クレジットカードを換金すると、税金が課税されるの?

クレジットカードのショッピング枠を換金した場合、そのお金には税金が課税されるのでしょうか?
課税される条件などを踏まえて考えてみましょう。

・自分で換金した場合

クレジットカードのショッピング枠を自分で換金する場合は、ほとんどが転売という形になるでしょう。
その場合、例えばブランド品を購入して、それを買い取り業者に売却するという形になります。
そうすると、20万円で購入したバッグが15万円で売れた場合、手元には15万円の現金が残ります。そうすると、この15万円は収入という事になるのですが、これはあくまで収入です。
換金したとしても、税金が発生するのは所得に対してなので、収入から必要経費を差し引いて利益があった場合に税金の対象となります。
この場合、15万円の収入があったものの、20万円の経費が掛かっているので、所得としてはマイナスです。なので、換金したお金には税金が課税されません。
もしも、同じバッグが25万円で売れた場合は、約5万円の所得となります。
しかし、会社員など給料をもらっている場合はそれと別に年間20万円以上、収入が無い場合は年間33万円以上の所得があった場合に確定申告が必要となるので、1度だけ5万円の所得があっても確定申告は必要ありません。
何度か繰り返し利益を得られるようであれば、確定申告をしましょう。

・クレジットカード現金化業者に依頼した場合

それではクレジットカード現金化業者に換金を依頼した場合は、税金がかかるのでしょうか?
クレジットカード現金化による換金は、あくまでショッピング枠を利用して買い物をしたということになります。
そのため、換金して得られたお金に税金がかかることはありません。
なぜなら、自分で換金した場合は転売であり、仕入れと販売をしたとも考えられるのですが、クレジットカード現金化の業者に換金を依頼した場合は、あくまで買い物をしただけなので、税金がかかることはないのです。
ただし、クレジットカード現金化業者に換金を依頼した場合は、必ず使用するショッピング枠よりも少ない金額となります。
もしかしたら得をする可能性があるのは、自分で売買をした時だけです。
と言っても滅多にそんなことはありませんし、長い目で見ると業者に依頼して換金した方が、安定した割合で換金できるので得になるでしょう。
自分で換金すると、換金率が高い物を探してクレジットカード会社から警戒されてしまうかもしれません。
安全性が高いクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

ショッピング枠を換金するために必要不可欠なものは一体なに?

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を換金して現金を手にすることができます。
クレジットカードのショッピング枠を換金するために必要なものは一体何でしょうか?

本人確認は必須

クレジットカード現金化でショッピング枠を換金するために必要なものとして、本人確認ができるものは必ず必要です。
そのための身分証明書は業者ごとに異なりますが、店舗型であればその身分証明書を持参して行うことになるでしょう。
また、ネットでの申し込みの場合は身分証明書を携帯電話のカメラ機能で撮影し、それをメールで業者に送付するといった方法がとられます。
この時に注意が必要なのが、クレジットカードの名義が家族のものであった場合、自分の身分証明書を提出しても名義の不一致で換金できない場合があるという点です。
また、換金してからその現金を受け取るために必要なものとして、銀行口座があります。
この銀行口座についても、クレジットカードの名義と異なる場合は現金化できないかも知れません。
申し込んでから結局現金化ができないようであれば、再び現金化の方法を考えなくてはいけません。
何度も同じようなことを行わなくてもいいように、換金に必要なものを揃えておきましょう。

自分で換金する場合は?

それでは業者に頼まず、自分で商品を購入して換金する場合に必要なものは何でしょうか?
まず、換金するための商品を購入する際に必要なものは、基本的にクレジットカードだけです。
しかしその商品を換金するためには、やはり身分証明書が必要となります。
これは質屋やチケットショップで換金する場合にも必要ですが、ネットの買い取り業者であっても身分証明書の提出は求められます。
また、ネット上の買い取りであれば、やはり代金を振り込むための銀行口座も必要です。
ただし、自分で換金をする場合はクレジットカードの提出が必要ないので、クレジットカードの名義と身分証明書や銀行口座の名義が異なっていても、問題はありません。
ただし、業者に依頼するにしても、自分で換金するにしても、身分証明書は免許証やパスポートなど、顔写真が付いたものが基本的に必要となります。
もしもそのような身分証明書を持っていない場合は、保険証と公的機関の領収書などを合わせることで可能な場合があるので、どの身分証明書であれば大丈夫か、ということをあらかじめ確認しておきましょう。

クレジットカード現金化の換金は一体どこですれば良いの?

