クレジット現金化が資金調達のアイデアとして有名じゃない理由

クレジットカードの現金化は、非常に賢いアイデアで資金調達が出来る方法です。
ただクレジットカードの現金化の存在を知らないという方は、意外と多いです。
資金調達のアイデアは何かないか探している時に、初めてクレジットカードの現金化に行きつくという方が多いのです。
なぜそれほど有名じゃないのでしょうか?

資金調達のアイデアとしてクレジット現金化が有名じゃない理由①

クレジットカードの現金化がそれほど有名じゃない理由は、“他の融資サービスを利用する方が多い”という事が挙げられるでしょう。
個人であれば消費者金融からの融資が多く、企業では銀行からの融資の利用が多いです。
大体の方がクレジットカードの現金化に辿り着くまでに、他の融資サービスで資金調達が出来るという事は言えるでしょう。
非常に賢いアイデアの資金調達方法とはいえ、クレジットカードの現金化が頭角を現してきたのはここ数年です。
従ってまだ世間には、“資金調達と言えばクレジット現金化!”というほど認知されていないという事が言えるでしょう。
クレジットカードの現金化の存在を知ったり、実際に利用したりする方は、事情があって先ほどの融資サービスを利用出来ないという方が多いです。
融資サービスには基本的に審査があるので、以前に滞納があったり、企業の信頼性が低かったりすればなかなか融資してもらえません。
クレジットカードの現金化は、審査なしですぐに資金調達が出来るので、それを知った方がアイデアの1つとして利用するケースがよく見られます。

資金調達のアイデアとしてクレジット現金化が有名じゃない理由②

クレジット現金化がそれほど有名じゃないもう1つの理由は、“キャッシング枠”というものの存在があるからでしょう。
クレジットカードには利用限度額が定められており、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類に分けられます。
ショッピング枠とは、名前の通りショッピングに使える額の上限の事です。
キャッシング枠は、クレジットカードを利用して借りられる現金の上限額を指しています。
つまり、“クレジットカードはキャッシング枠で資金調達をするもの”という世間の認識が強い為、なかなかショッピング枠の現金化が有名にならないのです。
キャッシング枠を利用した資金調達には審査もありますし、そもそも利用限度額が低い場合も多いです。
従って、ショッピング枠を利用した資金調達の方が、アイデアとしては効率が良いことが分かります。
ショッピング枠の現金化は、1度商品を購入して、それを換金して現金化するという流れが一般的です。
キャッシング枠の利用よりも手順は多いかもしれませんが、即日での資金調達も出来るアイデアとして、ぜひ選択肢に入れておくべきでしょう。

法人カード現金化での資金調達の流れと注意点

法人カードを利用した現金化には、大きな額の資金調達がしやすかったり、経費として計上しやすかったりというメリットがあります。
ただ法人カード現金化を利用した資金調達の流れ、または注意点をきっちりと理解してから行動するようにしましょう。

法人カード現金化での資金調達の流れ

法人カード現金化で資金調達する際の流れは、まずショッピング枠の上限を確認する所から始まります。
法人カード現金化は、基本的に企業があまり良い状態ではない場合に利用する緊急の資金調達方法です。
必ずショッピング枠の上限を把握し、その資金調達をする事で企業の状況はどう改善出来るのか、その後の流れを把握しておきましょう。
そして個人で現金化を行う時と同様に、法人カード現金化も現金化業者を利用しましょう。
いくら法人カード現金化が経費として計上しやすいとはいえ、急に個人でブランド品等を購入すると、クレジットカードに怪しまれやすくなります。
会社の経費としてブランド品の購入代金を計上するなんて、普通に考えればおかしいです。
現金化業者では、クレジットカード会社に怪しまれにくい商品を購入する事も出来るのでおすすめです。
また、個人カードよりも法人カードの現金化を優遇してくれる現金化業者が多いというのも、業者の利用をおすすめする理由です。

法人カード現金化での資金調達における注意点とは?

