クレジットカードの現金化 高すぎる換金率にはご注意を!

24時間、審査も来店の不要のクレジットカードの現金化。
これから利用しよう、と思っている人もいると思います。
では、実際に利用する時に、どうやって業者を選びますか?
どうしても、換金率の高い業者に惹かれてしまいますよね。
でも、高すぎる換金率には注意が必要なんです。
ここではクレジットカードの現金化の高すぎる換金率の注意点についてみてみましょう。

そもそも換金率って?

クレジットカードの現金化の換金率とは、カードを利用して支払った金額のうち、実際に現金として手に入る金額を表す割合です。
ほとんどの業者で〇%、という表示になっています。
たとえば、カードの利用額が10万円で換金率が80%であれば、8万円の現金が手に入るということです。
つまり、換金率が高ければ高いほどお得に利用できる、ということですね。

換金率と手数料は別?

実際にクレジットカードの現金化を利用したら、換金率通りの現金が手に入らなかった、という体験談を読んだことはありませんか?
業者にもよりますが、これは決して騙された、ということではありません。
なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?
それは、換金率の中に手数料などを含んでいない業者も多いからなんです。
換金率以外に差し引かれる可能性があるものとしては、消費税(8%)、クレジットカードの決済手数料(利用金額の5~10%)、振込手数料(1,000円程度)などがあります。
これらすべて換金率に含まれないとしたら、実際に手に入る金額はかなり少なくなってしまいますよね。
ですから、利用する業者を選ぶときには、換金率だけではなく、手数料などがどうなっているのかをしっかり調べるようにしましょう。

高すぎる換金率=悪徳業者

世の中にはたくさんのクレジットカードの現金化の業者があり、そのすべてが優良業者ではありません。
どちらかというと、悪徳業者のほうが多いくらいかもしれません。
では、優良業者と悪徳業者を見分け、安全に利用するにはどうしたらいいでしょうか。
そのひとつの目安が、換金率です。
高すぎる換金率は疑うことが大切になります。
業者のサイトを見ていると、「業界最高の換金率98%」などという表記が多いのですが、本当にこんな換金率であれば、その業者は利益なしのボランティア、ということになってしまいます。
あくまでこのような表記は顧客を得るためのうたい文句でしかなく、この他に手数料などが差し引かれ、実際に手に入る現金はこの数字をかけ離れたものになります。
ちなみに優良業者と呼ばれる業者の相場がだいたい80%前後です。
この数字をひとつの基準にして、比較してみるいいでしょう。

便利なクレジットカードの現金化ですが、業者を選ぶときには、注意が必要です。
安心に安全に利用するためにも、換金率だけを基準に業者を選ぶのではなく、手数料など総合的に判断し、異様に換金率が高い業者はなるべく避けるようにしましょう。

クレジットカード現金化に使えないカードはどんなものがある?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して現金化するため、ショッピング枠さえ使えればどんなカードでも使えると思っているかもしれません。しかし、実は現金化に使えないクレジットカードもあるのです。それではどういったカードが現金化に使えないのでしょうか?

現金化できないカードとは?

クレジットカードには決済業者がいて、その業者にはいくつかの種類があることはご存知だと思います。例えばVISAやJCB、マスターカードなどが有名ですよね。買い物で支払いにクレジットカードを出して、使えないといわれることがあるのですが、それを決めるのが加盟店かどうかです。例えばVISA加盟店ではVISAのクレジットカードが使えますし、JCBに加盟していればJCBのカードが使えます。多くの店は複数のクレジットカード会社の加盟店となっているので、大手のクレジットカード会社であれば使えないことはそれほどないでしょう。
それではカード現金化に使えないカードというのはどういうことかといえば、実はクレジットカード現金化業者が対応していないクレジットカードのこととなります。そのため、何のクレジットカードが現金化に使えないのかというのは業者によって異なります。
クレジットカードによる決済を行う場合、直接クレジットカード会社に加盟している場合と、加盟している決済代行会社と契約しているかのどちらかとなるのですが、クレジットカード現金化業者はまず直接加盟していることはなく、ほとんどが決済代行会社と契約しています。そのため、実際にクレジットカードの現金化に使えないカードかどうかは、決済代行会社によって決まるのです。