クレジットカード現金化をする場合、換金するための商品を購入する場合があります。
しかしこの商品を換金する場合、どこで行えばいいのでしょうか?

どんな商品を購入するのか

クレジットカード現金化のために、換金率がいい商品を購入して自分で売却する、という換金方法をするためには、どこでどんな商品を購入すればいいのでしょうか?
まず、昔から換金率がいい商品として有名なのが、新幹線の回数券です。
この回数券は普通に駅などで購入すればいいのですが、換金率どこで乗り降りできるかによって異なります。
最も換金率がいいといわれるのが、需要の高い東京から大阪の新幹線回数券です。
この回数券を換金するにはどこで売却するかといえば、チケットショップや金券を取り扱う質店などです。
ただし、あまりに有名なのでクレジットカード会社でも警戒しており、大量に購入した場合や購入の際の経緯に不自然な点があった場合はクレジットカード会社から調査が入り、カードの利用を停止されることもあります。
デパートの商品券なども交換金率で有名でしたが、こちらはクレジットカードでの購入がほぼできなくなりました。
その代わりに最近使われている方法が、Amazonギフト券などの購入です。
これはネット上での決済なのでクレジットカードでの決済も可能ですが、換金するためにはどこでもできるわけではなく、ほとんどの場合ネット上の買取サイトを利用しなくてはいけません。
そうすると換金には時間がかかり、時にはだまし取られる危険もあります。
そのため、クレジットカードのショッピング枠を換金するにはどこで行うのがおすすめかといえば、クレジットカード現金化業者をおすすめします。

クレジットカード現金化業者を利用するメリット

クレジットカード現金化業者を利用するメリットとして、まずクレジットカード会社にチェックされにくい換金方法を知っているため、どこで何を購入すればいいかをしっかりと指示してくれます。
また、換金方法としては商品を購入して送付すれば換金してくれる業者と、サイトのポイントを利用して換金してくれる業者がいるのですが、ポイントを利用して換金してくれる業者の場合は即日現金化が可能なことが多いため、すぐに現金を手に入れることができます。
クレジットカード現金化で最も怖いのは、クレジットカードの利用を停止されてしまうことです。
そうならないためには換金をどこで行ったらいいか、と悩んだときは、クレジットカード現金化業者を利用しましょう。

クレジットカードの現金化 換金といえばやっぱり金?

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、その商品を転売して現金を手に入れることです。
転売と聞くと、何を思い浮かべるでしょう?
ゲーム機、スマホ、ブランド品…。
転売と言われて思いつくものはいくつかあると思いますが、貴金属を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?
売却して現金にするものと言えば、やっぱり、金(Gold)ですよ?
ここでは、金などの貴金属の換金についてについてみてみましょう。

クレジットカードの現金化の最大のリスクはカード会社にばれること

今まで、クレジットカードの現金化と言えば金券や新幹線の回数券が使われてきました。
過去形なのは、現在は金券や新幹線の回数券でクレジットカードを現金化することはほぼ不可能だからです。
なぜ不可能なのでしょう。
それは、金券や新幹線の回数など換金率の高い商品を大量に購入した場合、カード会社に転売を疑われ、利用停止などの措置を受けてしまうからです。
カード会社では、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を転売することを禁止しています。
そのため、転売目的と疑われてしまうと、規定違反とされ、カードの利用停止や最悪の場合、全額一括返済を求められることもあるんです
ですから、クレジットカードの現金化を個人でやろうと思ったら、カード会社に疑われずに高くで買い取ってもらえる証を選ばなければいけません。

貴金属は現金化に向いている?