法人カード現金化での資金調達における注意点は、必ず会社の経営者がカードを利用するという事です。
法人カードは、会社によっては経営者だけでなく、従業員も保有している場合があります。
従業員が利用しても、経費の削減や資金調達が出来る事には変わりないのですが、会社内でトラブルが起こる可能性もあります。
考えられるトラブルは、従業員が会社の資金調達を目的とする現金化ではなく、“自分の利益”の為に現金化を行うというケースです。
いくら経費として計上しやすいとはいえ、従業員が法人カードで自分の利益の為に現金化をしてしまうと、横領罪に繋がります。
従って法人カードでの現金化を考えている会社では、“法人カード現金化は経営者しかしてはいけない”という共通認識を持っておくことが大切です。

<>h2法人カード現金化でも換金率にこだわる!

法人カード現金化は、個人よりも広いショッピング枠を利用する事が多い為、まとまったお金も用意しやすいでしょう。
だからと言って、換金率にこだわらずに資金調達をするという流れにはならないように心掛けましょう。
むしろ資金調達出来る額が大きいほど、現金化業者の換金率にはこだわらないといけません。
優良な現金化業者を利用すれば、個人カードの換金率が80%前後なのに対し、法人カードは90%前後まで換金率が上がる場合もあります。

年会費がかかるクレジットカードの現金化で資金調達をするメリット

クレジットカードには、年会費無料のものと年会費がかかるものがあります。
年会費がかかるクレジットカードでも、もちろん現金化による資金調達が可能です。
年会費有料のクレジットカードを現金化し、資金調達をするメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか?

年会費有料のクレジットカード現金化で資金調達をするメリット①ショッピング利用枠が広い

まず年会費有料のクレジットカードは、ショッピング利用枠が広い事が多いです。
年会費が高いクレジットカードだと、中にはショッピング利用枠の上限が設定されていないものもあります。
つまり、自分の好きなだけ資金調達が出来るというメリットがあるのです。
クレジットカードの現金化で資金調達が出来るのは、ショッピング利用枠の上限までなので、大金を用意する事も可能です。
ただ、返済出来る金額を考えて利用する事は大事です。
いくらでも資金調達ができるメリットがあるとは言え、明らかに返済が難しい額を利用する事はおすすめしません。
ただ年会費有料でショッピング利用枠が広い、もしくは利用枠の上限がないクレジットカードを利用すれば、大金を準備する1つの手段になる事は確かです。

年会費有料のクレジットカード現金化で資金調達をするメリット②怪しまれにくい

クレジットカード現金化で気を付けたいのは、“クレジットカード会社に怪しまれないようにする”という事です。
クレジットカードの現金化は、1度に大きな買い物をする事にもなるので、クレジットカード会社に「現金化をしているのではないか」と怪しまれる可能性があります。
クレジットカード会社は換金による現金化を認めていないので、出来るだけ怪しまれないように利用しなくてはいけません。
ただ年会費有料のクレジットカードは、ショッピング利用枠も広く、ある程度経済力がある人でないと持つ事が出来ません。
従って年会費無料のクレジットカードに比べれば、大きい買い物をしてもクレジットカード会社に怪しまれず資金調達がしやすいというメリットがあります。
またショッピング利用枠が広いので、細かく小さい額を何度も現金化しても、年会費無料のカードよりは怪しまれにくいでしょう。
もっと怪しまれにくくする為には、やはり普段から年会費有料のクレジットカードを利用して、ショッピングをしておくという事です。
いざという時にクレジットカード会社に怪しまれず資金調達出来るように、ある程度額の大きい買い物もしておく事が理想でしょう。
年会費有料のクレジットカードがもし利用停止になってしまうと、利用者にとってとてもダメージが大きいです。
もし利用停止になった時の為に、年会費無料のクレジットカードも合わせて持っておく事をおすすめします。

クレジットカード現金化で現金30万円をすぐ用意する為の準備

「どうしても急にまとまったお金が必要になった・・・」
そんな時に便利なのが、クレジットカードの現金化です。
ただクレジットカードの現金化をもっと上手く活用するには、ある程度まとまったお金を用意できる準備をしておく事をおすすめします。
今回は、現金30万円をすぐに用意するための準備について解説しましょう。