クレジットカード会社によって使えるかどうかが分かる

傾向としては、VISAやマスターカードのクレジットカードが使えないということはまずありません。しかしJCBやアメックスのクレジットカードは決済の手数料が高くなるので、現金化に使えない業者が増えてきます。
また、クレジットカードを発行している会社によっても使えないことがあります。例えば銀行が発行元となっているカードや、JCBが直接発行しているクレジットカードなどはその内容についてもチェックされることが多く、不審な買い物をしている場合には詳しく調べられることがあります。そのため、業者によってはトラブルを避けるため、現金化には使えないことがあります。アメックスなどはさらに厳しく、調査名目で利用停止にされることも多いのです。
クレジットカード現金化に使えないカードは業者によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードを現金化する時、入金まではどれくらいかかる?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、業者によって入金されるまでの時間が異なります。実際にはどのくらいかかるものでしょうか?

・入金にかかる時間は?

現金化するためにかかる時間でよくみられるのが、「即日」という文字でしょう。一見すると早いように感じますが、実際には2~3時間かかる場合や、午前中の申し込みのみ当日の午後には入金される、という場合もあります。余裕がある時なら気にならないかもしれませんが、今すぐに現金が必要という時には待ちきれない場合もあるでしょう。また、業者によっては即日ではなく、1週間近くかかることもあります。
それでは、クレジットカード現金化業者の中でも特に入金が早い業者はどのような手法を取る業者でしょうか?

・クレジットカード現金化の手法は?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者の手法には、主に買取方式を取っている業者と、キャッシュバック方式を取っている業者があります。買取方式の業者は、商品を購入してその商品を業者に買い取ってもらう、という形式になります。正式には手元に商品が届き、それを業者に送ることで買取が成立して入金されるという形になるのですが、中にはただ商品を購入したという形式だけを取って商品を発送せず、入金する場合もあります。
実際に商品を送る場合はタイムラグが生じるので、全ての手続きが終わるまで1週間前後かかることとなるでしょう。一方、商品を送って買い取る体で現金化され、入金するのであれば時間はかからないのですが、クレジットカード現金化の実体が把握されやすいというリスクが生じてしまい、違法性が高いとして表面化しやすく、摘発される危険性も高くなります。
一方、キャッシュバック方式でのクレジットカード現金化の場合は、クレジットカードでの購入が確認され次第入金することに何の問題もありません。キャッシュバックなので、購入と同時であっても自然な流れとなります。ただし、実際に消費を送らない業者の場合はやはり違法性が高くなるので、形ばかりでも商品を送ってくる業者を選びましょう。
クレジットカード現金化業者を選ぶポイントは、入金の早さと換金率が重要となります。このうち特に入金の早さを重視するのであれば、キャッシュバック形式で現金化を行っている業者を選ぶように気を付けた方がいいでしょう。ただし、入金が早くても換金率が低いこともあるので、なるべく評判の良い業者を選んだ方がいいと思います。

クレジットカードを換金する際にポイントサイトを利用する業者もある

クレジットカードのショッピング枠を現金へと換金している業者はたくさんあり、その換金率や換金方法は様々です。中には換金の為にポイントサイトを利用している業者もあるのですが、その方法とはどういったものでしょうか?

・ポイントサイトとは?

