クレジットカードの現金化で購入する商品にはどんなものがある?

クレジットカードの現金化をするには、業者が指定する商品を購入する必要があります。
各業者の方式によって商品には多少の違いがありますが、主に販売されている商品にはどんなものがあるのか紹介します。

現金化をするために購入する商品①買取方式の業者の場合

クレジットカードの現金化をする業者には、いくつかの方式があります。
その内の1つが、「買取方式」の業者です。
買取方式とは、業者に指定された商品を利用者がクレジットカードで購入し、購入した商品を再び業者に買い取ってもらうという方式です。
この方式の業者では、貴金属やブランド品、商品券などが主に販売されています。
店頭で商品を買い取る場合もあれば、ネット上で買い取る方式を採用している業者もあります。
10数年前からこの方式の業者は存在しており、違法な業者は比較的少ないと言われています。
ただ、換金性が高い商品をクレジットカードで購入するため、クレジットカード会社に目を付けられやすくなるというデメリットがあります。
あまり多く利用しすぎると、クレジットカードの利用を停止される可能性もあるので、注意が必要です。

現金化をするために購入する商品②Amazonギフト券を現金化する業者の場合

Amazonギフト券を現金化する業者は、ここ数年で非常に増加しています。
その名の通り、利用者はクレジットカードでAmazonギフト券を購入し、業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れることができます。
Amazonギフト券と一口に言っても種類は豊富で、メールで送信するタイプのものや、コンビニでも購入できるカードタイプのものなど様々です。
他の現金化の方法よりも比較的換金率が高めですが、厳密に言うとAmazon側からは認められていない方法です。
また買取方式と同じく換金性が高い商品を購入する方法なので、クレジットカードの利用停止リスクがあります。

現金化をするために購入する商品③キャッシュバック方式の業者の場合

キャッシュバック方式とは、現金化サービスの利用者に特定の商品を購入してもらい、その商品にキャッシュバックサービスを付けるという方式のことです。
つまり現金化サービス利用者の手元には、商品と現金が一緒に届くということになります。
現金の振込(キャッシュバック)の方がメインとなる方式のため、利用者が購入する商品はほとんど価値がないものばかりです。
例えば100円単位で販売されているおもちゃや、CD-ROMなどの情報商材が挙げられます。
即日入金をしてもらえる可能性が非常に高い方式ではありますが、悪徳業者のほとんどがこの方式を採用しています。
悪徳業者はキャッシュバック方式であれば、商品を購入させておいて、実際にキャッシュバックをせずに逃げやすいというのが大きな理由です。

【クレジットカードの現金化】業者を比較する際に各業者に求められる条件とは?

クレジットカードの現金化をしてくれる業者を比較する際、良い業者だということが認められるには、いくつかの条件があります。
比較サイトで候補となる業者をいくつかに絞ったら、その業者が「良い業者」の条件を満たしているかどうか、以下のポイントをチェックしましょう。

【クレジットカードの現金化】業者を比較する際に各業者に求められる条件①

クレジットカードの現金化をしてくれる業者を比較する際、まず各業者に求められる条件は「しっかりしたサイトが作られている」という点です。
良い業者を選ぶためには、やはりサイトがしっかりと作り込まれているところを選ぶべきでしょう。
各業者のサイトは、店舗で言えば看板のような存在です。
良い業者であれば、しっかり細かい所まで作り込まれている可能性が高いでしょう。
ただ、見かけだけしっかりしているサイトでは何の意味もありません。
画像やメニューなどはしっかり設定されているものの、きっちり掲載するべき情報が掲載されていない場合は要注意です。
業者の会社概要、住所、電話番号などの情報は掲載されていて当然です。
サイトのメニューをくまなくチェックしても上記のような記載がない場合は、いつでも行方をくらまそうとしている悪徳業者かもしれません。
比較サイトに掲載されている業者は、比較サイトの運営者によって、あらかじめサイトの信頼性がチェックされている場合がほとんどです。
ただしっかりと自分の目で確かめておきたいという方は、比較サイトのバナーから直接サイトにアクセスして、上記のポイントをチェックしておくことをおすすめします。