それでは、貴金属はカード会社に疑われずに、高く買い取ってもらえるのでしょうか?
貴金属の中でも、金やプラチナは高値で買い取ってくれることが多い商品です。
中でも、金であれば、金地金(いわゆる金の延べ棒)や金貨が一番高く買い取ってもらえます。
しかし、残念ながら、金地金や金貨はクレジットカードで購入できない場合がほとんどです。
これもやはり、転売による現金化を防ぐためでしょう。
では、装飾品ではどうでしょうか?
装飾品も、カード会社に疑われる可能性は十分にあります。
特に、キャッシング枠分借り入れをしていて、なおかつ普段貴金属などを購入することがない場合は、疑われること間違いなしです。
さらに、宝飾品としての貴金属の換金率は60%でいいほうで、場合と商品によっては50%切ってしまうこともあります。
ということは、貴金属は、カード会社にばれる危険性が高いうえ、換金率が低く、クレジットカードの現金化には向かない、ということになります。

クレジットカードの現金化の最善の方法は業者を利用すること

このように見てくると、クレジットカードの現金化は、自分では危険性があり、さらに手間暇がかかる割に換金率が悪い、ということが分かります。
一番時間がかからず、安全で換金率が高いのは、業者を利用すること、なんですね。
クレジットカードの現金化を考えるのであれば、業者を利用することをおすすめします。

クレジットカードの現金化、ってどんな換金方法?

クレジットカードの現金化って、聞いたことはあるし興味もあるけど、どういう仕組みで、どうすればいいのかよくわからない、という人も多いと思います。
ショッピング枠さえあれば、いつでも現金が手に入るクレジットカードの現金化。
ここでは、実際に利用する時の換金方法のおおまかな流れをご紹介します。

自分に合った業者を見つける

クレジットカードの現金化の業者は数多く存在あります。
なかには悪徳業者もありますので、業者選びは慎重に。
換金率だけで選ぶのではなく(悪徳業者はたいてい高換金率をうたっています)、入金のスピードなど、何を重視するのかを考えて選びましょう。

電話で問い合わせてみる

業者を決めたら、すぐにネットで申し込むのではなく、電話をかけて問い合わせてみて下さい。
実際に電話で話してみて、換金率などを聞いてみて下さい。
電話の応対などで、本当にこの業者でいいのかを確認しましょう。
特に、サイトの番号にかけても、電話を取った時に会社名を名乗らない業者には注意が必要です。
いきなり電話をかけるのは気が引けるかもしれませんが、取引を進めなければ、身元は相手に分かりません。
不明な点など、どんどん聞いてみて下さい。

申し込みをして、本人確認のできる個人情報を送る

この業者でいい、と思ったら、申し込みをします。
この時、本人確認が必要になりますので、運転免許証などを手元に用意しておきましょう。
これらの個人情報を扱いは業者に委ねることになってしまうので、しっかり業者を選びましょう。
クレジットカードの現金化には、審査などはありませんので、本人確認さえ終了すれば現金を手に入れるまではあとちょっとです。

業者の指示に従って商品を購入する

本人確認ができたら、業者から「〇〇という商品を購入してください」という指示があります。
指示に従って、商品をクレジットカードで購入してください。
万が一間違った商品を購入してしまうと現金化できなくなりますから、気を付けて購入しましょう。

商品を発送して、入金を待つ

商品買取の場合は、商品を業者に発送してあとは入金を待つだけです。
キャッシュバックの場合は、クレジットカードの決済が完了した時点で入金されます。
発送する商品にもよりますが、長くても2、3日後には入金があります。
ただし、もしも相手が悪徳業者であった場合は入金がないこともかんがえられますが…

以上が、クレジットカードの現金化の流れです。
個人で転売するのに比べれば、手数料はかかりますが、短時間で手間なくできること、なにより、カード会社にバレにくい、というメリットがあります。
一番のポイントは、業者選びです。
たくさんの業者を比較して、できれば実際に電話をしてみるなどして、慎重に業者を選びましょう。

クレジットカードの現金化 高すぎる換金率にはご注意を!

