行う方式には、2種類あります。
以前からの方式としては、業者が指定した商品をクレジットカードで購入し、それを業者に買い取ってもらうことで現金化を行うという方法です。
この時、業者によってはカード決済が完了した時点で振込が行われる場合もありますが、商品を業者へと送ってからでなければ振り込まれない場合もあります。
この点をよく確認しておかないと、現金が必要な時に間に合わないこともあります。
もう一つの方法はキャッシュバック方式で、こちらが現在の主流となっています。
この場合は、商品を購入するところまでは同じなのですが、その際にキャッシュバックという名目で口座に換金額が振り込まれます。
商品そのものも送られてきますが、その商品は受け取ってから保管してもいいですし、処分しても構いません。
この場合は、決済が完了してからすぐに振り込まれることがほとんどなので、急いでいる場合はキャッシュバック方式の業者を選択しましょう。
クレジットカード現金化業者を利用した場合は、ほとんどの場合電話やメール、サイトからの申し込みで完了するため、簡単に利用することができます。

まとめ

クレジットカード現金化というのは、自分で行う場合は簡単にできる物ではありません。
しかし、クレジットカード現金化業者を利用した場合はその手続きなどが簡単にでき、時間もかかりません。
急にお金が必要になった時などでも、クレジットカード現金化業者を利用することでスピーディーに資金調達が可能となるでしょう。

クレジットカード現金化にはキャッシングと違う利点がある?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。
急にお金が必要になった時にはキャッシング枠を使う人も多いと思いますが、ショッピング枠を利用して現金を手に入れるクレジットカード現金化には、キャッシングにはない利点もあります。
その利点とは、どのようなことでしょうか?

クレジットカード現金化の利点とは?

それでは、クレジットカード現金化にはどのような利点があるのでしょうか?
まず、クレジットカード現金化というのはお金を借りるわけではありません。
通常、キャッシングを申し込む場合は様々な審査があるのですが、クレジットカード現金化の場合はすでに保有しているクレジットカードを利用するので、審査などは不要です。
また、キャッシングの場合はその情報が信用情報機関に履歴が残されるのですが、クレジットカード現金化の場合は借金ではないため、信用情報機関にその履歴は残されません。
支払いの方法についても、通常の買い物と同じく1回払いやリボ払いなど、様々な方法から選ぶことができます。
その際の利息や手数料についても、キャッシングをするよりも安いことが多いでしょう。
クレジットカード現金化にはこのような利点があるのですが、さらに大きな利点もあります。

クレジットカード現金化の大きな利点とは?

クレジットカード現金化をキャッシングと比較した場合の大きな利点は、総量規制の対象外という点です。
キャッシングの場合、貸金業法によって年収の3分の1までしかキャッシングができない総量規制という決まりがあります。
この総量規制に引っかかってしまうと、それ以上のキャッシングはできなくなるのです。
しかし、クレジットカード現金化の場合はあくまでショッピング枠の利用となるので、この総量規制の対象外となるという利点があります。
例えば、これ以上キャッシングができなくなった人でも利用できるのです。
もちろん、総量規制によってキャッシングができなくなる前に利用しても、総量規制には何の影響もありません。
クレジットカード現金化は、このような利点があるため多くの人に利用されています。

まとめ

クレジットカード現金化は、多くの面で利点がある方法です。
キャッシングと比較した場合は、審査がないことや支払い方法が選べること、信用情報に残らないことなどが利点となるでしょう。
また、総量規制を気にせずに利用できるというのが最も大きなメリットです。
クレジットカード現金化を利用する場合は、こうした利点を把握して最大限に生かすように利用しましょう。

クレジットカード現金化のために換金できる場所は?

クレジットカード現金化を行う場合、換金できる場所というのは限られています。
自分で現金化を行おうと考えた時は、まず換金できる場所が近くにあるのかを確かめなければいけないでしょう。
クレジットカード現金化のために、換金できる場所というのはどういったところでしょうか?