【クレジットカードの現金化】業者を比較する際に各業者に求められる条件②

先ほど業者がサイトに掲載すべき情報として、電話番号を挙げました。
この電話番号に関しても、細かくチェックしておきましょう。
業者の電話番号が固定電話ではなく、携帯電話の番号であった場合は注意が必要でしょう。
業者にも関わらず固定電話の番号が掲載されていないということは、掲載出来ない何らかの理由があると考えるのが自然です。
また怪しい番号を見分ける方法として、住所と電話番号を照らし合わせるという方法もあります。
例えば東京23区であれば市外局番は03なので、03から始まる固定電話の番号が掲載されているのが1番理想的です。
その住所の市外局番と異なる場合、実際その場所には事業所を構えていないなんてことも考えられます。
クレジットカードの現金化をしてくれる業者の比較サイトは、これらの条件を満たしていない業者が掲載されている可能性が限りなく低いです。
ただ自分の目で確かめて少しでも疑問に思った所がある場合、その業者について口コミサイトなどでもっと詳しく調べる必要があるでしょう。

クレジットカードを換金すると、税金が課税されるの?

クレジットカードのショッピング枠を換金した場合、そのお金には税金が課税されるのでしょうか?
課税される条件などを踏まえて考えてみましょう。

・自分で換金した場合

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金する場合は、ほとんどが転売という形になるでしょう。
その場合、例えばブランド品を購入して、それを買い取り業者に売却するという形になります。
そうすると、20万円で購入したバッグが15万円で売れた場合、手元には15万円の現金が残ります。そうすると、この15万円は収入という事になるのですが、これはあくまで収入です。
換金したとしても、税金が発生するのは所得に対してなので、収入から必要経費を差し引いて利益があった場合に税金の対象となります。
この場合、15万円の収入があったものの、20万円の経費が掛かっているので、所得としてはマイナスです。なので、換金したお金には税金が課税されません。
もしも、同じバッグが25万円で売れた場合は、約5万円の所得となります。
しかし、会社員など給料をもらっている場合はそれと別に年間20万円以上、収入が無い場合は年間33万円以上の所得があった場合に確定申告が必要となるので、1度だけ5万円の所得があっても確定申告は必要ありません。
何度か繰り返し利益を得られるようであれば、確定申告をしましょう。

・クレジットカード現金化業者に依頼した場合

それではクレジットカード現金化業者に換金を依頼した場合は、税金がかかるのでしょうか?
クレジットカード現金化による換金は、あくまでショッピング枠を利用して買い物をしたということになります。
そのため、換金して得られたお金に税金がかかることはありません。
なぜなら、自分で換金した場合は転売であり、仕入れと販売をしたとも考えられるのですが、クレジットカード現金化の業者に換金を依頼した場合は、あくまで買い物をしただけなので、税金がかかることはないのです。
ただし、クレジットカード現金化業者に換金を依頼した場合は、必ず使用するショッピング枠よりも少ない金額となります。
もしかしたら得をする可能性があるのは、自分で売買をした時だけです。
と言っても滅多にそんなことはありませんし、長い目で見ると業者に依頼して換金した方が、安定した割合で換金できるので得になるでしょう。
自分で換金すると、換金率が高い物を探してクレジットカード会社から警戒されてしまうかもしれません。
安全性が高いクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

クレジットカードの現金化で資産運用をするメリット

クレジットカードの現金化に成功すれば、その現金を投資金に回して資産運用をすることも可能です。
ではなぜ他の資金調達方法ではなく、クレジットカードの現金化で資産運用をする必要があるのでしょうか?
それは、クレジットカードの現金化で資産運用をすることによるメリットがあるからです。

クレジットカードの現金化で資産運用することにはどんなメリットがあるの?