現金化で即現金30万円を用意する為の準備①ショッピング利用枠の確認

クレジットカードには、必ずショッピング利用枠が設定されています。
利用する人によって設定金額は異なりますが、10万円~50万円の間で設定されているケースがほとんどです。
従って、現在自分が利用しているクレジットカードのショッピング利用枠を確認しておくというのは、現金30万円をすぐ用意する為の重要な準備です。
もしショッピング利用枠が10万円に設定されていれば、当然現金30万円は用意出来ません。
ショッピング利用枠を30万円以上に引き上げたいという方は、日頃から滞納なくクレジットカードを定期的に利用し、利用枠引き上げの申請を出すのも1つの方法です。

現金化で即現金30万円を用意する為の準備②クレジットカードを複数持っておく

1枚のクレジットカードで現金30万円を用意出来れば1番良いですが、中にはなかなかショッピング利用枠の額が上がらないという方もいます。
そういう方は、クレジットカードを複数用意しておく事をおすすめします。
年会費無料のクレジットカードは、持っておくだけならお金もかかりませんし、ショッピング利用枠を上げないのであれば、定期的に使う必要もありません。
例えばショッピング利用枠が10万円に設定されているクレジットカードでも、4枚持っていれば合計で現金40万円を現金化できます。
現金30万円を用意する場合でなくても、複数のクレジットカードを持っていれば、ショッピング利用枠の額を上げずにまとまったお金を用意出来るのです。
後々の返済は少しややこしくなりますが、緊急時に備える手段としては有効でしょう。

必ず換金率が高い現金化業者を利用しよう!

現金30万円を必ず用意するには、換金率が高い現金化業者を使うのが鉄則です。
例えばショッピング利用枠30万円のクレジットカードで現金化しても、換金率は100%ではありませんので、現金30万円を用意する事は出来ません。
ましてや換金率が低い現金化業者であれば、30万円のショッピング利用枠を使っても20万円弱しか手に入らない場合があります。
換金率が高い現金化業者を利用して、確実に現金30万円を手に入れましょう。
またそれには1枚のカードを使う場合でも、複数のカードを使う場合でも、必ずショッピング利用枠を“30万円以上”にしておかなくてはいけません。

現金をするならショッピング枠の利用範囲を広げておこう

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠の利用範囲内まで現金化する事が出来ます。
従って、ショッピング枠の範囲が大きければ大きいほど、多く現金化出来るという事になります。
もし現金化を利用するのであれば、必ずクレジットカードのショッピング利用枠についてチェックしておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠の利用範囲って?

クレジットカードのショッピング枠は、そのカードによって利用範囲が決められています。
設定される基準は、カードの利用年数やカードの使用頻度です。
従ってクレジットカードを利用したての方のショッピング枠は、比較的額が小さいです。
クレジットカードの現金化で多くの現金を手に入れたいという方は、ショッピング枠の利用範囲を広げるために、事前にショッピング枠の利用範囲を広げておくことをおすすめします。
クレジットカードの現金化は、緊急事態の時に利用出来る資金調達です。
従って、普段からクレジットカードの利用頻度を上げておき、万が一の時にしっかり機能するように準備しておくという事ですね。
またクレジットカードのショッピング枠の利用範囲が広いという事は、それだけクレジットカード会社から信用を得ているという証拠でもあります。
クレジットカードの現金化は、大きな金額の買い物をいきなりする事になる場合もあるので、クレジットカード会社に怪しまれがちです。
普段からクレジットカードを使って信頼度を上げておく事で、疑われにくくなるというメリットもあります。

クレジットカードを複数枚持てばさらにお得に!

クレジットカードの現金化で多くの資金を調達するために、複数のクレジットカードを持つというのはとても有効な方法です。
もちろんしっかりした返済プランを持って利用しなくてはいけませんが、複数のカードのショッピング枠の利用範囲が広ければ、なおお得でしょう。
複数のカードをまんべんなく利用しながら、少しずつ各クレジットカードのショッピング枠の利用範囲を広げるようにします。
またもし1つのクレジットカードが利用停止になってしまったとしても、複数のカードを持っておけば、まだクレジットカードの現金化は利用出来ます。
クレジットカードのショッピング枠の利用範囲は、クレジットカード会社に連絡して変更の手続きをする場合もあります。
その際にもクレジットカードの利用履歴が審査されますので、普段から使っておくことは大事でしょう。
またクレジットカード会社の信頼を得る為には、もちろん支払いの滞納をしてはいけません。
クレジットカードの利用履歴は“クレヒス”と呼ばれるのですが、過去のクレヒスで滞納履歴がある方は、他のクレジットカードでショッピング枠の利用範囲を広げるのは難しくなります。

現金がない会社がクレジットカード現金化を利用するメリット

クレジットカードの現金化を利用する会社は、ほとんどが資金繰りに困り、現金がない会社である場合が多いです。
現金がない会社がクレジットカード現金化を利用するメリットには、どんな事が挙げられるのでしょうか?

