クレジットカード現金化を簡単に行うためには?

クレジットカードにはキャッシング機能がありますが、なんらかの理由でキャッシングが利用できない時や、キャッシング枠がないクレジットカードを持っている場合もあるでしょう。
そんな時に便利なのがクレジットカード現金化ですが、簡単に利用するにはどうしたらいいのでしょうか・

クレジットカード現金化は簡単?

クレジットカード現金化というのは、簡単にできる者なのでしょうか?
通常、キャッシングを利用する場合はATMなどでお金を引き出すのと同様にできます。
しかし、クレジットカード現金化を行う場合は、まずクレジットカードで商品を買い、その商品を買い取ってもらえるお店に行き、商品を売るという手順が必要となります。
しかも、お店によって買取額が異なる商品もあるので、場合によってはより高く売るためにいくつものお店を回ることになるでしょう。
これでは簡単にできるとは言い難いのですが、そのクレジットカード現金化を簡単に行う方法があります。
それは、クレジットカード現金化業者を利用することです。

クレジットカード現金化業者は簡単?

クレジットカード現金化業者を利用した場合、簡単に現金化ができるのでしょうか?
クレジットカード現金化業者が行う方式には、2種類あります。
以前からの方式としては、業者が指定した商品をクレジットカードで購入し、それを業者に買い取ってもらうことで現金化を行うという方法です。
この時、業者によってはカード決済が完了した時点で振込が行われる場合もありますが、商品を業者へと送ってからでなければ振り込まれない場合もあります。
この点をよく確認しておかないと、現金が必要な時に間に合わないこともあります。
もう一つの方法はキャッシュバック方式で、こちらが現在の主流となっています。
この場合は、商品を購入するところまでは同じなのですが、その際にキャッシュバックという名目で口座に換金額が振り込まれます。
商品そのものも送られてきますが、その商品は受け取ってから保管してもいいですし、処分しても構いません。
この場合は、決済が完了してからすぐに振り込まれることがほとんどなので、急いでいる場合はキャッシュバック方式の業者を選択しましょう。
クレジットカード現金化業者を利用した場合は、ほとんどの場合電話やメール、サイトからの申し込みで完了するため、簡単に利用することができます。

まとめ

クレジットカード現金化というのは、自分で行う場合は簡単にできる物ではありません。
しかし、クレジットカード現金化業者を利用した場合はその手続きなどが簡単にでき、時間もかかりません。
急にお金が必要になった時などでも、クレジットカード現金化業者を利用することでスピーディーに資金調達が可能となるでしょう。

クレジットカード現金化のために換金できる場所は?

クレジットカード現金化を行う場合、換金できる場所というのは限られています。
自分で現金化を行おうと考えた時は、まず換金できる場所が近くにあるのかを確かめなければいけないでしょう。
クレジットカード現金化のために、換金できる場所というのはどういったところでしょうか?

現金化する商品と換金できる場所

クレジットカード現金化は、商品を購入してそれを換金することで行います。
しかし、その換金はどこでも行えるわけではないので、換金できる場所をまず確認する必要があるでしょう。
例えば、換金率が高いためにクレジットカード現金化でよく使われるのが、新幹線の回数券です。
特に、東京から大阪行きの回数券が人気で換金率も高いのですが、需要が低い場合は買い取ってもらえない場合もあります。
換金できる場所としては、金券ショップとなりますが、特に駅の近くにある金券ショップのほうが需要は高いでしょう。
ブランド品などの場合は、換金できる場所が質屋か中古ショップとなるのですが、その品物によっては店舗での査定額が異なるでしょう。
ブランド品を専門にしているところを選んだほうが、買い取り額は高額となる可能性が高くなります。
ゲーム関連の場合は中古ゲームショップで換金できますが、これも店舗によって買い取り額が異なります。
特にプレミア価格がついているようなゲームの場合は、全国チェーンの店舗ではないほうが高額で査定されやすいでしょう。
このように、現金化を行うための商品によって換金できる場所は異なるので、それぞれの店舗が近くにあるかを確認してから商品を選びましょう。