24時間、審査も来店の不要のクレジットカードの現金化。
これから利用しよう、と思っている人もいると思います。
では、実際に利用する時に、どうやって業者を選びますか?
どうしても、換金率の高い業者に惹かれてしまいますよね。
でも、高すぎる換金率には注意が必要なんです。
ここではクレジットカードの現金化の高すぎる換金率の注意点についてみてみましょう。

そもそも換金率って?

クレジットカードの現金化の換金率とは、カードを利用して支払った金額のうち、実際に現金として手に入る金額を表す割合です。
ほとんどの業者で〇%、という表示になっています。
たとえば、カードの利用額が10万円で換金率が80%であれば、8万円の現金が手に入るということです。
つまり、換金率が高ければ高いほどお得に利用できる、ということですね。

換金率と手数料は別?

実際にクレジットカードの現金化を利用したら、換金率通りの現金が手に入らなかった、という体験談を読んだことはありませんか?
業者にもよりますが、これは決して騙された、ということではありません。
なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?
それは、換金率の中に手数料などを含んでいない業者も多いからなんです。
換金率以外に差し引かれる可能性があるものとしては、消費税(8%)、クレジットカードの決済手数料(利用金額の5~10%)、振込手数料(1,000円程度)などがあります。
これらすべて換金率に含まれないとしたら、実際に手に入る金額はかなり少なくなってしまいますよね。
ですから、利用する業者を選ぶときには、換金率だけではなく、手数料などがどうなっているのかをしっかり調べるようにしましょう。

高すぎる換金率=悪徳業者

世の中にはたくさんのクレジットカードの現金化の業者があり、そのすべてが優良業者ではありません。
どちらかというと、悪徳業者のほうが多いくらいかもしれません。
では、優良業者と悪徳業者を見分け、安全に利用するにはどうしたらいいでしょうか。
そのひとつの目安が、換金率です。
高すぎる換金率は疑うことが大切になります。
業者のサイトを見ていると、「業界最高の換金率98%」などという表記が多いのですが、本当にこんな換金率であれば、その業者は利益なしのボランティア、ということになってしまいます。
あくまでこのような表記は顧客を得るためのうたい文句でしかなく、この他に手数料などが差し引かれ、実際に手に入る現金はこの数字をかけ離れたものになります。
ちなみに優良業者と呼ばれる業者の相場がだいたい80%前後です。
この数字をひとつの基準にして、比較してみるいいでしょう。

便利なクレジットカードの現金化ですが、業者を選ぶときには、注意が必要です。
安心に安全に利用するためにも、換金率だけを基準に業者を選ぶのではなく、手数料など総合的に判断し、異様に換金率が高い業者はなるべく避けるようにしましょう。

クレジットカードで換金するやり方!個人と業者どう違うの?

クレジットカードを利用して、直接現金に換えることはキャッシング以外できません。
ショッピング枠を使って現金化するには、ショッピング枠で商品を購入し、その商品を換金するというように、間接的に行う必要があります。
この時、自分で換金するか、業者を間に挟んで換金してもらう(またはキャッシュバックを受ける)かのふたつのやり方があります。
今回はこのふたつのやり方についてご紹介しましょう。

個人で換金するやり方

ではまず、個人で換金するやり方ですが、いたってシンプルです。
それは、クレジットカードで購入でき、さらにオークションやリサイクルショップ、金券ショップなどで買い取ってもらえる商品を購入し、転売する、というもの。
具体的には、ブランド品、ゲーム機、スマートフォン、金券などが対象となります。
ブランド品は商品によっては高額で買い取ってもらえるので、クレジットカードの現金化には適しています。
ただし、時期や商品の種類によっていつも買取相場が変動するので、見極めが必要です。
ゲーム機、スマートフォンは、購入も換金も比較的スムーズにできますが、最近は中古ではそれほど需要がなく、高額での買取は期待できません。
金券は、クレジットカードを自分で現金化する場合にもっともポピュラーなやり方です。
以前は新幹線の回数券などがよく現金化の対象にされていました。
これは、新幹線の回数券はどこでも購入でき、常に需要があるので、どこの金券ショップでも買い取ってくれたからです。
しかし現在は、新幹線の回数券での現金化は、クレジットカードの利用停止になるリスクが非常に高いので、おすすめできません。
クレジットカードを使って転売目的の商品を購入することは、カード会社の利用規約に反することです。
そのため、カード会社では、換金性が高い商品を複数購入するような行為を監視しています。
換金率の高い新幹線の回数券を複数購入したり、住んでいる地域とは全く関係のない区間の回数券を購入したりすることは、カードの利用停止になる可能性が非常に高く、できる限りやめたほうがいいでしょう。