現金がない会社によるクレジットカード現金化のメリット①すぐに資金調達が出来る

現金がない会社の資金調達方法としては、金融機関からの融資や、最近ではクラウドファンディング等も主流になっていきています。
どの資金調達方法も、クレジットカードの現金化と比べると、やはり実際に資金を手に入れられるまでの期間が長いです。
クレジットカードの現金化であれば、現金がない会社でも最短即日で資金を手に入れる事ができます。
中小企業や歴史の浅い企業に向けた融資サービスとして“ソーシャルレンディング”等が挙げられますが、それもやはり即日融資という訳にはいきません。
今すぐ資金が必要な会社にとっては、融資までの期間がかなり長く感じるでしょう。
現金がない会社は法人カードを利用すれば、ショッピング枠の利用額は大きくなる上に、まとまった資金を即日用意出来る可能性も高くなります。

現金がない会社によるクレジットカード現金化のメリット②審査がない

クレジットカード現金化には、利用する為の審査がないケースがほとんどです。
従って、例え他業者からの借入等がある会社でも、資金調達方法として利用出来るのです。
もちろん他社からの借入が残っているにも関わらず、クレジットカード現金化を利用するというのは、あまりおすすめ出来ません。
ただ、会社の倒産等がかかっている場面での最終手段として、利用するのであればやむを得ないでしょう。
また金融機関からの借入は、他に借入が残っている会社でなくても、審査に落ちてしまう可能性があります。
金融機関からの借入は年々厳しくなってきており、中小企業や設立年数が浅い企業はなかなか借入先金融機関が決まらない事もあります。
そういった会社にとって、クレジットカード現金化は非常に助かるサービスだと言えるでしょう。

現金がない会社によるクレジットカード現金化のメリット③会社の方が換金出来る額が大きい

クレジットカードの現金化には換金率がというものがありますが、個人よりも現金がない会社が利用する方が、高い換金額を実現出来ます。
何故かと言うと、企業の方が調達する資金の額が大きい場合が多く、ショッピング枠の利用可能範囲も広い為です。
個人でのクレジットカード現金化も、もちろん急に資金が必要になった方にとっては有効な方法です。
ただ現金がない会社のクレジットカード現金化にも、これほどのメリットがあるのです。

クレジットカード現金化で税金を支払うメリット・デメリット

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る事が出来るので、当然その現金を税金の支払いに回す事も可能です。
クレジットカードの現金化で税金を支払う事にはどんなメリット・デメリットがあるのかを考えてみましょう。

クレジットカード現金化で税金を支払うメリット

クレジットカードの現金化で税金を支払う1番のメリットは、やはり“どんな税金にも対応出来る”という所です。
クレジットカードで直接支払える税金がほとんどですが、中にはまだクレジットカード支払いには対応していない税金もあります。
クレジットカードの現金化をすれば、現金が手に入る訳ですから、当然全ての税金が支払えるという事になります。
そしてもう1つのメリットは、“納期に間に合わせることができる”という所です。
税金の納期までに現金が用意できず、クレジットカードで支払おうと思った時に、その税金がクレジット支払いに対応していなかったら、納期に遅れてしまう可能性があります。
クレジットカードの現金化で現金を用意しておけば、どんな税金でも必ず納期までに支払う事ができます。
税金は納期が遅れると滞納金がかかるので、そうならない為にクレジットカードの現金化で資金調達をして、1度納期を乗り切る事は致し方ないでしょう。