換金できる場所に関係ない現金化

クレジットカード現金化を行う場合、商品によって換金できる場所が異なります。
しかし、該当する店舗が近くにない場合や、いちいち店舗に行くのが面倒という場合は、換金できる場所に関係なく現金化ができるクレジットカード現金化業者を利用しましょう。
クレジットカード現金化業者に依頼した場合は、商品の購入から買取まで行ってくれるので、電話だけで現金化が可能です。
いちいち商品を選んで買いに行き、それを換金できる場所に行って換金するという手間がかからないので、忙しい人にはぴったりでしょう。
業者によって換金率も異なるため、申し込む際は換金率を確認してからにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化を自分で行う場合は、商品を購入してそれを換金することになるのですが、商品によって換金できる場所は限られています。
換金できる場所が近くにない場合は、クレジットカード現金化業者を利用しましょう。
ネットからの申し込みや電話での申し込みで、換金できる場所に関係なく利用できるため、忙しい人にもおすすめの方法です。

クレジットカード現金化の換金で得するポイントサービス

クレジットカード現金化を利用する場合、どうしても換金率は100%となることはありません。
しかし、換金率のギャップを埋めることができて得する方法として、ポイントサービスがあります。
クレジットカードにある、様々なポイントサービスについて考えてみましょう。

なぜ、換金の際はポイントで得するのか

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする方法です。
この時、クレジットカード会社にはその金額の買い物をしたとして情報が登録されます。
そうなると、ポイントサービスがある会社では通常の買い物と同じように、利用金額に応じてポイントが付与されることになります。
このポイントサービスはクレジットカードによって異なり、100円ごとに1ポイント付与される場合もあれば、200円ごとに1ポイント付与される場合もあります。
また、中には通常のポイントとは違った形で付与されるものもあるので、換金で得するカードを選びたい場合は自分の持っているカードの中から最適なものを選ぶようにしましょう。

どんなカードが換金で得するのか?

それでは具体的に、どのカードが換金すると得するのかを紹介していきます。
通常、ポイントというのは1ポイントが1円相当であり、100円から300円の利用ごとに1ポイント付与されます。
場合によってはポイントが割り増しとなることもありますが、基本的には最大1%と思っておいたほうがいいでしょう。
また、そのポイントがどこで利用できるかという問題もあります。
ポイントは現金ではないので、使い道は限られています。
そのため、よく買い物をする場所で使えるポイントのほうが無駄にならないでしょう。
実際に換金で得するポイントサービスとしては、まず楽天カードのポイントがあります。
楽天カードのポイントは100円につき1ポイント付与され、楽天市場の買い物以外にも加盟店などで利用することができます。
また、Tポイントが付与されるクレジットカードの場合、一部の店舗を除いて200円で1ポイントが付与されるのですが、そのポイントはツタヤだけでなくファミリーマートなどでも使えるので、ポイントの利用がしやすいカードといえます。
少し変わっているのが、JALやANAなどのマイルカードです。
マイルカードは200円ごとに1マイルが貯まるのですが、商品券などに交換する場合は1マイルが1.5円相当になります。
また、飛行機に乗る際にマイルで支払うと、その区間によっては最大で1マイルあたり2円を超えることもあります。
使い方によって大きく価値が変わるポイントサービスです。
他にも、換金するクレジットカードによって様々なポイントサービスがあるので、自分が得するようなポイントサービスのカードを選びましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の際は、どうしても換金率が100%にはならないので、その分ポイントサービスで得するようなカードを選んだほうがいいでしょう。
ポイントサービスは各社異なっていて、中には使い方によって価値が変わるようなポイントサービスもあるため、自分が使いやすいポイントサービスを提供しているクレジットカード会社を選んで換金して、得する方法を選びましょう。

クレジットカード現金化で使える、換金率の高い商品とは?

クレジットカード現金化を行う時、自分で商品を購入してそれを売却することで、現金化を行いたい人もいるでしょう。
その時は、なるべく換金率の高い商品を購入したいと思います。
換金率が高い商品とはどのようなものか、おおよその換金率と一緒に紹介していきます。

換金率が高い商品は?

