換金するクレカを選ぶときは、ポイントにも注目しよう

いざというときに頼りになるクレジットカード現金化ですが、換金するとしても複数のクレカを持っているのが今は当たり前です。
その中でどのクレカを利用するか選ぶときには、そのカードのポイントにも注目しましょう。
なぜ、換金するクレカを選ぶときにはポイントに注目するべきなのでしょうか?

換金の際は、クレカによってポイントが付与される

クレジットカード現金化というのは、換金するクレカのショッピング枠を利用して現金を手にすることができる方法です。
その際、クレジットカード会社には買い物をしたものとして扱われるため、ポイントやマイルなどのサービスがあるクレカの場合は、通常の買い物と同様にポイントが付与されることになります。
通常、クレカのポイントは100円から300円ごとに1ポイントが付与されることとなるのですが、キャンペーンなどによってはその数倍のポイントが付与されることとなるでしょう。
このポイントは、換金するクレカの会社によって異なりますが、買い物に利用することができる場合が多いため、実質的に現金と同じように扱うことができます。
つまり、換金する際の還元率を高くできるのとおなじことになります。
そう思うと、ポイントを無視するというのは非常にもったいないことだと思いませんか?

換金するのにおすすめのクレカは?

それでは、実際に換金する場合におすすめとなるクレカはどのようなものでしょうか?
まず、楽天市場が発行する楽天カードであれば、使用した金額が税抜100円につき1歩イント付与されます。
キャンペーンも豊富で、あらかじめ申し込んでおけば様々な条件に応じてポイントが付与される場合もあります。
楽天のポイントは楽天市場で使えるのはもちろんですが、それ以外にも加盟テインなどで支払いに利用することもできます。
Tポイントが付くTカードも、換金するクレカにはお勧めです。
Tカードは、200円につき1ポイントが付与されるのですがTポイントの使い道は幅広く、ツタヤだけではなくコンビニやガソリンスタンド、銀行などとも提携しています。
それ以外にも、JALやANAなどのクレジットカードはマイルが貯まるので、旅行によく行く人にとってはうれしいおまけとなるでしょう。
換金する時に、クレカをよく選ばなければこういったポイントを無駄にしてしまうこともあるので、よく考えて選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化をするときには、換金するクレカをよく選ぶことで付与されるポイントの分得をすることができます。
ポイントは、使い道が限定されるものの現金と同じように使えるため、実質的に換金率を上げることにもつながります。
換金の際は、自分にとって使い道の多いポイントが付くクレカを選ぶようにしましょう。

換金する前に比較サイトを参考にするメリットは?

クレジットカード現金化業者で換金する前にチェックすべきなのが、各業者の比較サイトです。
自分で情報を集めて各現金化業者を比較する事も出来ますが、換金する前にチェックすべき比較サイトには、どんなメリットがあるのでしょうか?

換金する前に比較サイトを参考にするメリット①

まず1つ目に、 “各業者の良い所も悪い所も知る事が出来る”というメリットがあります。
現金化業者にはそれぞれ自社のサイトがありますが、自社のサイトではなかなか悪い所を知る事が出来ません。
換金率や即日発行可能等、当然自社の良さだけをアピールします。
従って、各業者のサイトを見ていると、どの現金化業者も優良業者に見えてしまい、なかなか比較しにくいのです。
比較サイトはアピールポイントを掲載しつつ、弱点も掲載してくれている場合が多いです。
“換金率は高いですが、少し入金に時間がかかる”という風に、利用者にとって非常に有益な情報が手に入りやすいのです。