現金化する商品と換金できる場所

クレジットカード現金化は、商品を購入してそれを換金することで行います。
しかし、その換金はどこでも行えるわけではないので、換金できる場所をまず確認する必要があるでしょう。
例えば、換金率が高いためにクレジットカード現金化でよく使われるのが、新幹線の回数券です。
特に、東京から大阪行きの回数券が人気で換金率も高いのですが、需要が低い場合は買い取ってもらえない場合もあります。
換金できる場所としては、金券ショップとなりますが、特に駅の近くにある金券ショップのほうが需要は高いでしょう。
ブランド品などの場合は、換金できる場所が質屋か中古ショップとなるのですが、その品物によっては店舗での査定額が異なるでしょう。
ブランド品を専門にしているところを選んだほうが、買い取り額は高額となる可能性が高くなります。
ゲーム関連の場合は中古ゲームショップで換金できますが、これも店舗によって買い取り額が異なります。
特にプレミア価格がついているようなゲームの場合は、全国チェーンの店舗ではないほうが高額で査定されやすいでしょう。
このように、現金化を行うための商品によって換金できる場所は異なるので、それぞれの店舗が近くにあるかを確認してから商品を選びましょう。

換金できる場所に関係ない現金化

クレジットカード現金化を行う場合、商品によって換金できる場所が異なります。
しかし、該当する店舗が近くにない場合や、いちいち店舗に行くのが面倒という場合は、換金できる場所に関係なく現金化ができるクレジットカード現金化業者を利用しましょう。
クレジットカード現金化業者に依頼した場合は、商品の購入から買取まで行ってくれるので、電話だけで現金化が可能です。
いちいち商品を選んで買いに行き、それを換金できる場所に行って換金するという手間がかからないので、忙しい人にはぴったりでしょう。
業者によって換金率も異なるため、申し込む際は換金率を確認してからにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化を自分で行う場合は、商品を購入してそれを換金することになるのですが、商品によって換金できる場所は限られています。
換金できる場所が近くにない場合は、クレジットカード現金化業者を利用しましょう。
ネットからの申し込みや電話での申し込みで、換金できる場所に関係なく利用できるため、忙しい人にもおすすめの方法です。

クレジットカード現金化の換金で得するポイントサービス

クレジットカード現金化を利用する場合、どうしても換金率は100%となることはありません。
しかし、換金率のギャップを埋めることができて得する方法として、ポイントサービスがあります。
クレジットカードにある、様々なポイントサービスについて考えてみましょう。

なぜ、換金の際はポイントで得するのか

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする方法です。
この時、クレジットカード会社にはその金額の買い物をしたとして情報が登録されます。
そうなると、ポイントサービスがある会社では通常の買い物と同じように、利用金額に応じてポイントが付与されることになります。
このポイントサービスはクレジットカードによって異なり、100円ごとに1ポイント付与される場合もあれば、200円ごとに1ポイント付与される場合もあります。
また、中には通常のポイントとは違った形で付与されるものもあるので、換金で得するカードを選びたい場合は自分の持っているカードの中から最適なものを選ぶようにしましょう。

どんなカードが換金で得するのか?

それでは具体的に、どのカードが換金すると得するのかを紹介していきます。
通常、ポイントというのは1ポイントが1円相当であり、100円から300円の利用ごとに1ポイント付与されます。
場合によってはポイントが割り増しとなることもありますが、基本的には最大1%と思っておいたほうがいいでしょう。
また、そのポイントがどこで利用できるかという問題もあります。
ポイントは現金ではないので、使い道は限られています。
そのため、よく買い物をする場所で使えるポイントのほうが無駄にならないでしょう。
実際に換金で得するポイントサービスとしては、まず楽天カードのポイントがあります。
楽天カードのポイントは100円につき1ポイント付与され、楽天市場の買い物以外にも加盟店などで利用することができます。
また、Tポイントが付与されるクレジットカードの場合、一部の店舗を除いて200円で1ポイントが付与されるのですが、そのポイントはツタヤだけでなくファミリーマートなどでも使えるので、ポイントの利用がしやすいカードといえます。
少し変わっているのが、JALやANAなどのマイルカードです。
マイルカードは200円ごとに1マイルが貯まるのですが、商品券などに交換する場合は1マイルが1.5円相当になります。
また、飛行機に乗る際にマイルで支払うと、その区間によっては最大で1マイルあたり2円を超えることもあります。
使い方によって大きく価値が変わるポイントサービスです。
他にも、換金するクレジットカードによって様々なポイントサービスがあるので、自分が得するようなポイントサービスのカードを選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の際は、どうしても換金率が100%にはならないので、その分ポイントサービスで得するようなカードを選んだほうがいいでしょう。
ポイントサービスは各社異なっていて、中には使い方によって価値が変わるようなポイントサービスもあるため、自分が使いやすいポイントサービスを提供しているクレジットカード会社を選んで換金して、得する方法を選びましょう。

