クレジットカード現金化にはキャッシングと違う利点がある?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。
急にお金が必要になった時にはキャッシング枠を使う人も多いと思いますが、ショッピング枠を利用して現金を手に入れるクレジットカード現金化には、キャッシングにはない利点もあります。
その利点とは、どのようなことでしょうか?

クレジットカード現金化の利点とは?

それでは、クレジットカード現金化にはどのような利点があるのでしょうか?
まず、クレジットカード現金化というのはお金を借りるわけではありません。
通常、キャッシングを申し込む場合は様々な審査があるのですが、クレジットカード現金化の場合はすでに保有しているクレジットカードを利用するので、審査などは不要です。
また、キャッシングの場合はその情報が信用情報機関に履歴が残されるのですが、クレジットカード現金化の場合は借金ではないため、信用情報機関にその履歴は残されません。
支払いの方法についても、通常の買い物と同じく1回払いやリボ払いなど、様々な方法から選ぶことができます。
その際の利息や手数料についても、キャッシングをするよりも安いことが多いでしょう。
クレジットカード現金化にはこのような利点があるのですが、さらに大きな利点もあります。

クレジットカード現金化の大きな利点とは?

クレジットカード現金化をキャッシングと比較した場合の大きな利点は、総量規制の対象外という点です。
キャッシングの場合、貸金業法によって年収の3分の1までしかキャッシングができない総量規制という決まりがあります。
この総量規制に引っかかってしまうと、それ以上のキャッシングはできなくなるのです。
しかし、クレジットカード現金化の場合はあくまでショッピング枠の利用となるので、この総量規制の対象外となるという利点があります。
例えば、これ以上キャッシングができなくなった人でも利用できるのです。
もちろん、総量規制によってキャッシングができなくなる前に利用しても、総量規制には何の影響もありません。
クレジットカード現金化は、このような利点があるため多くの人に利用されています。

まとめ

クレジットカード現金化は、多くの面で利点がある方法です。
キャッシングと比較した場合は、審査がないことや支払い方法が選べること、信用情報に残らないことなどが利点となるでしょう。
また、総量規制を気にせずに利用できるというのが最も大きなメリットです。
クレジットカード現金化を利用する場合は、こうした利点を把握して最大限に生かすように利用しましょう。

換金するクレカを選ぶときは、ポイントにも注目しよう

いざというときに頼りになるクレジットカード現金化ですが、換金するとしても複数のクレカを持っているのが今は当たり前です。
その中でどのクレカを利用するか選ぶときには、そのカードのポイントにも注目しましょう。
なぜ、換金するクレカを選ぶときにはポイントに注目するべきなのでしょうか?

換金の際は、クレカによってポイントが付与される

クレジットカード現金化というのは、換金するクレカのショッピング枠を利用して現金を手にすることができる方法です。
その際、クレジットカード会社には買い物をしたものとして扱われるため、ポイントやマイルなどのサービスがあるクレカの場合は、通常の買い物と同様にポイントが付与されることになります。
通常、クレカのポイントは100円から300円ごとに1ポイントが付与されることとなるのですが、キャンペーンなどによってはその数倍のポイントが付与されることとなるでしょう。
このポイントは、換金するクレカの会社によって異なりますが、買い物に利用することができる場合が多いため、実質的に現金と同じように扱うことができます。
つまり、換金する際の還元率を高くできるのとおなじことになります。
そう思うと、ポイントを無視するというのは非常にもったいないことだと思いませんか?

換金するのにおすすめのクレカは?