換金する前に比較サイトを参考にするメリット②

比較サイトを参考にすれば、“良い現金化業者の見逃しが少なくなる”というメリットもあります。
自分で現金化業者を比較したり、調べたりする際は、検索エンジンでヒットしやすい現金化業者から調べるのが一般的でしょう。
“評価が高い”、“換金率が高い”等の検索ワードで検索し、その中から比較すると分かりやすいと思います。
ただこの方法だと、“認知度は低いが評価が高い現金化業者”を見逃しやすくなります。
検索エンジンでヒットしやすい現金化業者も、もちろん評価が高かったり、実績があったりする可能性は非常に高いです。
ただヒットしやすいからと言って、必ずしも優良業者とは限りません。
逆に知名度がない現金化業者でも、非常に換金率が高く、サポートも手厚い業者である可能性があります。
換金する前にチェックすべき比較サイトのランキングは、どこのサイト同じ現金化業者で構成されている訳ではありません。
様々なランキングを参考に出来るので、複数の比較サイトを利用すれば、知名度は低くても評価が高い現金化業者を見逃しにくくなるでしょう。

多くの比較サイトで上位の現金化業者は信頼性が高い

有名な現金化業者が必ずしも優良とは限らないという話をしましたが、複数の比較サイトで上位にランクインしている業者は、非常に信頼性が高いと言えます。
もっと言えば、検索してもすぐにヒットしないにも関わらず、複数の比較サイトにランクインしている現金化業者は、“隠れ優良業者”だと言えます。
利用者が少ない現金化業者は口コミが少ないので、あまり評価されない事が多いですが、比較サイトでプッシュされているのならチェックしてみるのもアリでしょう。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらいかかる?

クレジットカードの現金化業者は、換金率が高くても手数料がかなり差し引かれるケースがあります。
では換金にかかる手数料は、安いところで一体どれくらいかかるのでしょうか?
高いところの手数料と比較してみましょう。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらい?①商品の配送料

キャッシュバック方式、商品買取方式といった現金化業者がありますが、換金率から必ず引かれるのが商品の配送料です。
これはいくら手数料が安いところでも、確実に差し引かれます。
換金率から差し引かれる商品の配送料は、安いところだと大体1,000円までで収まります。
高いところでも2,000円程度なので、もしそれ以上の配送料がかかるようであれば、少し怪しい業者かもしれません。
商品の配送料はサイズや配送エリア、配送業者によって決まっている為、ごまかしが効きません。
従って、不安な方は事前に商品の配送料を聞いておくだけでなく、どこの配送業者が商品を持ってくるのかも聞いておくべきでしょう。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらい?②振込手数料

振込手数料は、換金されたお金が振り込まれる際に発生する手数料です。
現金化業者が指定する金融機関によって額は異なりますが、安いところだと数百円程度しかかかりません。
ただ振込手数料は、金額が大きくなると高くなる金融機関もあります。
指定された金融機関の振込手数料を調べてみるというのが1番無難でしょう。
振込手数料が数千円差し引かれるという事が基本的にありませんので、1,000円を超えるようであれば悪徳業者の可能性があります。

換金にかかる手数料は安いところでどれくらい?③消費税

換金をする為には商品を購入しなくてはいけないので、当然消費税がかかります。
もちろん消費税は、商品を購入する時点ですでに8%が差し引かれています。
ただ言い換えると、換金率から消費税8%が差し引かれているとも言えるのです。
消費税には、安いところや高いところがありません。
換金率から消費税が差し引かれる現金化業者であれば、どの業者も8%を差し引きます。
ただ優良な現金化業者の中には、消費税が差し引かれない業者も存在します。
正直購入商品の8%を換金率から差し引かれるというのは、数十万円以上の大金を調達したい方にとって結構な痛手です。
換金率から差し引かれる消費税に安いところも高いところもないという話をしましたが、強いて言うなら“消費税がかからないところ”が安いところですね。
当サイトで紹介している現金化業者の中にも、換金率から消費税が差し引かれない業者はいくつかありますので、ぜひ参考にしてください!
額面通りの数字に近い換金率を実現出来る業者は、優良業者と言えるでしょう。

クレジットカード現金化の換金は一体どこですれば良いの?

クレジットカード現金化をする場合、換金するための商品を購入する場合があります。
しかしこの商品を換金する場合、どこで行えばいいのでしょうか?