ポイントサイトというのは、広告やコンテンツの利用によってポイントが加算されていくサイトです。貯めたポイントは換金したり、景品と交換したり、他のショッピングサイトのポイントに変換したり等、様々な利用方法があります。
現金化するためには、まずポイントサイトにあるクレジットカードでの決済が可能なコンテンツの中から、特に還元率が高いものを購入します。中には90%以上の還元率というものもあるので、そういったコンテンツが狙い目となります。
実はこの方法であれば、わざわざクレジットカードを利用しなくても、アンケート等に応えて無料でポイントを集めることで換金できます。そのため、換金を目的として地道にポイントを集め、お小遣いを稼いでいる主婦もいます。ただしそれにはかなりの時間がかかるため、純粋に換金を目的とするのは難しいでしょう。

・ポイントサイトを利用した換金方法

普通にポイントサイトを利用して換金しようとすれば、ポイントサイトによって直接口座に振り込んでもらえる場合や、翰林率がいい商品に交換できる場合等があります。ただしいずれも即日ではなく、数日かかってしまうというデメリットがあります。
そのため、換金目的で利用するのであれば、ポイントサイトの中でもクレジットカードの現金化を目的としたサイトを利用するといいでしょう。ポイントサイトとはいっても、その内容はキャッシュバックを利用した現金化業者と同じで、キャッシュバックが付いている商品をクレジットカード決済してポイント還元します。利用するためにはまずサイトに会員登録をして、ログイン後にキャッシュバック付きの商品をカードで購入します。するとポイントが付与されるので、後は換金を選んで振り込まれるのを待ちます。この場合、目的が換金なので通常のポイントサイトとは違い、すぐに振り込まれます。
普通の換金業者とは違い、いったんポイントとして還元されるという点がポイントとなります。もしも直接クレジットカードショッピング枠を換金する業者が規制されたとしても、ポイントサイトを利用した業者は残る可能性が高いでしょう。

クレジットカードを現金化することによるリスクとは一体なに?

クレジットカードを現金化するということは、クレジットカードのキャッシングではなく、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するということです。当然ながら、クレジットカードの正しい使い方ではないので、様々なリスクもあります。

・現金化は違法?

まず、多くの人が気にする違法性についてですが、クレジットカードの現金化というのは違法ではないといわれています。ただし完全な違法ではないという判断なので、いわゆるグレーゾーンとなっています。また、クレジットカードの利用規約には、換金目的での利用を禁止することが明言されていることもあり、クレジットカードの現金化をしていることがクレジットカード会社に知られた場合は利用停止、もしくはカード契約の解除などの処分がされる可能性というリスクもあります。
クレジットカードの現金化をする場合、商品を購入して売却する、という手法が一般的です。しかし商品によっては換金率が低いため、例えば現金化を目的とした商品を10万円分購入しても5万円にしかならない場合がある、というリスクも生じます。これではもったいないので、なるべくなら換金率が高い商品を選びたいでしょう。
一般的に現金化を目的として購入されることが多い商品としては、新幹線チケット、ゲーム機、ブランドバッグ、貴金属などがあります。このうち新幹線チケットは換金率がおよそ90%と高いものの、よく現金化を目的として買われているためクレジットカード会社でもチェックされやすい商品であり、発覚しやすいというリスクがあります。
しかしそれ以外の換金率は一般的にゲーム機で70%前後、ブランドバックや貴金属は60%前後といわれているので、あまり効率的とは言えません。そのため、最近ではAmazonなどのギフトカードがよく使われていますが、こちらは現金化するのに時間がかかることがある、というリスクが存在しています。

・リスクを少なくして現金化したい

なるべく現金化するためのリスクを減らしたい場合は、クレジットカード現金化業者を利用したほうがいいでしょう。ただし、中には悪質な業者もいるため、どの業者を利用するかはよく考える必要があります。
現金化するためのリスクが少ない業者を選ぶためには、サイトの口コミをチェックしてみましょう。ただしグレーゾーンということもあって口コミが少ない場合もあるので、その場合はランキングを付けているサイトをチェックして、なるべく上位の業者を選ぶといいでしょう。
なるべくリスクを少なくして、クレジットカードを現金化しましょう。

クレジットカード現金化で、返済の管理を簡単にしよう

クレジットカード現金化は、キャッシング枠を使い切った人が仕方なく手を出すようなイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、クレジットカード現金化は返済の管理に便利だからと、積極的に利用する場合もあります。それはどういった場合でしょうか?