それでは、実際に換金する場合におすすめとなるクレカはどのようなものでしょうか?
まず、楽天市場が発行する楽天カードであれば、使用した金額が税抜100円につき1歩イント付与されます。
キャンペーンも豊富で、あらかじめ申し込んでおけば様々な条件に応じてポイントが付与される場合もあります。
楽天のポイントは楽天市場で使えるのはもちろんですが、それ以外にも加盟テインなどで支払いに利用することもできます。
Tポイントが付くTカードも、換金するクレカにはお勧めです。
Tカードは、200円につき1ポイントが付与されるのですがTポイントの使い道は幅広く、ツタヤだけではなくコンビニやガソリンスタンド、銀行などとも提携しています。
それ以外にも、JALやANAなどのクレジットカードはマイルが貯まるので、旅行によく行く人にとってはうれしいおまけとなるでしょう。
換金する時に、クレカをよく選ばなければこういったポイントを無駄にしてしまうこともあるので、よく考えて選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化をするときには、換金するクレカをよく選ぶことで付与されるポイントの分得をすることができます。
ポイントは、使い道が限定されるものの現金と同じように使えるため、実質的に換金率を上げることにもつながります。
換金の際は、自分にとって使い道の多いポイントが付くクレカを選ぶようにしましょう。

【クレジットカード】マイルが貯まりやすいカードを比較・分析します

クレジットカード現金化で利用するカードは、なるべく利用者が現金化以外でも利用しやすいカードを選ぶべきです。
今回は、クレジットカード現金化を利用しながらマイルを貯めたいという方のために、マイルが貯まりやすいカードを比較・分析します!

マイルが貯まりやすいクレジットカードを比較・分析①デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、マイルを貯めることに特化したゴールドカードです。
このクレジットカードに入会するだけで、合計47,000マイルを獲得できます。
またマイルの還元率は1%と高く、普段からマイルを貯めたい方にもおすすめです。
マイルが貯まりやすいだけでなくショッピング利用枠も大きいので、クレジットカード現金化にピッタリです。
ただゴールドカードのため、年会費は26,000円+税と非常に高額です。
普段から旅行や仕事で飛行機に乗る機会が多い方で、クレジットカード現金化を利用するかもしれない方は、発行しても損はないでしょう。

マイルが貯まりやすいクレジットカードを比較・分析②ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、入会で最大30,000マイルを獲得できるカードです。
マイルが貯まりやすいのはもちろん、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの最大の特徴は、マイルの期限を実質無期限にできるというところです。
ポイント移行コース(年会費6,480円)に登録すれば、ポイントの有効期限がなくなるため、実質いつでもマイルに交換できる状態になります。
初年度の年会費は7,000円かかりますが、2年目以降は2,000円に減額します。
マイルが貯まりやすいだけでなく、空港ラウンジサービスや家族特約付きの保険も付帯しているので、この年会費ではお得なカードだと言えるでしょう。
普段飛行機に乗らないという方でも、利用でどんどんマイルが貯められるカードです。

マイルが貯まりやすいクレジットカードを比較・分析③Mileage Plus セゾンカード

Mileage Plus セゾンカードは、VISAブランドで入会すれば、最大5,000マイルがもらえるクレジットカードです。
また1%~1.5%と高い還元率を誇りながら、年会費は1,500円+税と非常にリーズナブルです。
マイルの貯めやすさだけでなく、コストパフォーマンスも考慮したい方におすすめのカードです。
またMileage Plus セゾンカードは、1年間に30,000マイルまで付与されるようになっています。
したがって普段クレジットカードであまりショッピングを利用しないという方でも、クレジットカード現金化を利用すればすぐにマイルが獲得できます、
年間200万円前後ショッピング枠を利用すれば、最も効率良くマイルを貯めることができます。

【クレジットカード】審査が緩いカードを比較する手法

クレジットカード現金化は、クレジットカードさえあればほとんどの方が利用できるサービスです。
ただまずはクレジットカードの審査に通過して、クレジットカードを発行しなくてはいけません。
今回は審査が緩いクレジットカードを比較する手法と、おすすめのクレジットカードを紹介します。

【クレジットカード】審査が緩いカードを比較する手法とは?