業者を間に挟む換金のやり方

こちらは、業者が指定する商品を購入し、業者に転売してもらうやり方と、業者が指定する商品にキャッシュバックがある、という名目で現金を手に入れるやり方の2つがあります。
たいていの業者ではどちらにするか選べるようになっていますが、どちらにするかで入金までの時間や換金率が変わりますので、自分に合ったやり方を選択するのがいいと思います。
また、業者を挟む場合、どの業者にするか、業者選びが最大のポイントになります。
換金率やかかる時間などを比較して、しっかり選びましょう。

以上、クレジットカードを現金化する場合の2つのやり方をご紹介しました。
時間に余裕があり、ある程度ブランド品などの知識があり、悪徳業者などが怖くて仕方ない、という人は、個人でも転売もいいと思います。
でも、どうしても急いで現金が欲しい場合は、業者を頼るのがいいのではないでしょうか。
自分の状況に合わせて、どちらにするかを選びましょう。

クレジットカードを換金する際にポイントサイトを利用する業者もある

クレジットカードのショッピング枠を現金へと換金している業者はたくさんあり、その換金率や換金方法は様々です。中には換金の為にポイントサイトを利用している業者もあるのですが、その方法とはどういったものでしょうか?

・ポイントサイトとは?

ポイントサイトというのは、広告やコンテンツの利用によってポイントが加算されていくサイトです。貯めたポイントは換金したり、景品と交換したり、他のショッピングサイトのポイントに変換したり等、様々な利用方法があります。
現金化するためには、まずポイントサイトにあるクレジットカードでの決済が可能なコンテンツの中から、特に還元率が高いものを購入します。中には90%以上の還元率というものもあるので、そういったコンテンツが狙い目となります。
実はこの方法であれば、わざわざクレジットカードを利用しなくても、アンケート等に応えて無料でポイントを集めることで換金できます。そのため、換金を目的として地道にポイントを集め、お小遣いを稼いでいる主婦もいます。ただしそれにはかなりの時間がかかるため、純粋に換金を目的とするのは難しいでしょう。

・ポイントサイトを利用した換金方法

普通にポイントサイトを利用して換金しようとすれば、ポイントサイトによって直接口座に振り込んでもらえる場合や、翰林率がいい商品に交換できる場合等があります。ただしいずれも即日ではなく、数日かかってしまうというデメリットがあります。
そのため、換金目的で利用するのであれば、ポイントサイトの中でもクレジットカードの現金化を目的としたサイトを利用するといいでしょう。ポイントサイトとはいっても、その内容はキャッシュバックを利用した現金化業者と同じで、キャッシュバックが付いている商品をクレジットカード決済してポイント還元します。利用するためにはまずサイトに会員登録をして、ログイン後にキャッシュバック付きの商品をカードで購入します。するとポイントが付与されるので、後は換金を選んで振り込まれるのを待ちます。この場合、目的が換金なので通常のポイントサイトとは違い、すぐに振り込まれます。
普通の換金業者とは違い、いったんポイントとして還元されるという点がポイントとなります。もしも直接クレジットカードショッピング枠を換金する業者が規制されたとしても、ポイントサイトを利用した業者は残る可能性が高いでしょう。

クレジットカードの換金効率がいい現金化の方法とは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化するには様々な方法がありますが、どうせなら換金効率がいい方法を利用したいと思うのが当然です。それでは換金効率がいい現金化の方法にはどのようなものがあるでしょうか?