資産運用を始める際は、当然ですがある程度まとまった資金が必要になります。
中には少額資金で始められる金融商品もありますが、長期間の資産運用を目指すのであれば、やはり数万円程度では物足りません。
資産運用における投資金が手元にない場合、どこかから借入を行う必要があります。
ただキャッシングサービスや銀行などから借入を行う場合、「投資金が必要だから」という理由では、まず借入が認められないでしょう。
通常の借入サービスでは、返済能力が認められる方にのみ融資をするというのが一般的です。
仮に投資金を融資したとしても、借入をした方が必ず資産運用を成功させるとは限りません。
ただクレジットカードの現金化の場合、その現金を何に使おうが本人の自由です。
つまり、審査がない借入サービスを利用するようなものなのです。
資産運用をしている方であれば、値上がりした投資商品を購入したいのに、資金がないという状況に陥ることもあるでしょう。
そういう場合でも対応できる即時性があるというのも、クレジットカードの現金化で資産運用をする大きなメリットです。

クレジットカードの現金化で資産運用をするデメリットは?

クレジットカードの現金化で資産運用をするデメリットは、やはり手数料がかかるという点でしょう。
20万円分のショッピング利用枠を現金化しても、20万円分の現金がそのまま手に入るわけではありません。
例えば、20万円のショッピング利用枠を現金化して、190,000円の現金が手に入ったとします。
その現金を資産運用の投資金として使用し、5,000円の利益が出たとしましょう。
ただ現金化をするための手数料は10,000円かかっているので、この場合でも結局5,000円は損していることになります。
資産運用で獲得した利益から手数料を引いてマイナスになっていては、クレジットカードの現金化をした意味がなくなってしまいます。
また資産運用の利益はプラスマイナスゼロでも、クレジットカードの現金化でかかった手数料分がずっとマイナスになってしまうということが考えられます。
クレジットカードの現金化を利用すれば、確実に資産運用のための資金を用意することは出来ますが、必ず資産運用で利益を出せるというわけではありませんので注意しましょう。

クレジットカード現金化の換金手数料はいくら位かかるの?

クレジットカード現金化をする場合、気になるのは換金手数料がいくらくらいかかるのか、という点です。
クレジットカード現金化は、どのくらいの割合で換金できるのでしょうか?

換金効率を決める還元率と換金手数料

クレジットカード現金化の換金効率は、還元率と換金手数料がいくらくらいかによって決まります。
還元率は、クレジットカードのショッピング枠に対して、何%を現金化できるかということです。
また、換金手数料は換金にかかった手数料として、こちらも%で引かれます。
つまり、クレジットカード現金化の換金効率は、還元率×(1-換金手数料)で計算されます。還元率が90%、換金手数料が10%であれば、90%×(1-10%)=81%となります。
この手数料については、還元率に含まれている場合もありますが、別途請求される場合もあるので、正確にはそれぞれの業者に確認してみる必要があります。
還元率が低いからといって、手数料が含まれているとは限らないのです。
手数料には、クレジットカードの決済手数料や振込手数料、消費税なども含まれています。

換金手数料で注意すること

換金手数料がいくらか、ということにはよく注意しなければいけません。
換金手数料というのは具体的にいくらか決まっていないのですが、だいたい5%から15%が適正範囲と言われています。
しかし、中には30%以上の手数料を請求する業者もいるのです。
また、還元率が90%を超えている業者にも注意しましょう。
業者にとって、還元率はそのまま収入につながります。
しかしその収入が10%以下であれば、まず業者は赤字になります。
そのため、一時的なキャンペーンでもなければ90%を超えることはまずありません。
その時は、別に換金手数料がいくらか請求されると思って間違いはないでしょう。
それでは換金手数料がいくらかかるのかを確かめる方法ですが、これは直接業者に聞いてみるのが一番です。
なぜかといえば、業者は手数料を聞かれたときに嘘をついてはいけないことが消費者契約法で定められています。
もし嘘をついてしまうと、利用者は契約の解除を申し出ることができるため、業者は嘘をつくことができません。
契約をする際には、換金手数料がいくらかかるのか、最終的な入金額がいくらかかるのかを、契約する前にしっかりと確認して、きちんと納得してから契約を結ぶように気を付けましょう。

換金で少しでも得をするには、還元率が高いところを探そう

クレジットカード現金化をするときに、換金でなるべく得になるように選ぶのであれば、還元率が高い業者を選ぶといいでしょう。
しかし、還元率にはそれほど差があるのでしょうか?