クレジットカード現金化で税金を支払うデメリット

クレジットカード現金化で税金を支払うという行為は、あくまで緊急の税金に対してのみ利用するようにしましょう。
1度クレジットカード現金化で税金を支払うと、常用化してしまい“ずっとクレジットカード現金化で税金を支払い続ける”という事に繋がりかねません。
これが1つのデメリットです。
クレジットカードの現金化で税金を支払う事は確かに可能ですが、クレジットカードのショッピング枠利用額を返済する事を忘れてはいけません。
税金が支払えたとしても、ショッピング枠利用額の返済に追われてしまえば、また別の税金の支払いが難しくなるかもしれません。
そこでまたクレジットカードの現金化を利用して税金を支払っても、どんどんマイナスが膨らんでいく一方です。
そうなることで1番怖いのは、クレジットカードのショッピング枠利用額を滞納してしまい、クレジットカードが利用停止になってしまう事です。
クレジットカードが利用停止になれば、当然クレジットカードの現金化は利用できません。
緊急の際に資金調達をする手段が1つ減る事になり、消費者金融等に頼るしかなくなってしまいます。
これが、税金の支払いでクレジットカード現金化を常用化してしまう事によって生み出される悪循環です。

【現金化】クレジットカードの現金化にはしっかりした返済計画を!

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して簡単に資金調達が出来る方法です。
ただ、何の計画もなくただただ資金調達をする為に利用するのはおすすめできません。
クレジットカードの現金化における返済計画の重要性について解説しましょう。

【現金化】クレジットカード現金化は“お金を生み出すサービス”ではない

クレジットカードの現金化を利用する方の中には、すぐにまとまったお金が必要になったという方も多いです。
ただ勘違いしてはいけないのは、クレジットカードの現金化が“いくらでもお金を生み出せるサービス”だと考えない事です。
あくまで緊急の資金調達方法として便利というだけで、利用したショッピング枠の返済はもちろんしなくてはいけません。
従って、利用する前に必ず返済計画を立てておかなくてはいけないのです。
そして資金調達が成功して問題が解決したら、すぐにその計画に沿った返済を実行していく必要があるのです。

【現金化】クレジットカードの現金化で事態を悪化させる方も多い

クレジットカードの現金化を利用する方の中には、返済計画を立てずその場しのぎの為にお金を用意するという方も多くいます。
つまり一時的にお金を用意できたものの、またすぐにお金が必要になってしまうというケースです。
そういう方は、すでに消費者金融でお金を借りていたり、他の返済に手が回らなくなってクレジットカードの現金化を利用したりという場合もあります。
他の借金を返済するためにクレジットカードの現金化を利用するというのは、ますます事態を悪化される非常に危険な行動です。
現時点での借金を返済出来ない方が、クレジットカードの現金化で利用したショッピング利用枠を返済出来る訳がありません。

【現金化】クレジットカードの現金化業者に断られるケースも

クレジットカードの現金化は消費者金融等とは違い、基本的にクレジットカードのショッピング利用枠がある方であれば、誰でも利用できます。
現金化業者から断られるという事はほとんどありません。
ただ、先ほどのように他の返済に困っているという方は、クレジットカードの現金化業者に換金率を上げる為の交渉などをしがちです。
現金化業者によっては少し交渉に応じてくれる場合もありますが、あまりにもしつこいと現金化を断られるケースもあります。
クレジットカードの現金化を断られてしまうと、ますます資金調達が出来る場所がなくなり、窮地に追い込まれてしまいます。
従ってクレジットカードの現金化は、返済出来ないお金を用意する為に使うべきではないのです。
まとまったお金が必要でも、自分が返済出来る範囲をわきまえて利用しましょう。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらいかかる?

クレジットカードの現金化業者は、換金率が高くても手数料がかなり差し引かれるケースがあります。
では換金にかかる手数料は、安いところで一体どれくらいかかるのでしょうか?
高いところの手数料と比較してみましょう。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらい?①商品の配送料

キャッシュバック方式、商品買取方式といった現金化業者がありますが、換金率から必ず引かれるのが商品の配送料です。
これはいくら手数料が安いところでも、確実に差し引かれます。
換金率から差し引かれる商品の配送料は、安いところだと大体1,000円までで収まります。
高いところでも2,000円程度なので、もしそれ以上の配送料がかかるようであれば、少し怪しい業者かもしれません。
商品の配送料はサイズや配送エリア、配送業者によって決まっている為、ごまかしが効きません。
従って、不安な方は事前に商品の配送料を聞いておくだけでなく、どこの配送業者が商品を持ってくるのかも聞いておくべきでしょう。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらい?②振込手数料