審査が緩いクレジットカードを比較する手法として、カードの“審査基準”を確認することが挙げられます。
クレジットカードには、カードによって“年収○○万円以上”、“勤続年数○年以上”といった審査の基準が設けられています。
この審査基準が少ないクレジットカード(○歳以上の方等)は、審査がとても緩いカードである可能性が高いです。
逆に前述の年収や勤続年数が記載されていたり、“パートやアルバイトは不可”と記載されていたりするクレジットカードは、審査が厳しいケースが多いです。
審査が緩いクレジットカードの比較手法を分かっていただいたところで、次は審査が緩く発行しやすいと評判のカードを紹介します。

【クレジットカード】審査が緩いおすすめのカード①楽天カード

 

楽天カードは年会費無料で、主婦や学生でも簡単に発行できるクレジットカードとして有名です。
楽天カードを発行できるのは、満18歳以上(高校生不可)の方です。
18歳以上であれば主婦、アルバイト、パート、大学生でもOKです。
審査完了までのスピードも早く、すぐにカードが手元に届くところも魅力です。
楽天ポイントはいつでも4倍貯まるので、クレジットカード現金化で大量のポイントをゲットして、違う商品との交換もしやすいです。
海外旅行傷害保険など、年会費無料とは思えない付帯サービスもあります。

【クレジットカード】審査が緩いおすすめのカード②セディナカード Jiyu!da!

 

セディナカード Jiyu!da!は、名前の通りとても自由な使い方ができるクレジットカードです。
利用額の支払い方法や支払う金額を設定できるので、自分に合った使い方ができます。
余裕がないときは月に支払う金額を少なめに設定し、多く支払えそうな月は金額を多めにすることが可能です。
セディナカード Jiyu!da!は、高校生を除く18歳以上の方で、電話連絡が可能な方であれば申し込みができます。
これ以外に特に審査基準はありません。
またセディナカードJiyu!da!は、セブンイレブンやイオン、ダイエーでのポイント還元率が1.5%と非常に高いです。
そして年会費無料のクレジットカードにも関わらず、国内旅行傷害保険が付帯しています。
これだけ自由度が高く審査が緩いにも関わらず、その他のサービスが充実しているクレジットカードはなかなかありません。

現金化をするならショッピング枠の利用範囲を広げておこう

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠の利用範囲内まで現金化する事が出来ます。
従って、ショッピング枠の範囲が大きければ大きいほど、多く現金化出来るという事になります。
もし現金化を利用するのであれば、必ずクレジットカードのショッピング利用枠についてチェックしておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠の利用範囲って?

クレジットカードのショッピング枠は、そのカードによって利用範囲が決められています。
設定される基準は、カードの利用年数やカードの使用頻度です。
従ってクレジットカードを利用したての方のショッピング枠は、比較的額が小さいです。
クレジットカードの現金化で多くの現金を手に入れたいという方は、ショッピング枠の利用範囲を広げるために、事前にショッピング枠の利用範囲を広げておくことをおすすめします。
クレジットカードの現金化は、緊急事態の時に利用出来る資金調達です。
従って、普段からクレジットカードの利用頻度を上げておき、万が一の時にしっかり機能するように準備しておくという事ですね。
またクレジットカードのショッピング枠の利用範囲が広いという事は、それだけクレジットカード会社から信用を得ているという証拠でもあります。
クレジットカードの現金化は、大きな金額の買い物をいきなりする事になる場合もあるので、クレジットカード会社に怪しまれがちです。
普段からクレジットカードを使って信頼度を上げておく事で、疑われにくくなるというメリットもあります。

クレジットカードを複数枚持てばさらにお得に!

クレジットカードの現金化で多くの資金を調達するために、複数のクレジットカードを持つというのはとても有効な方法です。
もちろんしっかりした返済プランを持って利用しなくてはいけませんが、複数のカードのショッピング枠の利用範囲が広ければ、なおお得でしょう。
複数のカードをまんべんなく利用しながら、少しずつ各クレジットカードのショッピング枠の利用範囲を広げるようにします。
またもし1つのクレジットカードが利用停止になってしまったとしても、複数のカードを持っておけば、まだクレジットカードの現金化は利用出来ます。
クレジットカードのショッピング枠の利用範囲は、クレジットカード会社に連絡して変更の手続きをする場合もあります。
その際にもクレジットカードの利用履歴が審査されますので、普段から使っておくことは大事でしょう。
またクレジットカード会社の信頼を得る為には、もちろん支払いの滞納をしてはいけません。
クレジットカードの利用履歴は“クレヒス”と呼ばれるのですが、過去のクレヒスで滞納履歴がある方は、他のクレジットカードでショッピング枠の利用範囲を広げるのは難しくなります。

クレジットカード現金化の際は、複数のクレジットカード併用も可能!