クレジットカード現金化の還元率とは

クレジットカード現金化をするときには、還元率というものがあります。
還元率は、ショッピング枠の利用額に対する現金化の割合ですが、実は業者によってかなりの差があるのです。
換金で得をするためには、この還元率に注目しましょう。
クレジットカード現金化は、そのショッピング枠で使った金額をクレジットカード会社に支払わなければいけないので、なるべく金額が近くなければそれだけ損をしてしまいます。
還元率は大体60%から90%ほどの条件を掲げている業者が多く、中には98%などの高還元率を掲げる業者もあります。
それなら高ければ換金が得なのではないか、というと実はそういうわけではないのです。なぜなら、還元率の他に手数料というものがかかってくるからです。

クレジットカード現金化で得をするためには

クレジットカード現金化の換金で得をするためには、この手数料についても考えなくてはいけません。
例えば10万円の換金に対して90%の還元率、手数料が10%という業者Aと、手数料込みで85%の還元率という業者Bがあった場合、どちらで換金したほうが得でしょうか?
業者Aの場合、10万円×90%で9万円ですが、そこから10%が手数料として引かれるので、実際には8万1千円が手元に届きます。
それに対して業者Bの場合は、10万円×85%=8万5千円が届くため、業者Bの方が得になるのです。
通常、手数料は5%~15%ほどですが、悪徳業者の場合は30%前後の手数料を取られる場合もあります。
特に高還元率を広告に出したうえで、手数料については一切記載していない場合は怪しいと思った方がいいでしょう。
交換金率の業者を見つけて換金を申し込み、得をしたと思っていたら手数料が高くて損をしてしまった、ということにもなりかねません。
クレジットカード現金化の換金でなるべく得をするためには、還元率と手数料をしっかりとチェックしましょう。
手数料について表記されていない場合は、直接業者に質問すれば答えてくれます。
もし嘘をついた場合は、消費者契約法という法律に違反することになるので、そうなった場合は解約を申し出ることもできます。
なるべく換金を得な条件で行うために、きちんと確認してください。

【クレジットカードの現金化】業者を比較サイト以外で比較する方法

クレジットカードの現金化をしてくれる業者を比較する方法として、1番手っ取り早いのは、やはり比較サイトを利用することです。
ただもっと業者の詳しい情報を知りたいという方のために、他の比較方法について紹介したいと思います。

【クレジットカードの現金化】業者を比較する方法として口コミサイトを活用しよう!

比較サイトを利用すると、いくつかの業者の中から候補を絞ることができます。
ただそれだけだと、もしかしたら候補が多すぎて絞り切れない可能性もあります。
もっと自分にピッタリの業者を見つけたいという方は、口コミサイトを利用して各業者のより詳しい情報を知ることをおすすめします。
口コミサイトには、実際に現金化をしてくれる業者を利用した方の声が掲載されているため、より利用者が知りたい情報を知ることができます。
実際に現金化をした方の情報なので、情報の信頼性も高いでしょう。
1つの業者の口コミで、同じような内容の口コミがたくさん見つかれば、その情報の信頼性はさらに上がります。
現金化するまでにどれくらいの時間がかかったかなど、できるだけ正しい情報を知っておきたい方にとって、有効な比較の方法だと言えるでしょう。