どんな商品を購入するのか

クレジットカード現金化のために、換金率がいい商品を購入して自分で売却する、という換金方法をするためには、どこでどんな商品を購入すればいいのでしょうか?
まず、昔から換金率がいい商品として有名なのが、新幹線の回数券です。
この回数券は普通に駅などで購入すればいいのですが、換金率どこで乗り降りできるかによって異なります。
最も換金率がいいといわれるのが、需要の高い東京から大阪の新幹線回数券です。
この回数券を換金するにはどこで売却するかといえば、チケットショップや金券を取り扱う質店などです。
ただし、あまりに有名なのでクレジットカード会社でも警戒しており、大量に購入した場合や購入の際の経緯に不自然な点があった場合はクレジットカード会社から調査が入り、カードの利用を停止されることもあります。
デパートの商品券なども交換金率で有名でしたが、こちらはクレジットカードでの購入がほぼできなくなりました。
その代わりに最近使われている方法が、Amazonギフト券などの購入です。
これはネット上での決済なのでクレジットカードでの決済も可能ですが、換金するためにはどこでもできるわけではなく、ほとんどの場合ネット上の買取サイトを利用しなくてはいけません。
そうすると換金には時間がかかり、時にはだまし取られる危険もあります。
そのため、クレジットカードのショッピング枠を換金するにはどこで行うのがおすすめかといえば、クレジットカード現金化業者をおすすめします。

クレジットカード現金化業者を利用するメリット

クレジットカード現金化業者を利用するメリットとして、まずクレジットカード会社にチェックされにくい換金方法を知っているため、どこで何を購入すればいいかをしっかりと指示してくれます。
また、換金方法としては商品を購入して送付すれば換金してくれる業者と、サイトのポイントを利用して換金してくれる業者がいるのですが、ポイントを利用して換金してくれる業者の場合は即日現金化が可能なことが多いため、すぐに現金を手に入れることができます。
クレジットカード現金化で最も怖いのは、クレジットカードの利用を停止されてしまうことです。
そうならないためには換金をどこで行ったらいいか、と悩んだときは、クレジットカード現金化業者を利用しましょう。

クレジットカードで換金するやり方!個人と業者どう違うの?

クレジットカードを利用して、直接現金に換えることはキャッシング以外できません。
ショッピング枠を使って現金化するには、ショッピング枠で商品を購入し、その商品を換金するというように、間接的に行う必要があります。
この時、自分で換金するか、業者を間に挟んで換金してもらう(またはキャッシュバックを受ける)かのふたつのやり方があります。
今回はこのふたつのやり方についてご紹介しましょう。

個人で換金するやり方

ではまず、個人で換金するやり方ですが、いたってシンプルです。
それは、クレジットカードで購入でき、さらにオークションやリサイクルショップ、金券ショップなどで買い取ってもらえる商品を購入し、転売する、というもの。
具体的には、ブランド品、ゲーム機、スマートフォン、金券などが対象となります。
ブランド品は商品によっては高額で買い取ってもらえるので、クレジットカードの現金化には適しています。
ただし、時期や商品の種類によっていつも買取相場が変動するので、見極めが必要です。
ゲーム機、スマートフォンは、購入も換金も比較的スムーズにできますが、最近は中古ではそれほど需要がなく、高額での買取は期待できません。
金券は、クレジットカードを自分で現金化する場合にもっともポピュラーなやり方です。
以前は新幹線の回数券などがよく現金化の対象にされていました。
これは、新幹線の回数券はどこでも購入でき、常に需要があるので、どこの金券ショップでも買い取ってくれたからです。
しかし現在は、新幹線の回数券での現金化は、クレジットカードの利用停止になるリスクが非常に高いので、おすすめできません。
クレジットカードを使って転売目的の商品を購入することは、カード会社の利用規約に反することです。
そのため、カード会社では、換金性が高い商品を複数購入するような行為を監視しています。
換金率の高い新幹線の回数券を複数購入したり、住んでいる地域とは全く関係のない区間の回数券を購入したりすることは、カードの利用停止になる可能性が非常に高く、できる限りやめたほうがいいでしょう。