現在は複数のクレジットカードを持っている人も多いでしょう。ただ、その多くはショッピング枠もあまり大きくないようなカードであることも珍しくないと思います。そんなクレジットカードを多数持っている人がショッピング枠を現金化したいとき、ショッピング枠が小さいため現金化しても金額が小さくなってしまうのであれば、クレジットカード併用によってまとまった金額を現金化しましょう。

複数のカードを併用する

クレジットカード現金化の際は、ショッピング枠を利用して現金化をすることとなるのですが、その時に複数枚のクレジットカード併用でも問題はないのです。例えば会員カードに付随するようなクレジットカードの場合はショッピング枠も5万円、10万円と小さいことが多いのですが、例えば5万円のカードが3枚あれば15万円、5枚あれば25万円のショッピング枠があるクレジットカードと同様に現金化できます。
ただし、中にはカードごとに換金率を決めているクレジットカード現金化業者もいるので、その場合はクレジットカード併用の場合は換金率が安定しません。
現金化の際にクレジットカード併用が可能なのは、当然ながらショッピング枠の限度額が低いクレジットカードに限っているものではありません。ショッピング枠に十分な余裕があるクレジットカードを持っている場合でも、同じようにクレジットカード併用での現金化が可能です。こうしたやり方は会社を経営している人の事業資金として使われることが多いのですが、実はクレジットカード現金化は物品を購入するという体となるため、経費として計上することもできるので、領収書も忘れずに発行したほうがいいでしょう。

カード併用のメリット

また、クレジットカード現金化の際に、1枚のクレジットカードではなくカード併用することにはメリットもあります。クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、クレジットカードの利用規約で禁止されているため、もしも発覚したらクレジットカードが利用停止、もしくは解約となる可能性があります。そしてクレジットカード会社に目を付けられる理由としては、いきなり高額の買い物がされた場合などです。
しかしクレジットカード現金化を1枚のクレジットカードではなくクレジットカード併用で行うと、商品代金はそれだけ分散されることとなるので、カード会社からも目を付けられる可能性が低くなります。そのため、安全性が高くなるというメリットもあるのです。
そのため、現金化する金額によってはショッピング枠に余裕がある場合でも、クレジットカード併用で行った方がいいかもしれません。

クレジットカードの現金化、ってどんな換金方法?

クレジットカードの現金化って、聞いたことはあるし興味もあるけど、どういう仕組みで、どうすればいいのかよくわからない、という人も多いと思います。
ショッピング枠さえあれば、いつでも現金が手に入るクレジットカードの現金化。
ここでは、実際に利用する時の換金方法のおおまかな流れをご紹介します。

自分に合った業者を見つける

クレジットカードの現金化の業者は数多く存在あります。
なかには悪徳業者もありますので、業者選びは慎重に。
換金率だけで選ぶのではなく(悪徳業者はたいてい高換金率をうたっています)、入金のスピードなど、何を重視するのかを考えて選びましょう。

電話で問い合わせてみる

業者を決めたら、すぐにネットで申し込むのではなく、電話をかけて問い合わせてみて下さい。
実際に電話で話してみて、換金率などを聞いてみて下さい。
電話の応対などで、本当にこの業者でいいのかを確認しましょう。
特に、サイトの番号にかけても、電話を取った時に会社名を名乗らない業者には注意が必要です。
いきなり電話をかけるのは気が引けるかもしれませんが、取引を進めなければ、身元は相手に分かりません。
不明な点など、どんどん聞いてみて下さい。

申し込みをして、本人確認のできる個人情報を送る

この業者でいい、と思ったら、申し込みをします。
この時、本人確認が必要になりますので、運転免許証などを手元に用意しておきましょう。
これらの個人情報を扱いは業者に委ねることになってしまうので、しっかり業者を選びましょう。
クレジットカードの現金化には、審査などはありませんので、本人確認さえ終了すれば現金を手に入れるまではあとちょっとです。

