クレジットカードで換金するやり方!個人と業者どう違うの?

クレジットカードを利用して、直接現金に換えることはキャッシング以外できません。
ショッピング枠を使って現金化するには、ショッピング枠で商品を購入し、その商品を換金するというように、間接的に行う必要があります。
この時、自分で換金するか、業者を間に挟んで換金してもらう(またはキャッシュバックを受ける)かのふたつのやり方があります。
今回はこのふたつのやり方についてご紹介しましょう。

個人で換金するやり方

ではまず、個人で換金するやり方ですが、いたってシンプルです。
それは、クレジットカードで購入でき、さらにオークションやリサイクルショップ、金券ショップなどで買い取ってもらえる商品を購入し、転売する、というもの。
具体的には、ブランド品、ゲーム機、スマートフォン、金券などが対象となります。
ブランド品は商品によっては高額で買い取ってもらえるので、クレジットカードの現金化には適しています。
ただし、時期や商品の種類によっていつも買取相場が変動するので、見極めが必要です。
ゲーム機、スマートフォンは、購入も換金も比較的スムーズにできますが、最近は中古ではそれほど需要がなく、高額での買取は期待できません。
金券は、クレジットカードを自分で現金化する場合にもっともポピュラーなやり方です。
以前は新幹線の回数券などがよく現金化の対象にされていました。
これは、新幹線の回数券はどこでも購入でき、常に需要があるので、どこの金券ショップでも買い取ってくれたからです。
しかし現在は、新幹線の回数券での現金化は、クレジットカードの利用停止になるリスクが非常に高いので、おすすめできません。
クレジットカードを使って転売目的の商品を購入することは、カード会社の利用規約に反することです。
そのため、カード会社では、換金性が高い商品を複数購入するような行為を監視しています。
換金率の高い新幹線の回数券を複数購入したり、住んでいる地域とは全く関係のない区間の回数券を購入したりすることは、カードの利用停止になる可能性が非常に高く、できる限りやめたほうがいいでしょう。

業者を間に挟む換金のやり方

こちらは、業者が指定する商品を購入し、業者に転売してもらうやり方と、業者が指定する商品にキャッシュバックがある、という名目で現金を手に入れるやり方の2つがあります。
たいていの業者ではどちらにするか選べるようになっていますが、どちらにするかで入金までの時間や換金率が変わりますので、自分に合ったやり方を選択するのがいいと思います。
また、業者を挟む場合、どの業者にするか、業者選びが最大のポイントになります。
換金率やかかる時間などを比較して、しっかり選びましょう。

以上、クレジットカードを現金化する場合の2つのやり方をご紹介しました。
時間に余裕があり、ある程度ブランド品などの知識があり、悪徳業者などが怖くて仕方ない、という人は、個人でも転売もいいと思います。
でも、どうしても急いで現金が欲しい場合は、業者を頼るのがいいのではないでしょうか。
自分の状況に合わせて、どちらにするかを選びましょう。

クレジットカードの現金化、換金は個人より業者がおすすめ!

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を調達することです。
具体的には、クレジットカードを使って商品を購入し、その商品を換金して現金にします。
これには、個人で商品を買って転売する方法と、業者を間に挟んで行う方法との2つがあります。
ここでは、この2つを比較してみたいと思います。

・個人で行うメリット

何といってもメリットは、自力ですべて行うため、手数料が発生しない、ということです。
商品が売れた金額がそのまま手元に残るので、購入する商品によっては還元率が高くなります。

・個人で行うデメリット

自分で商品を購入して、オークションや金券ショップなどで転売しなければならないので、多くの日数や手間がかかり、面倒です。
また、オークションなどでは、希望通りの金額で売れるとは限りません。
手間暇かけて、結局換金率50%、ということも十分にあり得ます。
そして、最大のデメリットは、転売目的で商品を購入した、とカード会社に疑われ、カードの利用停止や全額一括返済を求められる危険性があることです。
カード会社では、個々のカードの利用状況を監視しています。
転売が予想されるブランド品や金券など、普段買わないような商品を複数買うなどすると、カード会社から審査が入ったりすることもあります。
今現金が必要なのに、カード利用額の一括返済、なんてことは最悪の結果ですよね。
このような事態にならないためにも、個人で換金しようという場合は細心の注意が必要になります。

・業者を挟むメリット

業者を間に挟んで現金化する場合、早く簡単に現金が手に入ります。
ネットなどで指示された通りに商品を購入(あるいは購入したことに)して、その商品をそのまま業者に転売してもらう、または、キャッシュバックを受けます。
これらはネットで簡単に終了します。
また、申し込んだ時点で換金率は決定しているので、よほどの悪徳業者でない限り、こんなはずじゃなかった、という結果にはなりません。
さらに、専門の業者ですから、カード会社にバレてカードの利用停止、などの危険性は個人の転売に比べると格段に低くなります。
早く、簡単に、決まった金額で、そしてなにより安全に換金できるのが、業者を挟んだ換金のメリットです。