・返済を一元化しよう

クレジットカードのキャッシングを利用した場合、毎月その返済をしなくてはいけません。それが一カ所であればいいのですが、複数から借り入れていてそれぞれ返済金額や引き落とし日などが異なる場合は、思わず忘れてしまい焦ることもあるでしょう。できればひとまとめにしたいけれど、そこまでキャッシング枠に余裕がないのでできないため、黙って返済を続けていることもあるでしょう。
そんな時に便利なのが、クレジットカード現金化による管理です。その方法もシンプルなので、煩わしい返済に悩みたくない人は積極的に利用しましょう。通常、キャッシング枠よりもショッピング枠の方が大きいため、なるべく大きい利用限度額のクレジットカードを選べば大丈夫でしょう。
やり方としては、まずすべてのキャッシング残高を計算します。この時、利息についても正確に計算できるように気を付けて、不明な場合は電話などで確認しましょう。その後、全額を返済できるだけのショッピング枠があるクレジットカードを選び、そのクレジットカードを返済に必要な分だけ現金化します。そして、そのお金でキャッシング残高を返済しましょう。
そうすると、後の返済は現金化したクレジットカードだけとなるので返済の管理が簡単になります。毎月何カ所にも返済するよりも、一社に対して返済するほうが簡単でしょう。また、毎月の返済金額も1カ所だけなので、返済金額も減らすことができるので生活も楽になるでしょう。さらに、ショッピングのリボルビング払いにした場合、多くはキャッシングのリボルビング払いよりも利率が低いことが多いため、利息についても節約できるようになります。

・個人情報は大丈夫?

クレジットカード現金化業者を利用する場合、個人情報の管理などを心配する人も多いのですが、実際には業者が確認するのは本人のカードかどうか、ということくらいであり、細かい個人情報については特に管理していません。そのため、クレジットカードの個人情報を管理しているのはあくまでもクレジットカード会社となります。そのため、クレジットカード現金化業者を個人情報管理に対する不安から敬遠せず、返済を簡単に管理できるように積極的に利用していきましょう。

クレジットカードの現金化には一体どんなメリットがあるの?

クレジットカードのショッピング枠を現金化することには、実はメリットがあります。しかし、そのことを知らない人も多いでしょう。クレジットカードの現金化にはどういったメリットがあるのでしょうか?

クレジットカード現金化のメリットは?

クレジットカードにはショッピング枠の他にキャッシング枠というものもあります。このキャッシング枠については、総量規制という法律によって最大でも年収の3分の1まで、と定められているため、まず年収を証明する書類を提出しなければいけないといった決まりがあります。また、定収入や専業主婦の方であれば、その審査に通らずキャッシング枠が作れない場合もあるでしょう。
しかし、ショッピング枠にはそういった決まりがないため審査もなく、キャッシング枠よりも大きい金額となります。そして、クレジットカード現金化の際に使われるのはこのショッピング枠となります。そのため、キャッシング枠を作れなかった人でもクレジットカード現金化なら、キャッシングのように現金を手に入れることができるというメリットになります。
また、総量規制にも引っかからないため、例えばすでに限界まで借金をしているという人であっても、ショッピング枠はそのまま使えるので、現金化ができるというのもメリットです。
また、クレジットカードのキャッシング枠やサラ金などからお金を借りた際には信用情報にそのことが記載されます。借金の返済が滞った場合や、自己破産などをした際には信用情報に乗せられて借金ができなくなりますが、ショッピング枠だけのクレジットカードであれば発行できます。そうなると、クレジットカード現金化業者を利用して現金を手にいれることができる、というメリットもあります。

クレジットカード現金化はスピードが最大のメリット

業者にもよりますが、クレジットカード現金化には時間がかからないというのもメリットです。最短なら1時間もかからず、即日と書かれている場合はその日のうちに現金化できるのが大きなメリットでしょう。
クレジットカード現金化には様々なメリットがあります。それは主にキャッシングとは異なるからこそ生じるメリットなので、キャッシングの際に困るようなことの多くがメリットとなります。
実際にクレジットカード現金化を利用するのであれば、信頼できる業者を選んで利用した方が安全です。そのためには口コミサイトや、ランキング形式で紹介しているサイトなども参考にしてみましょう。

クレジットカードの換金効率がいい現金化の方法とは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには様々な方法がありますが、どうせなら換金効率がいい方法を利用したいと思うのが当然です。それでは換金効率がいい現金化の方法にはどのようなものがあるでしょうか?