クレジットカード現金化で使える、換金率の高い商品とは?

クレジットカード現金化を行う時、自分で商品を購入してそれを売却することで、現金化を行いたい人もいるでしょう。
その時は、なるべく換金率の高い商品を購入したいと思います。
換金率が高い商品とはどのようなものか、おおよその換金率と一緒に紹介していきます。

換金率が高い商品は?

換金率が高い商品といえば、まず思い浮かぶのは商品券です。
商品券は、種類にもよりますが90%以上、場合によっては95%以上という換金率の高い商品であり、昔からクレジットカード現金化の主力として扱われていました。
しかし、そのせいでクレジットカード会社から監視されることが多くなり、また商品券をクレジットカードで購入する事が禁止される場合も増えています。
現在ではあまりクレジットカード現金化には向いていない商品です。
その代わりに現在増えているのが、新幹線の回数券です。
利用できる区間によって換金率は異なりますが、東京⇒大阪間の新幹線の回数券であれば、最大で98%という高い換金率となっています。
ただし、この商品も現在はクレジットカード会社からの監視が強くなっているので、あまり頻繁に購入した場合や、住所からみて関係が無いと思える区間の新幹線の回数券を頻繁に購入している場合は、クレジットカード会社から問い合わせられる場合があり、カードの利用を停止されることもあり得るでしょう。
ブランド品というのも、クレジットカード現金化の定番です。
ブランド品は1つあたりが高額なので、いくつも買わなくてもある程度の現金になるというメリットがあります。
ただし、ブランド品の場合は換金率が一定ではないので、品によって80%以上の換金率となる場合もあれば、60%程度の換金率となる場合もあります。
ブランド品の換金率を高くするには、現在の流行や人気のある商品をチェックしなくてはいけません。
ゲーム機はさらに換金率の上下が激しく、時には換金率が100%を超えることもありますが、50%以下となる場合もあります。
需要などを良く調べてから購入しましょう。

換金率が高い安全な方法

換金率が高い商品というのは、どうしてもクレジットカード会社から監視されてしまいます。
換金率が高く、安全な方法を考えるのであれば、やはりクレジットカード現金化業者を利用するべきでしょう。
時間もかからず、簡単に現金化ができます。

まとめ

昔から、クレジットカード現金化は様々な商品を購入し、売却することで行われていました。
以前は商品券、今は新幹線の回数券が換金率の高い商品として有名ですが、それだけクレジットカード会社からは厳重にチェックされています。
その他の商品であれば換金率が安定しないため、安全にクレジットカードの現金化を行いたい場合は、クレジットカード現金化業者を利用した方がいいでしょう。

換金するクレカを選ぶときは、ポイントにも注目しよう

いざというときに頼りになるクレジットカード現金化ですが、換金するとしても複数のクレカを持っているのが今は当たり前です。
その中でどのクレカを利用するか選ぶときには、そのカードのポイントにも注目しましょう。
なぜ、換金するクレカを選ぶときにはポイントに注目するべきなのでしょうか?