換金率が高い商品といえば、まず思い浮かぶのは商品券です。
商品券は、種類にもよりますが90%以上、場合によっては95%以上という換金率の高い商品であり、昔からクレジットカード現金化の主力として扱われていました。
しかし、そのせいでクレジットカード会社から監視されることが多くなり、また商品券をクレジットカードで購入する事が禁止される場合も増えています。
現在ではあまりクレジットカード現金化には向いていない商品です。
その代わりに現在増えているのが、新幹線の回数券です。
利用できる区間によって換金率は異なりますが、東京⇒大阪間の新幹線の回数券であれば、最大で98%という高い換金率となっています。
ただし、この商品も現在はクレジットカード会社からの監視が強くなっているので、あまり頻繁に購入した場合や、住所からみて関係が無いと思える区間の新幹線の回数券を頻繁に購入している場合は、クレジットカード会社から問い合わせられる場合があり、カードの利用を停止されることもあり得るでしょう。
ブランド品というのも、クレジットカード現金化の定番です。
ブランド品は1つあたりが高額なので、いくつも買わなくてもある程度の現金になるというメリットがあります。
ただし、ブランド品の場合は換金率が一定ではないので、品によって80%以上の換金率となる場合もあれば、60%程度の換金率となる場合もあります。
ブランド品の換金率を高くするには、現在の流行や人気のある商品をチェックしなくてはいけません。
ゲーム機はさらに換金率の上下が激しく、時には換金率が100%を超えることもありますが、50%以下となる場合もあります。
需要などを良く調べてから購入しましょう。

換金率が高い安全な方法

換金率が高い商品というのは、どうしてもクレジットカード会社から監視されてしまいます。
換金率が高く、安全な方法を考えるのであれば、やはりクレジットカード現金化業者を利用するべきでしょう。
時間もかからず、簡単に現金化ができます。

まとめ

昔から、クレジットカード現金化は様々な商品を購入し、売却することで行われていました。
以前は商品券、今は新幹線の回数券が換金率の高い商品として有名ですが、それだけクレジットカード会社からは厳重にチェックされています。
その他の商品であれば換金率が安定しないため、安全にクレジットカードの現金化を行いたい場合は、クレジットカード現金化業者を利用した方がいいでしょう。

【クレジット現金化】他の融資サービスと比較すると金利が高い?

クレジットカード現金化は、他の融資サービスと比較すると非常に金利が高いと言われています。
ただそれでもクレジットカード現金化を利用する方が多いのは、金利が高いながらもメリットを兼ね備えているためです。
クレジットカード現金化の金利を他の融資サービスと比較して解説し、高金利でも利用すべきメリットも併せて解説します。

【クレジット現金化】他の融資サービスと比較すると金利が高いのは本当?

クレジットカードの現金化が、他の融資サービスと比較して金利の高いサービスだというのは本当なのでしょうか?
たとえば、消費者金融で融資を受ける場合と比較してみましょう。
消費者金融では、出資法によって借入金額の年利20%が上限と定められています。
つまりどれだけ融資を受けても、年間の金利は必ず20%に収まるということです。
一方クレジットカード現金化はどうでしょうか?
たとえば10万円のショッピング枠を利用して、換金率80%で8万円を現金化するとします。
この場合、年利は240%ということになります。
こう考えると、圧倒的にクレジットカード現金化の方が高金利だとわかりますね。
つまり、クレジットカード現金化が他の融資サービスと比較して高金利だというのは事実なのです。

【クレジット現金化】金利が高くても利用者が多い理由は?

クレジットカード現金化は他の融資サービスと比較してもかなりの高金利ですが、それでも利用者が多いのはなぜなのでしょうか?
クレジットカード現金化は金利が高くなりがちなものの、利用するにあたっての審査がありません。
消費者金融の方が金利は低いとわかっている方でも、主婦の方や無職の方、または滞納履歴がある方などは消費者金融を利用できないので、クレジットカード現金化は非常に便利なのです。
また審査がないだけでなく、即日現金を手に入れることも可能です。
つまりクレジットカード現金化の利用者が多い理由は、“金利が高いというデメリットよりもメリットの方が大きい”ということなのです。
ちなみにクレジットカード現金化は年利20%を超えているものの、違法金利には該当しません。
先ほど解説した出資法は、消費者金融などの“貸金業者”にのみ適用される法律です。
クレジットカード現金化業者は、利用者に代わってクレジットカードでショッピングをするだけです。
したがって、お金を利用者に貸し付けているわけではないので、貸金業者ではありません。
ただ悪質な現金化業者やしっかりしていない現金化業者を利用すると、違法金利に該当してしまう恐れもあります。
例えば商品を購入したのに商品が届かず、先に入金されてしまった場合。
または購入した商品を受け取らず、入金だけをしてもらった場合などは、違法金利になってしまうので注意しましょう。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!