振込手数料は、換金されたお金が振り込まれる際に発生する手数料です。
現金化業者が指定する金融機関によって額は異なりますが、安いところだと数百円程度しかかかりません。
ただ振込手数料は、金額が大きくなると高くなる金融機関もあります。
指定された金融機関の振込手数料を調べてみるというのが1番無難でしょう。
振込手数料が数千円差し引かれるという事が基本的にありませんので、1,000円を超えるようであれば悪徳業者の可能性があります。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらい?③消費税

換金をする為には商品を購入しなくてはいけないので、当然消費税がかかります。
もちろん消費税は、商品を購入する時点ですでに8%が差し引かれています。
ただ言い換えると、換金率から消費税8%が差し引かれているとも言えるのです。
消費税には、安いところや高いところがありません。
換金率から消費税が差し引かれる現金化業者であれば、どの業者も8%を差し引きます。
ただ優良な現金化業者の中には、消費税が差し引かれない業者も存在します。
正直購入商品の8%を換金率から差し引かれるというのは、数十万円以上の大金を調達したい方にとって結構な痛手です。
換金率から差し引かれる消費税に安いところも高いところもないという話をしましたが、強いて言うなら“消費税がかからないところ”が安いところですね。
当サイトで紹介している現金化業者の中にも、換金率から消費税が差し引かれない業者はいくつかありますので、ぜひ参考にしてください!
額面通りの数字に近い換金率を実現出来る業者は、優良業者と言えるでしょう。

換金が即日可能な現金化業者のチェックするポイントとは?

換金が即日可能な現金化業者は、急いでお金を用意しなくてはいけない方にとって、ぜひ利用したい業者です。
ただ、換金が即日可能というだけで、現金化業者を選ぶのは少し安易すぎると言えるでしょう。
換金が即日可能な現金化業者は複数存在しますが、どこをチェックして申し込みをすればいいのでしょうか?
チェックするポイントを解説しましょう。

チェックポイント①換金率

いくら換金が即日可能な現金化業者とはいえ、換金率が低いところを利用するのはもったいないでしょう。
換金率の相場は金額によって異なりますが、全体的な相場は80%前後です。
少なくとも、80%以上の換金率を打ち出している現金化業者を利用しないと、換金が即日可能でもお得とは言えません。

チェックポイント②土日・祝日、24時間対応している

現金化業者の中には、24時間営業をしていなかったり、土日・祝日には対応していなかったりするところもあります。
現在は24時間365日営業という業者がほとんどですが、念のため営業時間に関してはチェックしておきましょう。
年末年始やゴールデンウィークなど、通常の金融機関が営業していないときに限って、急にお金が必要になるものです。
したがって、24時間365日営業の現金化業者を選択するということは、非常に大事なのです。
換金が即日可能というメリットは、利用者が困った時にすぐ換金してもらえるからこそメリットなのです。
対応外の時間がある現金化業者は、換金が即日可能と謳っておきながら、翌日になってしまうこともあります。

チェックポイント③換金までのスピード

換金が即日可能な現金化業者を利用する方は、一刻も早くお金が必要な方がほとんどです。
したがって、換金が即日可能と言いながら、何時間もかかってしまうところは避けた方がいいでしょう。
たとえ新規の契約者であっても、1時間以内に換金できる現金化業者がおすすめです。
もし換金が即日可能な現金化業者を見つけたら、比較サイトや口コミサイトを利用して、その業者の換金スピードを調べてみましょう。
換金が即日可能な上に、換金までのスピードも早ければ申し分ありません。

チェックポイント④初心者への待遇の良さ

クレジットカードの現金化というサービス自体が、非常にシンプルで初心者にも分かりやすいサービスであることは確かです。
ただせっかく現金化業者を比較するのであれば、なるべく手続き・申込みの方法が分かりやすい業者を選択するべきでしょう。
クレジットカード現金化を利用する前に、事前に相談に乗ってくれたりするところがあれば、ぜひ利用したいですね。
またクレジットカードの現金化をしたことがない初心者であれば、初心者限定のサービスを行っている現金化業者を選ぶのもおすすめです。