換金の際は、クレカによってポイントが付与される

クレジットカード現金化というのは、換金するクレカのショッピング枠を利用して現金を手にすることができる方法です。
その際、クレジットカード会社には買い物をしたものとして扱われるため、ポイントやマイルなどのサービスがあるクレカの場合は、通常の買い物と同様にポイントが付与されることになります。
通常、クレカのポイントは100円から300円ごとに1ポイントが付与されることとなるのですが、キャンペーンなどによってはその数倍のポイントが付与されることとなるでしょう。
このポイントは、換金するクレカの会社によって異なりますが、買い物に利用することができる場合が多いため、実質的に現金と同じように扱うことができます。
つまり、換金する際の還元率を高くできるのとおなじことになります。
そう思うと、ポイントを無視するというのは非常にもったいないことだと思いませんか?

換金するのにおすすめのクレカは?

それでは、実際に換金する場合におすすめとなるクレカはどのようなものでしょうか?
まず、楽天市場が発行する楽天カードであれば、使用した金額が税抜100円につき1歩イント付与されます。
キャンペーンも豊富で、あらかじめ申し込んでおけば様々な条件に応じてポイントが付与される場合もあります。
楽天のポイントは楽天市場で使えるのはもちろんですが、それ以外にも加盟テインなどで支払いに利用することもできます。
Tポイントが付くTカードも、換金するクレカにはお勧めです。
Tカードは、200円につき1ポイントが付与されるのですがTポイントの使い道は幅広く、ツタヤだけではなくコンビニやガソリンスタンド、銀行などとも提携しています。
それ以外にも、JALやANAなどのクレジットカードはマイルが貯まるので、旅行によく行く人にとってはうれしいおまけとなるでしょう。
換金する時に、クレカをよく選ばなければこういったポイントを無駄にしてしまうこともあるので、よく考えて選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化をするときには、換金するクレカをよく選ぶことで付与されるポイントの分得をすることができます。
ポイントは、使い道が限定されるものの現金と同じように使えるため、実質的に換金率を上げることにもつながります。
換金の際は、自分にとって使い道の多いポイントが付くクレカを選ぶようにしましょう。

【クレジット現金化】他の融資サービスと比較すると金利が高い?

クレジットカード現金化は、他の融資サービスと比較すると非常に金利が高いと言われています。
ただそれでもクレジットカード現金化を利用する方が多いのは、金利が高いながらもメリットを兼ね備えているためです。
クレジットカード現金化の金利を他の融資サービスと比較して解説し、高金利でも利用すべきメリットも併せて解説します。

【クレジット現金化】他の融資サービスと比較すると金利が高いのは本当?

クレジットカードの現金化が、他の融資サービスと比較して金利の高いサービスだというのは本当なのでしょうか?
たとえば、消費者金融で融資を受ける場合と比較してみましょう。
消費者金融では、出資法によって借入金額の年利20%が上限と定められています。
つまりどれだけ融資を受けても、年間の金利は必ず20%に収まるということです。
一方クレジットカード現金化はどうでしょうか?
たとえば10万円のショッピング枠を利用して、換金率80%で8万円を現金化するとします。
この場合、年利は240%ということになります。
こう考えると、圧倒的にクレジットカード現金化の方が高金利だとわかりますね。
つまり、クレジットカード現金化が他の融資サービスと比較して高金利だというのは事実なのです。

【クレジット現金化】金利が高くても利用者が多い理由は?

クレジットカード現金化は他の融資サービスと比較してもかなりの高金利ですが、それでも利用者が多いのはなぜなのでしょうか?
クレジットカード現金化は金利が高くなりがちなものの、利用するにあたっての審査がありません。
消費者金融の方が金利は低いとわかっている方でも、主婦の方や無職の方、または滞納履歴がある方などは消費者金融を利用できないので、クレジットカード現金化は非常に便利なのです。
また審査がないだけでなく、即日現金を手に入れることも可能です。
つまりクレジットカード現金化の利用者が多い理由は、“金利が高いというデメリットよりもメリットの方が大きい”ということなのです。
ちなみにクレジットカード現金化は年利20%を超えているものの、違法金利には該当しません。
先ほど解説した出資法は、消費者金融などの“貸金業者”にのみ適用される法律です。
クレジットカード現金化業者は、利用者に代わってクレジットカードでショッピングをするだけです。
したがって、お金を利用者に貸し付けているわけではないので、貸金業者ではありません。
ただ悪質な現金化業者やしっかりしていない現金化業者を利用すると、違法金利に該当してしまう恐れもあります。
例えば商品を購入したのに商品が届かず、先に入金されてしまった場合。
または購入した商品を受け取らず、入金だけをしてもらった場合などは、違法金利になってしまうので注意しましょう。