・業者を挟むデメリット

間に業者を挟むという性質上、手数料等が発生するのは当たり前のことです。
この手数料の分、換金率が低くなってしまうのが、業者を間に挟んだ場合のデメリットです。

個人で換金するにしても、業者を間に挟むにしてもそれぞれメリット、デメリットはあります。
しかし、トータルで考えると、業者を間に挟んで換金するのが断然おすすめ。
なにより、カードの利用停止や全額一括返済という事態にならないためにも、業者を利用するのか賢い方法です。

クレジットカードの現金化には換金率の相場がある

24時間利用できるクレジットカードの現金化。
でも、業者もたくさんあって、換金率もそれぞれバラバラです。
少しでもお得に、と考えると、一番換金率が高い業者に申し込むのがいいように感じますよね。
でも、ちょっと待って下さい。
換金率には相場があり、相場よりも高すぎる換金率を打ち出している業者は逆に注意が必要なんです。
ここでは、クレジットカードの換金率の相場について調べてみました。

・換金率の相場

この場合の換金率とは、実際にクレジットカードで支払った金額のうち、手に入る現金の割合を示します。
この換金率は、利用する金額によって変化します。
大まかな相場は、次のようになっています。
1~10万円→75%~78%
10~20万円→78%~80%
20~50万円→80%~87%
50~100万円→87%~90%
50~100万円→90%~92%
プランやキャンペーンなどによって換金率は変化しますが、この換金率をひとつの目安にしてみて下さい。
また、この換金率の中に、手数料などを含んでいる業者と、含んでいない業者があります。手数料などが換金率に含まれない場合は、実際に現金化される金額が低くなってしまいまので、注意して下さい。
また、クレジットカードの現金化には、クレジットカードで買い物をしてその商品を業者に買い取ってもらう方式と、クレジットカードで買い物をした商品にキャッシュバックがついているという方式の2つがあります。
どちらの方式にするかでも、換金率が変わり、また、入金されるタイミングも変わってくるので、利用する前に確認しましょう。

・換金率で業者を見分ける!

換金率の相場を知ることには、二つの意味があります。
ひとつは、お得に利用できること。
もうひとつは、優良業者と悪徳業者を見分ける基準になることです。
利用金額に関わらず、一定の高い換金率を提示している業者は疑ったほうがいいと思います。
利用金額が10万円で90%の換金率で取引をしていたら、利益がほとんど発生しませんよね。
ボランティアでクレジットカードの現金化をしている業者がいるわけはありません。
異様に高い換金率を提示する業者には何かがある、と思って間違いはありません。
利用する業者を選ぶときには、換金率の相場の範囲内かどうか、も確認してみましょう。

このように、換金率の相場を知っておくことで、お得に利用でき、また、悪徳業者への対策にもなります。
クレジットカードの現金化を考えるならば、換金率の相場を意識して、賢く利用しましょう。

ショッピング枠の換金は24時間年中無休でお金が用意できる唯一の方法!

どうしてもお金が必要なのに、お金がない…。
そんな時、考えるのは借り入れだと思います。
でも、借り入れには、審査などが必要で、借りたい時にすぐに借りられるわけではありませんよね。
でも、ショッピング枠に余裕があるクレジットカードさえあれば、24時間いつでもすぐに現金が手に入る方法があるんです。
ここでは、24時間換金が可能なクレジットカードの現金化をご紹介します。

・24時間営業の金融機関はない

金融業など、お金を貸してくれる業界は、法律によって営業時間が決まっています。
ですから、コンビニなどがこれほどまで24時間営業をしている現在であっても、深夜まで営業している金融業はないんです。
でも、状況によっては、どうしても深夜にお金が必要になることもあるかもしれません。
そんな時クレジットカードの現金化が便利です。
クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠から現金を借り入れる方法です。
この方法は、クレジットカードで買い物をしてその商品を業者に換金してもらう、または、クレジットカードで買い物をした商品にキャッシュバック、という形になっています。
ですから、金融業に課せられている法律は適応にならず、結果的に24時間営業ができるのです。

・審査も来店も必要なし!

クレジットカードの現金化は、正式には借金、ではなく、クレジットカードで購入した商品の換金という形をとっています。
新たなカードを契約するのではなく、すでに持っているカードを使用しますから、時間がかかる審査がありません。
また、取引のすべてネットでできるので、来店する必要もないんです。
このように、どうしてもお金が必要な時、審査も来店も不要で、しかも24時間利用できるものは、このクレジットカードの現金化しかありません。

・100%24時間換金できるわけではないのでご注意を!

とは言っても、絶対に24時間利用できるわけではありません。
まず1つ目はネットバンキンクに口座がない場合です。
クレジットカードの現金化は銀行間での入金という方法をとっています。
ですから、深夜など銀行が営業していない時間で利用する場合は、ネットバンクの口座が必要になります。
ネットバンクの口座がないと入金の確認ができないので、注意して下さい。

2つ目は24時間営業をうたい文句にしていても、実際には24時間営業ではない現金化業者に申し込んでしまった場合です。
このような業者の場合、次の日などになってしまうことがあるので、申し込む前にしっかり確認しましょう。

このように24時間換金できるクレジットカードの現金化。
もしもの時には強い味方になってくれますよ。