クレジットカード現金化で利用するカード比較の対象には、そのカードごとに貯まるポイントがあります。
ポイントを普段から使い、効果的に貯めたいという方は、クレジットカード現金化でもポイントが貯まりやすいカードを使うべきです。
今回はポイントの種類ごとに、貯まりやすいカードを紹介します。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!~Tポイント~

まずは、Tポイントが貯まりやすいクレジットカードにはどんなものがあるのか解説しましょう。
Tポイントはポイントが貯まる店舗・使える店舗も多く、普段から貯めておけば非常に便利です。
Tポイントが貯まりやすいクレジットカードには、“Orico Card THE POINT”や“三井住友VISAゴールドカード”、“Yahoo!JAPANカード”などがあります。
どれも高還元率のクレジットカードですが、おすすめはYahoo!JAPANカードです。
年会費無料で、最大3%のポイント還元率です。
また三井住友VISAゴールドカードも、インターネット入会で初年度の年会費(通常10,800円)が無料になるのでおすすめです。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!~楽天ポイント~

続いては、楽天ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。
楽天ポイントも利用できる店舗は多く、楽天市場ではさらにお得にポイントを貯めることができます。
楽天ポイントを貯めたいのであれば、やはり1番のおすすめは“楽天カード”でしょう。
審査も緩く年会費も無料で、楽天市場で利用すればいつでもポイントが3倍付与されます。
また先ほども紹介した“三井住友VISAゴールドカード”は、Tポイントだけじゃなく楽天ポイントも貯めることができます。
三井住友VISAカードで貯まるワールドプレゼントポイントはさまざまなポイントに移行できるので、1つのカードで複数のポイントを貯められます。

【クレジット現金化】カード比較の対象はポイントも重要!~dポイント~

dポイントはドコモが展開するポイントサービスで発行されるポイントです。
携帯電話の利用料金の代わりに利用したり、近年はコンビニなどで利用できたりと、利用可能な店舗が急激に増加しています。
dポイントが貯まるクレジットカードを発行したいのであれば、おすすめは年会費無料の“エポスカード”です。
エポスカードは年会費無料ながら海外旅行傷害保険が付いていて、なおかつ即日発行が可能なのでクレジットカード現金化にも適しています。
年会費が有料でもdポイントの還元率が高いカードを利用したい方におすすめなのは、“dカード GOLD”です。
ポイント還元率は最大4%と高く、入会と利用をすれば最大13,000円分のキャッシュバックが受けられるのも魅力です。

クレジット現金化で資金調達をしない方がいい経営者とは?

クレジットカード現金化での資金調達は、企業の経営者にとっても非常に有効なサービスです。
ただ中には、クレジットカード現金化で資金調達をしない方がいい経営者もいます。
どのような経営者が、クレジット現金化での資金調達をすべきではないのでしょうか?

クレジット現金化で資金調達をすべきではない経営者①法人カードがない

クレジットカード現金化で資金調達をする経営者は、法人カードを利用するとさらに便利になります。
法人カードの現金化を優遇している現金化業者も多く、法人カードで現金化した分は経費として計上することもできます。
ただ個人カードの場合、法人カードよりも換金率が下がる場合も多く、また現金化した分を経費にすることもできません。
したがって経営者がクレジットカード現金化で資金調達をするために、法人カードは必要不可欠なのです。
まだ発行していないという方は、手に入れてから利用するようにしましょう。

クレジット現金化で資金調達をすべきではない経営者②多くの事業資金が必要

クレジットカード現金化は、多額の事業資金を即日で用意できる資金調達方法です。
ただ数千万円、数億円というような多額の資金が必要な経営者には、あまり利用をおすすめできません。
クレジットカード現金化は、カードのショッピング利用枠の分しか資金調達ができません。
つまり多くの事業資金を用意するには、ショッピング利用枠に上限がないカードを利用したり、複数のクレジットカードを利用したりする必要があるのです。
場合によってはかなり大きな額を用意することが可能ですが、クレジットカード利用停止の危険性は上がってしまいます。
したがって多くの事業資金が必要であれば、返済の滞納履歴があったりして融資を受けられない場合以外は、無理をしてクレジットカード現金化を利用する必要はないでしょう。