【クレジット現金化】カードを比較して差が出るポイントとは?

クレジットカード現金化に利用するカードは、さまざまな種類を比較して選定することで、利用に関する大きな差が出ます。
今回はクレジットカード現金化に利用するカードを比較すると、どんなところに差が出るのかを解説します。

【クレジット現金化】カードを比較して差が出るポイント①時間

クレジットカード現金化に利用するカードを比較して選定すると、まず資金調達までの“時間”に大きな差が出ます。
審査基準が厳しいカードには、発行までの審査に時間がかかり、資金調達までに時間がかかるケースがあります。
逆に18歳以上なら誰でも発行できるような審査基準が緩いカードは、すぐ手元に届きやすく、資金調達までの時間を短縮できます。
“楽天カード”は、審査完了までの時間が非常に短いと評判で、まだカードを持っていない方がクレジットカード現金化を利用する場合、おすすめのカードです。

【クレジット現金化】カードを比較して差が出るポイント②コスト

クレジットカード現金化に利用するカードを比較すると、“コスト”にも大きな差が出る場合があります。
クレジットカードのコストとして1番大きいのは、やはり年会費です。
いくら利用しやすいクレジットカードでも、多額の年会費がかかるものを発行してしまうと、実質の換金率は大きく下がってしまいます。
またクレジットカードの中には、条件を満たした場合のみ年会費が無料になるというカードもあります。
例えば初年度は年会費無料でも、2年目以降は年間いくらまでショッピング枠を利用しないと無料にはならないといったケースです。
クレジットカード現金化以外にクレジットカードを利用する気がないという方は、条件付きのカードを無料で保有し続けるのは難しいでしょう。
普段も利用するのであれば構いませんが、クレジットカードの現金化には無駄なコストは現金であることを覚えておきましょう。

【クレジット現金化】カードを比較して差が出るポイント③調達金額

クレジットカードを比較することで、何と言っても“調達できる資金”に大きな差が出ます。
クレジットカード現金化はカードのショッピング枠を利用して資金調達をするので、当然利用限度額が大きいカードの方が、多くの資金を調達できます。
そしてカードを比較するのであれば、できるだけショッピング利用限度額の変更がしやすいカードを選ぶべきでしょう。
もちろんショッピング利用限度額の変更には審査がありますが、変更しやすいカードを選んで損はありません。
クレジットカードのショッピング利用限度額は自動的に決定する場合が多いので、その場合は上限がいくらなのかをしっかり確認しておきましょう。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!

クレジットカード現金化で利用するカード比較の対象には、そのカードごとに貯まるポイントがあります。
ポイントを普段から使い、効果的に貯めたいという方は、クレジットカード現金化でもポイントが貯まりやすいカードを使うべきです。
今回はポイントの種類ごとに、貯まりやすいカードを紹介します。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!~Tポイント~

まずは、Tポイントが貯まりやすいクレジットカードにはどんなものがあるのか解説しましょう。
Tポイントはポイントが貯まる店舗・使える店舗も多く、普段から貯めておけば非常に便利です。
Tポイントが貯まりやすいクレジットカードには、“Orico Card THE POINT”や“三井住友VISAゴールドカード”、“Yahoo!JAPANカード”などがあります。
どれも高還元率のクレジットカードですが、おすすめはYahoo!JAPANカードです。
年会費無料で、最大3%のポイント還元率です。
また三井住友VISAゴールドカードも、インターネット入会で初年度の年会費(通常10,800円)が無料になるのでおすすめです。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!~楽天ポイント~