・自分でできる換金効率のいい方法

自分でもできる換金効率がいい方法としては、まず新幹線チケットをクレジットカードで購入し、金券ショップに売却するという方法があります。この方法は昔から行われていて、人気がある区間のチケットであれば90%前後、不人気の区間であってもまず80%以下となることはないでしょう。
ただし、昔から使われていた方法だけあって、新幹線チケットを購入した場合にはクレジットカード会社にチェックされることがあります。特に短期間のうちに何度も新幹線チケットを購入した場合、または何十万円分も一度に購入した場合には間違いなくチェックを受けることとなり、場合によってはカードの利用停止、もしくは契約解除となってしまいます。
そこで現在注目されているのが、ギフト券などを利用した現金化です。ギフト券といっても、デパートの商品券などはクレジットカードで購入できなくなっています。そこで現在よく使われているのが、Amazonギフト券やiTunesカード、GooglePlayカードです。コンビニでも良く見かけますよね。換金効率は、Amazonギフト券なら90%前後、iTunesやGooglePlayのカードは80%前後となっています。
ただし、こうしたカードはあまり金券ショップでは買い取ってくれません。そのため、ギフト券売買サイトや個人売買サイトで売却することになるのですが、売却できるまでに数日かかることがあります。また、自分で取引することになるので、何らかのトラブルがあった場合には自分で対処する必要があります。

・換金効率が良く安全な方法

それ以外にも現金化の方法はいくつかありますが、いずれも換金効率は良くありません。そこで換金効率が良く、なおかつ安全性が高い方法として、カード現金化業者の利用をお勧めします。カード現金化業者を利用した場合、その業者によって異なりますがおおよそ80%から90%でショッピング枠を現金化してくれます。申込も簡単で、中には24時間即時現金化プランなどを用意している業者もあり、必要な時にはすぐに現金化することができます。しっかりとしたノウハウもあるので、カード会社から警戒されないように現金化をしてくれるため、安全性と換金効率を考えた場合、やはりカード現金化業者に任せるのが一番といえるでしょう。

クレジットカード現金化!タイミングが大事!換金率等を比較

もしもの時の現金の調達方法として便利なクレジットカードの現金化。
24時間365日利用できるところが最大の魅力です。
でも、クレジットカードの現金化を利用する時は、できるだけお得に使いたいですよね。
クレジットカードの現金化はタイミングによって換金率などが変化します。
ここでは、どのようなタイミングで利用するとお得なのか、ご紹介していきましょう。

・プランを比較しよう

いつでも使えるクレジットカードの現金化ですが、たいていの業者は2つのプランがあります。
ひとつめは、通常プランなどと呼ばれる、数日後に送金となるもの。
もうひとつは、即日プランなどと呼ばれる、当日中に送金できるものです。
この即日プランは、通常プランと比べると換金率が低くなっています。
ですから、時間的に余裕があるのであれば、通常プランの方がよりお得に利用できることになります。
どうしても今日中に、という場合以外は、通常プランを利用しましょう。

・換金率アップのキャンペーンを利用しよう

クレジットカードの換金率はいつも同じではありません。
換金対象になる商品によって、時期や在庫状況などで換金率が変化します。
また、業者によっては換金率がお得なキャンペーンをしている場合もありますので、このようなタイミングを狙うと高い換金率でお得に利用できます。
どうせ利用するなら、このようなキャンペーンのタイミングを狙いましょう。
そのためにも、クレジットカードの現金化を考える場合、キャンペーンなどの情報をこまめに収集することが大切です。
換金率アップや手数料を安くするなどのキャンペーンが1日限り、という場合は少ないので、1週間に一度くらいはチェックするようにしてみて下さい。
また、使いたいタイミングで複数の業者を比較して、キャンペーンなどをやっている業者を選ぶ、というのも、賢い利用方法だと思います。
換金率が1%変わるだけで、実際に入金される金額は変わってしまいます。
利用する時は、タイミングを図って、業者を比較してみましょう。

・実際にクレジットカードの換金を利用するタイミングは?