クレジット現金化で資金調達をすべきではない経営者③仕組みを分かっていない

クレジットカード現金化で資金調達をしない方がいい経営者として、“クレジットカード現金化の仕組みを分かっていない”という方も挙げられます。
クレジットカード現金化は、先ほども言ったように通常の融資サービスを受けられない経営者などが利用しやすいサービスです。
ただクレジットカード現金化は“融資”ではなく、あくまでただの“ショッピング”です。
したがって、通常の融資のように利用分を分割して返済していくわけではありません。
基本的に利用した分は、次の支払い時に一括で支払う必要があります。
法人カードでは経費の計上が可能であったり、リボ払いが出来たりするカードもありますので、仕組みを知っていればいくらでも対応はできるでしょう。

【クレジット現金化】避けるべき資金調達のタイミング

クレジットカード現金化は即日で資金調達ができるのが魅力のサービスですが、利用するタイミングを間違えてはいけません。
資金調達のタイミングを工夫し、ある程度自分でリスクを減らすことが大事なのです。
クレジットカード現金化で資金調達すべきではないタイミングを解説します。

避けるべき資金調達のタイミング①残りのショッピング利用枠が少ない

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠を使って資金調達をします。
ただ例えショッピング利用枠の上限が100万円のクレジットカードでも、通常のショッピングで利用していれば当然残りのショッピング利用は少なくなります。
場合によっては数万円、数千円しか資金調達できない場合もあるので、なるべくショッピング利用枠が多く残っているタイミングで資金調達をしましょう。
クレジットカード現金化のためにショッピング利用枠が大きいクレジットカードを発行したという方は、なおさらそのメリットを活かさなくてはいけません。

避けるべき資金調達のタイミング②クレジットカードを発行したばかり

クレジットカードを普段利用しない方が、クレジットカード現金化のためだけにクレジットカードを発行するという場合もあります。
その場合も、資金調達のタイミングには注意しましょう。
クレジットカードが発行できたとしても、手元に届いてすぐ現金化を利用するのはなるべく避けるべきです。
普段クレジットカードを利用しない方がいきなり高価な買い物をしてしまうと、クレジットカード会社にすぐ目を付けられてしまいます。
すぐにクレジットカードが利用停止になってしまうと、現金化は1回しか使えないサービスとなってしまい、非常に効率が悪いです。
クレジットカード現金化は短い期間で複数回利用すべきではありませんが、いざという時に使えるように、クレジットカードは利用できる状態にしておかなくてはいけません。

避けるべき資金調達のタイミング③返済する資金がない

初めてクレジットカード現金化を利用する方にありがちなのが、返済に充てる資金がないにも関わらず、クレジットカード現金化を利用するというケースです。
これはクレジットカード現金化を“融資”と勘違いしている方がしてしまいがちなミスですね。
クレジットカード現金化で資金調達をした後は、利用した分をすぐに返済しなくてはいけません。
資金調達までの期間が短いだけでなく、返済までの期間も短いのです。
“すぐに資金を調達したい!”と考える方の中には、返済資金のことを考えていない方が非常に多いです。
いくら急に資金が必要になっても、返済資金がないタイミングで利用してしまっては、所詮その場しのぎの方法に過ぎません。

【クレジット現金化】ダメな資金調達計画の立て方

クレジットカード現金化業者の利用は、直接的ではないにしろ自分のクレジットカードで商品を購入するのと同じ事です。
つまり資金調達の計画をしっかり立てていなければ、どんどんその後の資金繰りが厳しくなっていくのです。
クレジットカード現金化を利用するにあたって、やってはいけない資金調達計画の立て方を知っておきましょう。

【クレジット現金化】やってはいけない資金調達計画の立て方とは?①

やってはいけない資金調達計画として、“他の場所で借りたお金をショッピング枠の支払いに回す”という方法があります。
つまりクレジットカード現金化で利用したショッピング利用枠の支払いに、キャッシング等で借りたお金を充てるという事です。
キャッシングでお金を借りれば、確かに利用したショッピング利用枠分は支払えます。
ただそうすると、今度はキャッシングで借りたお金の返済に追われてしまいます。
1度そのようなサイクルになってしまうと、どんどん返済に追われることになり、現在借りている金額、借りている場所を把握するのも難しくなってきます。