続いては、楽天ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。
楽天ポイントも利用できる店舗は多く、楽天市場ではさらにお得にポイントを貯めることができます。
楽天ポイントを貯めたいのであれば、やはり1番のおすすめは“楽天カード”でしょう。
審査も緩く年会費も無料で、楽天市場で利用すればいつでもポイントが3倍付与されます。
また先ほども紹介した“三井住友VISAゴールドカード”は、Tポイントだけじゃなく楽天ポイントも貯めることができます。
三井住友VISAカードで貯まるワールドプレゼントポイントはさまざまなポイントに移行できるので、1つのカードで複数のポイントを貯められます。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!~dポイント~

dポイントはドコモが展開するポイントサービスで発行されるポイントです。
携帯電話の利用料金の代わりに利用したり、近年はコンビニなどで利用できたりと、利用可能な店舗が急激に増加しています。
dポイントが貯まるクレジットカードを発行したいのであれば、おすすめは年会費無料の“エポスカード”です。
エポスカードは年会費無料ながら海外旅行傷害保険が付いていて、なおかつ即日発行が可能なのでクレジットカード現金化にも適しています。
年会費が有料でもdポイントの還元率が高いカードを利用したい方におすすめなのは、“dカード GOLD”です。
ポイント還元率は最大4%と高く、入会と利用をすれば最大13,000円分のキャッシュバックが受けられるのも魅力です。

【クレジットカード】マイルが貯まりやすいカードを比較・分析します

クレジットカード現金化で利用するカードは、なるべく利用者が現金化以外でも利用しやすいカードを選ぶべきです。
今回は、クレジットカード現金化を利用しながらマイルを貯めたいという方のために、マイルが貯まりやすいカードを比較・分析します!

マイルが貯まりやすいクレジットカードを比較・分析①デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、マイルを貯めることに特化したゴールドカードです。
このクレジットカードに入会するだけで、合計47,000マイルを獲得できます。
またマイルの還元率は1%と高く、普段からマイルを貯めたい方にもおすすめです。
マイルが貯まりやすいだけでなくショッピング利用枠も大きいので、クレジットカード現金化にピッタリです。
ただゴールドカードのため、年会費は26,000円+税と非常に高額です。
普段から旅行や仕事で飛行機に乗る機会が多い方で、クレジットカード現金化を利用するかもしれない方は、発行しても損はないでしょう。

マイルが貯まりやすいクレジットカードを比較・分析②ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、入会で最大30,000マイルを獲得できるカードです。
マイルが貯まりやすいのはもちろん、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの最大の特徴は、マイルの期限を実質無期限にできるというところです。
ポイント移行コース(年会費6,480円)に登録すれば、ポイントの有効期限がなくなるため、実質いつでもマイルに交換できる状態になります。
初年度の年会費は7,000円かかりますが、2年目以降は2,000円に減額します。
マイルが貯まりやすいだけでなく、空港ラウンジサービスや家族特約付きの保険も付帯しているので、この年会費ではお得なカードだと言えるでしょう。
普段飛行機に乗らないという方でも、利用でどんどんマイルが貯められるカードです。

マイルが貯まりやすいクレジットカードを比較・分析③Mileage Plus セゾンカード

Mileage Plus セゾンカードは、VISAブランドで入会すれば、最大5,000マイルがもらえるクレジットカードです。
また1%~1.5%と高い還元率を誇りながら、年会費は1,500円+税と非常にリーズナブルです。
マイルの貯めやすさだけでなく、コストパフォーマンスも考慮したい方におすすめのカードです。
またMileage Plus セゾンカードは、1年間に30,000マイルまで付与されるようになっています。
したがって普段クレジットカードであまりショッピングを利用しないという方でも、クレジットカード現金化を利用すればすぐにマイルが獲得できます、
年間200万円前後ショッピング枠を利用すれば、最も効率良くマイルを貯めることができます。