【クレジットカードの現金化】口コミサイトを利用した業者の比較をスムーズにする方法

口コミサイトでクレジットカードを現金化してくれる業者を比較するとき、1番スムーズに進められるのは、「比較サイトに名前が載っている業者のみを比較する」という方法です。
口コミサイトに載っている全ての業者を比較してしまうと、依頼する業者を決めるまでにとても時間がかかります。
そして比較サイトに名前があまり掲載されていないにも関わらず、口コミサイトに良い口コミが多数掲載されている業者は危険でしょう。
そういう場合の口コミは、サクラや自作自演の書き込みである可能性が高いためです。
比較サイトに名前が載っている業者のみを比較すれば、基本的に実績があって、甲乙つけがたい業者の中から比較することができます。
もっと言えば、比較サイトを使ってできるだけ候補を絞った後に、候補の業者の口コミのみを比較するのが1番スムーズでしょう。
1社の業者に関する口コミが数十件以上掲載されている場合もありますが、候補があらかじめ絞れていれば、それほど比較に時間はかかりません。
クレジットカードの現金化をしてくれる業者を比較するには、比較サイトと口コミサイトを効率良く利用するという方法が1番ベストなのです。
ただ利用者の口コミにも関わらず、具体的な体験談が書かれていない場合はあまり信じないことをおすすめします。
その業者のどんな所が良かったのか、どんな所が悪かったのかを具体的に知ることができる口コミサイトを見つけて、業者選びの参考にしてください。

ショッピング枠を換金するために必要不可欠なものは一体なに?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を換金して現金を手にすることができます。
クレジットカードのショッピング枠を換金するために必要なものは一体何でしょうか?

本人確認は必須

クレジットカード現金化でショッピング枠を換金するために必要なものとして、本人確認ができるものは必ず必要です。
そのための身分証明書は業者ごとに異なりますが、店舗型であればその身分証明書を持参して行うことになるでしょう。
また、ネットでの申し込みの場合は身分証明書を携帯電話のカメラ機能で撮影し、それをメールで業者に送付するといった方法がとられます。
この時に注意が必要なのが、クレジットカードの名義が家族のものであった場合、自分の身分証明書を提出しても名義の不一致で換金できない場合があるという点です。
また、換金してからその現金を受け取るために必要なものとして、銀行口座があります。
この銀行口座についても、クレジットカードの名義と異なる場合は現金化できないかも知れません。
申し込んでから結局現金化ができないようであれば、再び現金化の方法を考えなくてはいけません。
何度も同じようなことを行わなくてもいいように、換金に必要なものを揃えておきましょう。

自分で換金する場合は?

それでは業者に頼まず、自分で商品を購入して換金する場合に必要なものは何でしょうか?
まず、換金するための商品を購入する際に必要なものは、基本的にクレジットカードだけです。
しかしその商品を換金するためには、やはり身分証明書が必要となります。
これは質屋やチケットショップで換金する場合にも必要ですが、ネットの買い取り業者であっても身分証明書の提出は求められます。
また、ネット上の買い取りであれば、やはり代金を振り込むための銀行口座も必要です。
ただし、自分で換金をする場合はクレジットカードの提出が必要ないので、クレジットカードの名義と身分証明書や銀行口座の名義が異なっていても、問題はありません。
ただし、業者に依頼するにしても、自分で換金するにしても、身分証明書は免許証やパスポートなど、顔写真が付いたものが基本的に必要となります。
もしもそのような身分証明書を持っていない場合は、保険証と公的機関の領収書などを合わせることで可能な場合があるので、どの身分証明書であれば大丈夫か、ということをあらかじめ確認しておきましょう。

資金調達における赤字の壁を乗り越えよう!

資金調達をする際に、赤字という立場が不利になるということは、想像に難くありません。
しかし、自分の志す所を目指した結果の赤字というのは、ただ一方的に攻められるものでもないと思われます。
そこで今回は、資金調達をする上で赤字が与える影響について、考えてみましょう。

資金調達の仕方で赤字になることは

資金調達の、言ってしまえば失敗によって赤字になることが考えられます。
資金調達の目標額が小さかったり、見積もりが甘かったりすることで赤字になってしまいます。

このようにならないためには、やはり目標額を決定する上で冷静に見ることが重要です。
自分が今から歩こうとしている位置を楽観的に、あるいは悲観的に見ず、あくまでも第三者の目線で見ることが求められます。

先見の明と言うほどではありませんが、ある程度未来を見通して目標とする金額を決めます。
あまりにも大きい金額を設定するとそれを達成するのが難しく、計画倒れになってしまう可能性があります。