【クレジット現金化】やってはいけない資金調達計画の立て方とは?②

もう1つのやってはいけない資金調達計画は、“貯蓄があるにもかかわらずクレジットカード現金化を利用する”という方法です。
子どもの将来の為に、老後の為に貯蓄しているお金がある方は、なかなかそのお金に手をつけたくないでしょう。
ただ貯蓄があるにも関わらずクレジットカード現金化を利用しても、最終的には貯蓄を削らないと返済が難しくなります。
従って使いたくないお金でも、貯蓄があるのであればそちらを優先して生活費等に回す事をおすすめします。

【クレジット現金化】資金調達計画を立てないと生活水準が上がるので要注意

クレジットカード現金化を始めて利用する方は、最初その手軽さにびっくりするでしょう。
ただ借金をする事なく即日現金が調達出来るクレジットカード現金化は、資金調達計画を立てずに利用しすぎると“生活水準の上昇”に繋がりかねません。
1度クレジットカード現金化を利用して、次の月にその利用分を返済したとします。
ただ気軽に利用出来るサービスなので、“今月も利用しよう”と安易に考えてしまう方が多く、それが続くとクレジットカード現金化なしでは生活出来なくなってしまいます。
結果的に生活水準が上がり、散財もしやすくなってしまうのです。
“クレジットカード現金化があるからいいや”と考えて利用するのは、クレジットカード利用停止の可能性も上がるので良くありません。
あくまで、絶対に必要な資金がどうしても準備出来ない際の最終手段として、クレジットカード現金化は温存しておくべきなのです。

【クレジット現金化】資金調達に苦労している法人におすすめのカード

クレジットカード現金化は、個人だけなく法人にも有効なサービスとして知られています。
したがって法人が利用する際も、出来るだけクレジットカード現金化に向いているクレジットカードを使うべきなのです。
資金調達に苦労している法人におすすめの法人カードを紹介します。

資金調達に苦労している法人にはこのカードがおすすめ!①オリコEX Gold for Biz

オリコEX Gold For Bizは、ショッピング利用枠が高く資金調達に苦労している法人にもおすすめのクレジットカードです。
ショッピング利用枠は300万円で、他社が発行している法人カードよりも高く設定されています。
もし資金調達に苦労している法人であれば、オリコEX Gold For Bizを複数枚発行しておくことをおすすめします。
最大で3枚まで追加発行できるので、計4枚利用すれば1,200万円のショッピング枠を利用出来る事になります。
またゴールドランクの法人カードながら、年会費は1枚2,000円しかかかりません。
そしてクレジットカード現金化に向いているだけでなく、ポイントの還元率が高かったり、豊富な保険サービスも付帯したりしています。
クレジットカード現金化を今すぐ利用しない法人であっても、ぜひ持っておきたいカードの1つでしょう。

資金調達に苦労している法人にはこのカードがおすすめ!②セゾンプラチナ・ビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスも、資金調達に苦労している法人がぜひ持っておくべき法人カードと言えるでしょう。
ショッピング利用枠が高ければ利用しやすいという話をしましたが、なんとこのカードには、ショッピング利用枠に上限が定められていません。
このカードのショッピング利用枠の上限は、カード会社の審査によって自動的に決定されます。
したがって資金調達に苦労している法人でも、法人としてある程度の実績を残していれば、1枚持つだけで1,000万円単位の資金調達がいつでも出来るようになるカードなのです。
もちろんすべての法人に当てはまるわけではありませんが、資金調達に苦労している法人にとって、これほど心強い法人カードはないと言えるでしょう。
またセゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、追加で4枚まで発行が可能です。
もし1枚のショッピング利用枠が500万円だとしても、計5枚で2,500万円のショッピング利用枠を利用できることになるのです。
これだけショッピング利用枠を用意出来れば、これまで資金調達に苦労していた法人でも資金繰りに困る事はなくなるでしょう。
またアメックスが発行している法人カードは、相談すればショッピング利用枠の上限を上げてくれる場合も多いと評判です。
審査が比較的緩いという評判も多いので、1度発行を検討してみましょう。