ここからは、実際にクレジットカードの現金化を利用したタイミングをみてみましょう。
〇生活費
お給料日前で、どうしてもピンチ!
でも、借金はしたくない…。
そんなタイミングではクレジットカードの換金が便利です。
〇銀行などの支払い
実際に多くの人が利用するのはこのタイミング。
クレジットカードの現金化では、利用目的などは全く制限がないので、支払いが足りない、という時でも使えます。
どんな支払いにでも使えるので、今までの借金をまとめる、という利用方法もできるんです。
複数の借金がある場合は、すべての支払いをひとつにすることで、毎月の負担を軽くすることもできますね。
〇急な冠婚葬祭など
結婚式は事前にわかりますが、急な葬儀の場合はお金の準備が間に合わない時もありますよね。

このように、クレジットカードの現金化はよりお得に、様々なタイミングで活用できます。
ただ、キャッシング枠に空きがなければ利用できませんので、もしもの時のために、キャッシング枠を確認して、賢く利用しましょう。

クレジットカードを現金にして、さらにポイント化しよう!

クレジットカードの大きな特徴に、ポイントがつくことがあります。
使うたびに付くポイントは商品と交換したり、ギフト券と交換することができます。
このポイントは、現金化した時にも付くのでしょうか?
今回は、クレジットカードの現金化でつくポイントについてご紹介します。

クレジットカードの現金化はポイントもたまる!

クレジットカードは、利用金額に応じてポイントが付く、とってもお得なカードです。
このポイントは、クレジットカードを現金化してもたまります。
クレジットカードの現金化は、ショッピング枠で普通に買い物をし、それを業者に換金してもらう、またはキャッシュバックがつく、という形なので、いつも通りにポイントがつきます。
もちろん、実際に現金化した金額ではなく、あくまでもクレジットカードを利用した金額にポイントが付きます。
また、カード会社によってつくポイントが違います。
もし、複数のカードを持っていて、現金化を考えるのであれば、ポイントについても考えて、どのカードを使うかを決定しましょう。
せっかく、クレジットカードである程度の金額を使うのであれば、ポイントがたまりやすいほうが断然お得です。
この時、ポイントがたまりやすい、だけではなく、貯まったポイントがどのくらいの価値になるのか、も注意して下さい。
同じ1000ポイントでも、それが1000円相当の価値になるものと、実際利用する場合には500円の価値にしかならないものとでは、大きな差があります。
たくさんポイントがつくカードであれば、業者での換金率が低くても、この時についたポイントをギフト券などに交換すると、さらに換金率が上がることになります。
ついたポイントでギフト券などを発行し、金券ショップなどで換金すれば、さらに現金が手に入ることになるからです。

キャッシング枠ではポイントはつかない

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つがあります。
同じクレジットカードでも、キャッシング枠にはポイントは付きません。
だったら、現金を手に入れるには、ショッピング枠の現金化のほうがいいのか、というと、そうではありません。
クレジットカードの現金化では、クレジットカードの返済につく利子に加え、現金化の時に業者に払う手数料なども発生します。
ですから、実際の換金率、で考えると、お金を借りるのは、キャッシングのほうがお得なんです。
あくまで、クレジットカードショッピング枠の現金化は、いざという時、どうしようもない時の最終手段にしましょう。

今すぐ現金が必要だ、と思っていると、なかなかクレジットカードのポイントのことまで考えられないかもしれませんが、このポイントのことも考えると、クレジットカードの現金化をよりお得に利用できます。
お手持ちのカードのポイントについて、一度、調べてみましょう。