・自分でできる換金効率のいい方法

自分でもできる換金効率がいい方法としては、まず新幹線チケットをクレジットカードで購入し、金券ショップに売却するという方法があります。この方法は昔から行われていて、人気がある区間のチケットであれば90%前後、不人気の区間であってもまず80%以下となることはないでしょう。
ただし、昔から使われていた方法だけあって、新幹線チケットを購入した場合にはクレジットカード会社にチェックされることがあります。特に短期間のうちに何度も新幹線チケットを購入した場合、または何十万円分も一度に購入した場合には間違いなくチェックを受けることとなり、場合によってはカードの利用停止、もしくは契約解除となってしまいます。
そこで現在注目されているのが、ギフト券などを利用した現金化です。ギフト券といっても、デパートの商品券などはクレジットカードで購入できなくなっています。そこで現在よく使われているのが、Amazonギフト券やiTunesカード、GooglePlayカードです。コンビニでも良く見かけますよね。換金効率は、Amazonギフト券なら90%前後、iTunesやGooglePlayのカードは80%前後となっています。
ただし、こうしたカードはあまり金券ショップでは買い取ってくれません。そのため、ギフト券売買サイトや個人売買サイトで売却することになるのですが、売却できるまでに数日かかることがあります。また、自分で取引することになるので、何らかのトラブルがあった場合には自分で対処する必要があります。

・換金効率が良く安全な方法

それ以外にも現金化の方法はいくつかありますが、いずれも換金効率は良くありません。そこで換金効率が良く、なおかつ安全性が高い方法として、カード現金化業者の利用をお勧めします。カード現金化業者を利用した場合、その業者によって異なりますがおおよそ80%から90%でショッピング枠を現金化してくれます。申込も簡単で、中には24時間即時現金化プランなどを用意している業者もあり、必要な時にはすぐに現金化することができます。しっかりとしたノウハウもあるので、カード会社から警戒されないように現金化をしてくれるため、安全性と換金効率を考えた場合、やはりカード現金化業者に任せるのが一番といえるでしょう。

クレジットカードの現金化には換金率の相場がある

24時間利用できるクレジットカードの現金化。
でも、業者もたくさんあって、換金率もそれぞれバラバラです。
少しでもお得に、と考えると、一番換金率が高い業者に申し込むのがいいように感じますよね。
でも、ちょっと待って下さい。
換金率には相場があり、相場よりも高すぎる換金率を打ち出している業者は逆に注意が必要なんです。
ここでは、クレジットカードの換金率の相場について調べてみました。

・換金率の相場

この場合の換金率とは、実際にクレジットカードで支払った金額のうち、手に入る現金の割合を示します。
この換金率は、利用する金額によって変化します。
大まかな相場は、次のようになっています。
1~10万円→75%~78%
10~20万円→78%~80%
20~50万円→80%~87%
50~100万円→87%~90%
50~100万円→90%~92%
プランやキャンペーンなどによって換金率は変化しますが、この換金率をひとつの目安にしてみて下さい。
また、この換金率の中に、手数料などを含んでいる業者と、含んでいない業者があります。手数料などが換金率に含まれない場合は、実際に現金化される金額が低くなってしまいまので、注意して下さい。
また、クレジットカードの現金化には、クレジットカードで買い物をしてその商品を業者に買い取ってもらう方式と、クレジットカードで買い物をした商品にキャッシュバックがついているという方式の2つがあります。
どちらの方式にするかでも、換金率が変わり、また、入金されるタイミングも変わってくるので、利用する前に確認しましょう。

・換金率で業者を見分ける!

換金率の相場を知ることには、二つの意味があります。
ひとつは、お得に利用できること。
もうひとつは、優良業者と悪徳業者を見分ける基準になることです。
利用金額に関わらず、一定の高い換金率を提示している業者は疑ったほうがいいと思います。
利用金額が10万円で90%の換金率で取引をしていたら、利益がほとんど発生しませんよね。
ボランティアでクレジットカードの現金化をしている業者がいるわけはありません。
異様に高い換金率を提示する業者には何かがある、と思って間違いはありません。
利用する業者を選ぶときには、換金率の相場の範囲内かどうか、も確認してみましょう。

このように、換金率の相場を知っておくことで、お得に利用でき、また、悪徳業者への対策にもなります。
クレジットカードの現金化を考えるならば、換金率の相場を意識して、賢く利用しましょう。