業者の指示に従って商品を購入する

本人確認ができたら、業者から「〇〇という商品を購入してください」という指示があります。
指示に従って、商品をクレジットカードで購入してください。
万が一間違った商品を購入してしまうと現金化できなくなりますから、気を付けて購入しましょう。

商品を発送して、入金を待つ

商品買取の場合は、商品を業者に発送してあとは入金を待つだけです。
キャッシュバックの場合は、クレジットカードの決済が完了した時点で入金されます。
発送する商品にもよりますが、長くても2、3日後には入金があります。
ただし、もしも相手が悪徳業者であった場合は入金がないこともかんがえられますが…

以上が、クレジットカードの現金化の流れです。
個人で転売するのに比べれば、手数料はかかりますが、短時間で手間なくできること、なにより、カード会社にバレにくい、というメリットがあります。
一番のポイントは、業者選びです。
たくさんの業者を比較して、できれば実際に電話をしてみるなどして、慎重に業者を選びましょう。

資金調達を多様化させるために、クレジットカードを活用!

会社などを経営していると、事業資金調達というのは常に気を配らなければいけないポイントとなります。基本的に運転資金は事業の売り上げから出るべきではありますが、売掛金などで一時的に不足する可能性もあり、何らかの形で資金調達をする必要が生じることも考えられます。

資金調達方法は1つではない

実際に資金調達をするとき、その方法が例えばローン会社一択であれば、そのローン会社から貸付を渋られた場合や、ローン会社が近くから撤退した場合などはどうにもならなくなってしまいます。そうならないように、資金調達の方法は多様化しておくべきです。
それでは多様化するための方法ですが、例えば銀行から融資を受けるといった方法や、カードローン、キャッシングなどが思い浮かぶでしょう。しかし、銀行の融資には非常に時間がかかり、しかも事業計画書などが必要となるため、必要になった時はすぐに融資をしてくれるというわけではありません。カードローンやキャッシングの場合も、銀行融資ほどではありませんが審査が必要で、しかも法人として申し込むのであれば個人での申し込みよりも審査には時間がかかります。そのため、即座に用意するというのは難しいでしょう。
しかし、法人用クレジットカードのショッピング用であれば、審査も簡単ですぐに発行されます。これは裏技のようなものですが、クレジットカードがあればショッピング枠を現金化することで資金調達が可能となるので、多様化も簡単にできます。

クレジットカード現金化のメリットは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化して資金調達を多様化することには、いくつかの利点もあります。その一つには金利の安さがあります。クレジットカード現金化は、換金効率が90%以上という業者も多いため、例えば93%であれば実質の金利は7%くらいでしょう。これは一括で返済できる場合となりますが、通常のキャッシングと比較してもかなり安いため、金利に無駄なお金を払わなくてもよくなります。
また、法人名義のクレジットカードで利用できるのですが、現金化の際はいったん商品を購入したことにする場合が多いので、現金化した分も経費として計上できるのです。
何より、クレジットカード現金化というのは融資ではありません。そのため、返済が滞ったりしなければ、信用情報に記載されることもないので、他の方法で資金調達を多様化しようと思った場合も、その審査について不利となることはありません。
事業主が資金調達の方法を多様化しようと考えた場合は、その1つとしてクレジットカード現金化も考慮しておきましょう。

クレジットカードの現金化 高すぎる換金率にはご注意を!

24時間、審査も来店の不要のクレジットカードの現金化。
これから利用しよう、と思っている人もいると思います。
では、実際に利用する時に、どうやって業者を選びますか?
どうしても、換金率の高い業者に惹かれてしまいますよね。
でも、高すぎる換金率には注意が必要なんです。
ここではクレジットカードの現金化の高すぎる換金率の注意点についてみてみましょう。

そもそも換金率って?

クレジットカードの現金化の換金率とは、カードを利用して支払った金額のうち、実際に現金として手に入る金額を表す割合です。
ほとんどの業者で〇%、という表示になっています。
たとえば、カードの利用額が10万円で換金率が80%であれば、8万円の現金が手に入るということです。
つまり、換金率が高ければ高いほどお得に利用できる、ということですね。

換金率と手数料は別?