業者を間に挟む換金のやり方

こちらは、業者が指定する商品を購入し、業者に転売してもらうやり方と、業者が指定する商品にキャッシュバックがある、という名目で現金を手に入れるやり方の2つがあります。
たいていの業者ではどちらにするか選べるようになっていますが、どちらにするかで入金までの時間や換金率が変わりますので、自分に合ったやり方を選択するのがいいと思います。
また、業者を挟む場合、どの業者にするか、業者選びが最大のポイントになります。
換金率やかかる時間などを比較して、しっかり選びましょう。

以上、クレジットカードを現金化する場合の2つのやり方をご紹介しました。
時間に余裕があり、ある程度ブランド品などの知識があり、悪徳業者などが怖くて仕方ない、という人は、個人でも転売もいいと思います。
でも、どうしても急いで現金が欲しい場合は、業者を頼るのがいいのではないでしょうか。
自分の状況に合わせて、どちらにするかを選びましょう。

クレジットカードの現金化、換金は個人より業者がおすすめ!

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を調達することです。
具体的には、クレジットカードを使って商品を購入し、その商品を換金して現金にします。
これには、個人で商品を買って転売する方法と、業者を間に挟んで行う方法との2つがあります。
ここでは、この2つを比較してみたいと思います。

・個人で行うメリット

何といってもメリットは、自力ですべて行うため、手数料が発生しない、ということです。
商品が売れた金額がそのまま手元に残るので、購入する商品によっては還元率が高くなります。

・個人で行うデメリット

自分で商品を購入して、オークションや金券ショップなどで転売しなければならないので、多くの日数や手間がかかり、面倒です。
また、オークションなどでは、希望通りの金額で売れるとは限りません。
手間暇かけて、結局換金率50%、ということも十分にあり得ます。
そして、最大のデメリットは、転売目的で商品を購入した、とカード会社に疑われ、カードの利用停止や全額一括返済を求められる危険性があることです。
カード会社では、個々のカードの利用状況を監視しています。
転売が予想されるブランド品や金券など、普段買わないような商品を複数買うなどすると、カード会社から審査が入ったりすることもあります。
今現金が必要なのに、カード利用額の一括返済、なんてことは最悪の結果ですよね。
このような事態にならないためにも、個人で換金しようという場合は細心の注意が必要になります。

・業者を挟むメリット

業者を間に挟んで現金化する場合、早く簡単に現金が手に入ります。
ネットなどで指示された通りに商品を購入(あるいは購入したことに)して、その商品をそのまま業者に転売してもらう、または、キャッシュバックを受けます。
これらはネットで簡単に終了します。
また、申し込んだ時点で換金率は決定しているので、よほどの悪徳業者でない限り、こんなはずじゃなかった、という結果にはなりません。
さらに、専門の業者ですから、カード会社にバレてカードの利用停止、などの危険性は個人の転売に比べると格段に低くなります。
早く、簡単に、決まった金額で、そしてなにより安全に換金できるのが、業者を挟んだ換金のメリットです。

・業者を挟むデメリット

間に業者を挟むという性質上、手数料等が発生するのは当たり前のことです。
この手数料の分、換金率が低くなってしまうのが、業者を間に挟んだ場合のデメリットです。

個人で換金するにしても、業者を間に挟むにしてもそれぞれメリット、デメリットはあります。
しかし、トータルで考えると、業者を間に挟んで換金するのが断然おすすめ。
なにより、カードの利用停止や全額一括返済という事態にならないためにも、業者を利用するのか賢い方法です。

クレジットカードの現金化には換金率の相場がある

24時間利用できるクレジットカードの現金化。
でも、業者もたくさんあって、換金率もそれぞれバラバラです。
少しでもお得に、と考えると、一番換金率が高い業者に申し込むのがいいように感じますよね。
でも、ちょっと待って下さい。
換金率には相場があり、相場よりも高すぎる換金率を打ち出している業者は逆に注意が必要なんです。
ここでは、クレジットカードの換金率の相場について調べてみました。