逆にあまりにも小さいと、前述した通りに赤字になるか、あるいは自分の考えたものより縮小した計画になってしまいます。
自分のやろうとしていることはどれくらいの利益を得られそうで、反対にどれくらいの損害が出るかを考えて目標を決定したいところです。

資金調達は赤字に阻まれるか

上記では、目標額を正確に設定することが重要であるとご説明していますが、全てが最初に考えた通りに動くとは限りません。
望んでと言うことはなくとも、うまく事が進まずに赤字になってしまうことがあるでしょう。

そうなってしまった時、資金調達は赤字になる前と比べると困難であることは想像に難くありません。
資金を出してくれる相手が限られてしまうことも考えられます。

世の中には、赤字資金というものがあります。
名前の通り、今説明した状況での資金調達の方法です。
これには現在の状況を維持するための純粋損失型と、自分の目指すところをさらに先に設定する、言い換えれば未来への投資となる先行投資型があります。

さいごに、資金調達の一つの方法論として、クレジットカードのショッピング枠現金化を挙げておきましょう。
これは得られる金額の予想が立てやすく、また出資者の同意を得ずとも資金が手に入りやすいという利点があります。

大小問わずに赤字というだけで出資を断れる状況下で、このクレジットカードのショッピング枠現金化という手段もまた、場合によっては有効です。
一つの方法論として、覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
資金調達と赤字の関係について、ご理解頂けましたか?
いずれにせよ、自分のやりたいことが認められれば資金調達が可能になります。
そのため、最初の目標設定と同様に具体的な新しい目標を立て、それに到達するまでの筋道を立てることが必要です。
それは出資者への説明につながることに加えて、実際に行動するときの指針になるでしょう。

クレジットカードの現金化で貯めたポイントを有効活用しよう

業者を利用してクレジットカードの現金化をする際、業者が指定する商品をクレジットカードで購入することになります。
クレジットカードで商品を購入しているという事実には変わりないので、当然その購入金額に応じたポイントが貯まります。
今回は、現金化によって貯まったポイントをさらに有効活用する方法を解説します。

クレジットカードの現金化でポイントを貯めるのにおすすめのカード

まずは、クレジットカードの現金化でポイントを貯めるのにおすすめのカードを紹介します。
クレジットカードは発行元によってポイント還元率が異なるため、なるべく還元率の高いカードを使用することをおすすめします。
またポイント還元率だけでなく、年会費にも注目しましょう。
クレジットカードの現金化に1番向いているのは、年会費が無料でポイント還元率が高いカードです。
年会費が無料のカードを使用すれば、現金化によってより効率的にポイントを貯めることができます。
おすすめのクレジットカードは、「楽天カード」、「オリコカード」、「ワイジェイカード」などです。
年会費無料のクレジットカードは、ポイント還元率が0.5%前後というカードも多いのですが、上記のカードはどれも1.0%以上の還元率です。
クレジットカードの現金化に向いているカードを選ぶというのは、ポイントを有効活用する上での鉄則と言えるでしょう。

クレジットカードの現金化で貯まったポイントで交換すべき商品

クレジットカードの現金化でポイントが貯まったら、ポイントが有効活用できる商品に交換しましょう。
1番おすすめなのは、「ギフトカード」への交換です。
ギフトカードは使える店舗が限られているものの、基本的には現金と同じように好きな商品を購入できます。
また特に購入したい商品がないという場合は、そのギフトカードを買い取ってくれる店舗に持っていくことで、現金化の額を増やすこともできます。
そして現金化によって貯まったポイントをギフトカードと交換し、それを現金化するという分には、クレジットカード会社に怪しまれる心配も極めて低いでしょう。
その他には、自分がよく利用する店舗のポイントに交換するという方法もあります。
クレジットカードごとに貯まるポイントの種類は異なりますが、今ではほとんどのクレジットカードで異なるポイント同士の交換が可能です。
同じレートで交換できるポイントがあれば、1番理想的ですね。
航空系のクレジットカードであれば、現金化によって貯まったポイントをマイルと交換することも可能です。
このように使い方次第でポイントを効率よく活用できるという所も、クレジットカードの現金化の大きなメリットですね。