実際にクレジットカードの現金化を利用したら、換金率通りの現金が手に入らなかった、という体験談を読んだことはありませんか?
業者にもよりますが、これは決して騙された、ということではありません。
なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?
それは、換金率の中に手数料などを含んでいない業者も多いからなんです。
換金率以外に差し引かれる可能性があるものとしては、消費税(8%)、クレジットカードの決済手数料(利用金額の5~10%)、振込手数料(1,000円程度)などがあります。
これらすべて換金率に含まれないとしたら、実際に手に入る金額はかなり少なくなってしまいますよね。
ですから、利用する業者を選ぶときには、換金率だけではなく、手数料などがどうなっているのかをしっかり調べるようにしましょう。

高すぎる換金率=悪徳業者

世の中にはたくさんのクレジットカードの現金化の業者があり、そのすべてが優良業者ではありません。
どちらかというと、悪徳業者のほうが多いくらいかもしれません。
では、優良業者と悪徳業者を見分け、安全に利用するにはどうしたらいいでしょうか。
そのひとつの目安が、換金率です。
高すぎる換金率は疑うことが大切になります。
業者のサイトを見ていると、「業界最高の換金率98%」などという表記が多いのですが、本当にこんな換金率であれば、その業者は利益なしのボランティア、ということになってしまいます。
あくまでこのような表記は顧客を得るためのうたい文句でしかなく、この他に手数料などが差し引かれ、実際に手に入る現金はこの数字をかけ離れたものになります。
ちなみに優良業者と呼ばれる業者の相場がだいたい80%前後です。
この数字をひとつの基準にして、比較してみるいいでしょう。

便利なクレジットカードの現金化ですが、業者を選ぶときには、注意が必要です。
安心に安全に利用するためにも、換金率だけを基準に業者を選ぶのではなく、手数料など総合的に判断し、異様に換金率が高い業者はなるべく避けるようにしましょう。

クレジットカード現金化に使えないカードはどんなものがある?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して現金化するため、ショッピング枠さえ使えればどんなカードでも使えると思っているかもしれません。しかし、実は現金化に使えないクレジットカードもあるのです。それではどういったカードが現金化に使えないのでしょうか?

現金化できないカードとは?

クレジットカードには決済業者がいて、その業者にはいくつかの種類があることはご存知だと思います。例えばVISAやJCB、マスターカードなどが有名ですよね。買い物で支払いにクレジットカードを出して、使えないといわれることがあるのですが、それを決めるのが加盟店かどうかです。例えばVISA加盟店ではVISAのクレジットカードが使えますし、JCBに加盟していればJCBのカードが使えます。多くの店は複数のクレジットカード会社の加盟店となっているので、大手のクレジットカード会社であれば使えないことはそれほどないでしょう。
それではカード現金化に使えないカードというのはどういうことかといえば、実はクレジットカード現金化業者が対応していないクレジットカードのこととなります。そのため、何のクレジットカードが現金化に使えないのかというのは業者によって異なります。
クレジットカードによる決済を行う場合、直接クレジットカード会社に加盟している場合と、加盟している決済代行会社と契約しているかのどちらかとなるのですが、クレジットカード現金化業者はまず直接加盟していることはなく、ほとんどが決済代行会社と契約しています。そのため、実際にクレジットカードの現金化に使えないカードかどうかは、決済代行会社によって決まるのです。

クレジットカード会社によって使えるかどうかが分かる

傾向としては、VISAやマスターカードのクレジットカードが使えないということはまずありません。しかしJCBやアメックスのクレジットカードは決済の手数料が高くなるので、現金化に使えない業者が増えてきます。
また、クレジットカードを発行している会社によっても使えないことがあります。例えば銀行が発行元となっているカードや、JCBが直接発行しているクレジットカードなどはその内容についてもチェックされることが多く、不審な買い物をしている場合には詳しく調べられることがあります。そのため、業者によってはトラブルを避けるため、現金化には使えないことがあります。アメックスなどはさらに厳しく、調査名目で利用停止にされることも多いのです。
クレジットカード現金化に使えないカードは業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。