・換金率の相場

この場合の換金率とは、実際にクレジットカードで支払った金額のうち、手に入る現金の割合を示します。
この換金率は、利用する金額によって変化します。
大まかな相場は、次のようになっています。
1~10万円→75%~78%
10~20万円→78%~80%
20~50万円→80%~87%
50~100万円→87%~90%
50~100万円→90%~92%
プランやキャンペーンなどによって換金率は変化しますが、この換金率をひとつの目安にしてみて下さい。
また、この換金率の中に、手数料などを含んでいる業者と、含んでいない業者があります。手数料などが換金率に含まれない場合は、実際に現金化される金額が低くなってしまいまので、注意して下さい。
また、クレジットカードの現金化には、クレジットカードで買い物をしてその商品を業者に買い取ってもらう方式と、クレジットカードで買い物をした商品にキャッシュバックがついているという方式の2つがあります。
どちらの方式にするかでも、換金率が変わり、また、入金されるタイミングも変わってくるので、利用する前に確認しましょう。

・換金率で業者を見分ける!

換金率の相場を知ることには、二つの意味があります。
ひとつは、お得に利用できること。
もうひとつは、優良業者と悪徳業者を見分ける基準になることです。
利用金額に関わらず、一定の高い換金率を提示している業者は疑ったほうがいいと思います。
利用金額が10万円で90%の換金率で取引をしていたら、利益がほとんど発生しませんよね。
ボランティアでクレジットカードの現金化をしている業者がいるわけはありません。
異様に高い換金率を提示する業者には何かがある、と思って間違いはありません。
利用する業者を選ぶときには、換金率の相場の範囲内かどうか、も確認してみましょう。

このように、換金率の相場を知っておくことで、お得に利用でき、また、悪徳業者への対策にもなります。
クレジットカードの現金化を考えるならば、換金率の相場を意識して、賢く利用しましょう。

ショッピング枠の換金は24時間年中無休でお金が用意できる唯一の方法!

どうしてもお金が必要なのに、お金がない…。
そんな時、考えるのは借り入れだと思います。
でも、借り入れには、審査などが必要で、借りたい時にすぐに借りられるわけではありませんよね。
でも、ショッピング枠に余裕があるクレジットカードさえあれば、24時間いつでもすぐに現金が手に入る方法があるんです。
ここでは、24時間換金が可能なクレジットカードの現金化をご紹介します。

・24時間営業の金融機関はない

金融業など、お金を貸してくれる業界は、法律によって営業時間が決まっています。
ですから、コンビニなどがこれほどまで24時間営業をしている現在であっても、深夜まで営業している金融業はないんです。
でも、状況によっては、どうしても深夜にお金が必要になることもあるかもしれません。
そんな時クレジットカードの現金化が便利です。
クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠から現金を借り入れる方法です。
この方法は、クレジットカードで買い物をしてその商品を業者に換金してもらう、または、クレジットカードで買い物をした商品にキャッシュバック、という形になっています。
ですから、金融業に課せられている法律は適応にならず、結果的に24時間営業ができるのです。

・審査も来店も必要なし!

クレジットカードの現金化は、正式には借金、ではなく、クレジットカードで購入した商品の換金という形をとっています。
新たなカードを契約するのではなく、すでに持っているカードを使用しますから、時間がかかる審査がありません。
また、取引のすべてネットでできるので、来店する必要もないんです。
このように、どうしてもお金が必要な時、審査も来店も不要で、しかも24時間利用できるものは、このクレジットカードの現金化しかありません。

・100%24時間換金できるわけではないのでご注意を!

とは言っても、絶対に24時間利用できるわけではありません。
まず1つ目はネットバンキンクに口座がない場合です。
クレジットカードの現金化は銀行間での入金という方法をとっています。
ですから、深夜など銀行が営業していない時間で利用する場合は、ネットバンクの口座が必要になります。
ネットバンクの口座がないと入金の確認ができないので、注意して下さい。

2つ目は24時間営業をうたい文句にしていても、実際には24時間営業ではない現金化業者に申し込んでしまった場合です。
このような業者の場合、次の日などになってしまうことがあるので、申し込む前にしっかり確認しましょう。

このように24時間換金できるクレジットカードの現金化。
もしもの時には強い味方になってくれますよ。