クレジットカード現金化の際は、複数のクレジットカード併用も可能!

現在は複数のクレジットカードを持っている人も多いでしょう。ただ、その多くはショッピング枠もあまり大きくないようなカードであることも珍しくないと思います。そんなクレジットカードを多数持っている人がショッピング枠を現金化したいとき、ショッピング枠が小さいため現金化しても金額が小さくなってしまうのであれば、クレジットカード併用によってまとまった金額を現金化しましょう。

複数のカードを併用する

クレジットカード現金化の際は、ショッピング枠を利用して現金化をすることとなるのですが、その時に複数枚のクレジットカード併用でも問題はないのです。例えば会員カードに付随するようなクレジットカードの場合はショッピング枠も5万円、10万円と小さいことが多いのですが、例えば5万円のカードが3枚あれば15万円、5枚あれば25万円のショッピング枠があるクレジットカードと同様に現金化できます。
ただし、中にはカードごとに換金率を決めているクレジットカード現金化業者もいるので、その場合はクレジットカード併用の場合は換金率が安定しません。
現金化の際にクレジットカード併用が可能なのは、当然ながらショッピング枠の限度額が低いクレジットカードに限っているものではありません。ショッピング枠に十分な余裕があるクレジットカードを持っている場合でも、同じようにクレジットカード併用での現金化が可能です。こうしたやり方は会社を経営している人の事業資金として使われることが多いのですが、実はクレジットカード現金化は物品を購入するという体となるため、経費として計上することもできるので、領収書も忘れずに発行したほうがいいでしょう。

カード併用のメリット

また、クレジットカード現金化の際に、1枚のクレジットカードではなくカード併用することにはメリットもあります。クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、クレジットカードの利用規約で禁止されているため、もしも発覚したらクレジットカードが利用停止、もしくは解約となる可能性があります。そしてクレジットカード会社に目を付けられる理由としては、いきなり高額の買い物がされた場合などです。
しかしクレジットカード現金化を1枚のクレジットカードではなくクレジットカード併用で行うと、商品代金はそれだけ分散されることとなるので、カード会社からも目を付けられる可能性が低くなります。そのため、安全性が高くなるというメリットもあるのです。
そのため、現金化する金額によってはショッピング枠に余裕がある場合でも、クレジットカード併用で行った方がいいかもしれません。